かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかんの試し読みができます!
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!

ぞくぞく ぞぞぞなかなかよいと思う みんなの声

ぞくぞく ぞぞぞ 文:九州国立博物館
解説:宮島 新一
推薦:水木 しげる
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年03月
ISBN:9784577033593
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,060
みんなの声 総数 10
「ぞくぞく ぞぞぞ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぞくぞくしてきます

    江戸時代に描かれた絵巻物の部分を絵本に仕立てたものなので、芸術として見るべきものかも知れません。
    ストーリーはないので、絵をじっと見ることになるのですが、それぞれに唸るような怖さがあります。
    シンプルなオノマトペだけが付されているのも効果的です。
    絵の後に化け物の解説と、妖怪の大御所水木しげるさんのインタビューが加えられてえいるので、とても愛着が持てました。

    投稿日:2017/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々な妖怪

    このお話にはいろいろな妖怪が登場してきました。その時に出る妖怪独特の様々な音が表現されていたお話で、うちの子はこの擬音を聞きながら妖怪が登場しているのを楽しそうに見ていました。絵のタッチがとってもリアルで怖かったです。

    投稿日:2014/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物の迫力

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    おばけ関係の絵本、テレビなどに興味を持っているので読んでみました。

    「化物絵巻」というものが存在していたことさえ知りませんでしたが、なんと言うか本物の迫力を感じます。
    本物って見たことがないからわかりませんが、
    「多分こんな感じに違いない。昔はきっといたのかも・・。」
    という具合に納得してしまうくらいです。

    6才の長女はリアルな感じにかなり怖がりながらも、紛れもない美術品であることもわかるので、安心して見れる部分もあるようです。

    今までない分野の絵本だと思いますので、一見の価値ありです。

    投稿日:2008/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゲゲゲの鬼太郎に興味を持って

    最近テレビで ゲゲゲの鬼太郎に興味を持っていたので 喜んで見ていました。気味の悪い絵に 短い言葉が一層怖かったみたいです。
    日本のお化けは 怖いけど、愛嬌があって面白い事に 気付いたみたいです。

    投稿日:2007/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ふるやのもり / へんしんトンネル

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット