宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ごろはちだいみょうじん」 みんなの声

ごろはちだいみょうじん 作:中川 正文
絵:梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1969年08月
ISBN:9784834002034
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,425
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 関西弁の味わい

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子1歳

    関西弁、と言うより、正確には「大和弁」でしょうか。
    大阪生まれ・大阪育ちの私ですが、なかなか読むのが難しいです。
    でも、それっぽく読めていればいいんじゃないかと思っていますが(笑)

    絵本講師の資格を取るために勉強をしていたとき、
    中川正文先生の講演を聞いて、
    このお話が、昔話ではなく、中川先生の完全な創作絵本だと知りました。
    まるで、昔から、この口調で語りつがれてきたかのようなリアリティです。

    ごろはちは、村人にてんご(いたずら)をしますが
    子どものするような、本当に悪気のないいたずらで
    村人も、そのことを承知していて、
    「あないして、おそなえのさいそくしてはるのや」と、あぶらげのお供えを欠かしません。
    昔、神様と人とがもっと近かったとき、本当にこのような関係だったのではないかな?

    鉄道など走っていない時代のことです。
    村人たちは、走ってくる汽車を見ても、本物だとは思わなかったのです。
    ごろはちは、村人たちをかばって・・・

    でもでも、ごろはちが普段から村人をだましたりしていたからこそ
    「ごろはちに だまされとるのとちがうやろか」と村人たちも思ったわけで
    そう考えれば、自業自得?と取れなくもないのですが・・・
    なんにしても、ごろはちのおかげで村人たちは助かったわけです。
    ごろはちは神様になる運命だったから、いずれは何かしらの形でこうなることになっていたのかもしれません。

    長男は、保育園の年長さんのクラスで、このお話を劇で演じてたのを見ていたので、
    ストーリーは把握していました。
    まだ、感情移入して泣いたり、ということはありません。
    何度も読み、年齢を経てまた感じるところが違ってくるかと思うので、繰りかえし味わいたい絵本です。

    投稿日:2011/02/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 可笑しさと切なさが入り混じっている

    • にごじいさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子2歳

    ネタバレは避けることにするが、読み終わったあと孫に感想を聞くのは野暮ったいと思うような可笑しさと切なさが入り混じっているお話じゃ。ストーリーと文体と絵。この絵本ならではの読書体験がある。確かに汽車はまさか本物とは思えんほどの迫力を備えているものじゃなあ。

    投稿日:2018/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめはおかしくやがて悲しい

    我が家の子供たちが幼かったころ、
    こどものともの配本だったのか、家にあった本です。
    なつかしい表紙を見つけて、ああ、これっ!と
    思い出しました。
    かわいらしいひょうきんなタヌキさんが、住んでいて
    とても悲しい結末を迎えます。
    はじめはおかしく、やがて悲しいお話
    忘れられないお話です。

    投稿日:2017/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結末にビックリ

    「きつねとちがうで〜、たぬきやで」
    軽い調子で語られていたので、まさかこんな結末だなんて!
    いたずら好きだけど、なんて気のいいたぬきでしょう。

    はじめは「きつねとちがうで〜」と軽口たたいているのを
    クスクス笑いながら聞いていた息子も
    最後は神妙な面持ちでした。

    関西弁とごろはちの一人漫才みたいな語り口調が
    何とも絶妙で、悲しいお話なんですけど悲壮感がなく読めました。

    投稿日:2014/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごろはちの最期を子どもたちはどう思う?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    このお話は昔話風に作られていますが、創作ですよね?
    時代は文明開化の頃、明治の終わりか大正時代くらいでしょうか?
    汽車(鉄道が通る)というラストのシーンを読むまでは、
    もっと昔の江戸時代の昔話か何かをもとにした作品かなと、思っていました。

    他のナビの方も感想に書いていましたが、関西弁風の語りが面白いです。
    読み聞かせでやるとしたら高学年以上でしたら、理解できると思います。
    ただ、落語のような軽快な語り口調で終わっているとはいえ、主人公の「ごろはち」が死んでしまうラストはただの楽しいお話ではありません。それが、子どもたちにどう伝わるか。ちょっと気になります。

    投稿日:2011/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふるさと

    父母がまだ健在だった頃、自分が幼い頃のふるさとを想い出す梶山俊夫さんの絵が大好きです。昔話には、やっぱり梶山俊夫さんの絵が絶対に必要だと思いました。悪戯の大好きなたぬきですが、村人たちが大好きだったし、村人たちの命を守れて満足していると思いました。たぬきの優しさや思いやりに涙が出ますが、中川正文さんの大阪便の口調で面白可笑しく語られているので爽やかな読後になれました。

    投稿日:2011/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間への思いやりと狸への愛

    少し不思議なお話です。
    人間と仲のいい狸ごろはちは、決して人をだましたりしないのです。
    鉄道も汽車も見た事のない時代のお話。
    人間の命を助けるためにやってくる汽車の前に立ちはだかったごろはち。
    理屈ではなく、とても心温まるお話です。
    梶山さんの絵も、戦中戦後の時事漫画風の仕立てでホンワリとさせていただきました。

    投稿日:2010/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話の切なさ温かさ

    昔話ばかり借りてくる娘が
    幼稚園で選んできた一冊。
    ものすごい古臭い口語の関西弁で書かれているので
    この本は関西圏の人間でも、なかなか読むのは難儀です。

    しかし、お話は笑いもあり涙もありと非常にバランスの取れたものでした。
    私はこのお話を全く知りませんでしたが
    長く読み継がれるに値する、すばらしいものでした。
    落語家の方などが、身振り手振りでお話されたら
    もっと命が吹き込まれて、エンターテイメントとして鑑賞できそうな気がします。

    投稿日:2010/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 哀しさを包み込む語り口

    ごろはちは「てんごしい」(いたずら者)のたぬき。
    村人をだましてはおそなえの‘あぶらあげ’を催促してました。
    前半は、たぬきと村人たちとのだまし・だまされのやりとりが
    素朴な感じで語られています。

    そんな村に、鉄道が開通することになり。。。
    関西弁の味のある語り口によって、おもしろみが与えられ、哀しさを包み込んでいます。

    絵は、梶山俊夫さん。われもこう、たで、あけび…この絵本には随所に
    秋の野の花が描かれています。
    秋から初冬の読みきかせに向く絵本です。

    投稿日:2009/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  •  秋、月、たぬきと連想して、たぬきの絵本を図書館でさがして手に取りました。
     
     扉絵(含タイトル)もなく始まります。

     ごろはちだいみょうじん いうても、
     かみさんの ことやない。
     たぬきの はなしや。
     
     の、関西(奈良?)弁で、これは楽しそうと思って読みました。
      
     むかしむかしのお話で、てんごしい(いたずらもの)のたぬきと上手に共存するために、村の衆が“ごろはち(たぬきの名)だいみょうじんさまさま”と奉って、時にはお揚げ?もお供えしていました。
     
     ごろはちのわるさは、どれもこれも憎めない可愛らしいものばかり。
     ときには、お詫びをこっそり届けたり。
     村の衆も目くじら立てずに、しっかりのんびりだまされてやっています。
     村に鉄道が敷かれ、日の丸の村の衆を見たとき、“戦争?”と嫌な事を連想してしまいましたが、ラストはもっと驚きました。
     結び方がとても上手で、涙の後に笑いで本を閉じれました。
     
     このストーリーにぴったりの絵でした。
     ほのぼのゆっくりと時間がながれていたよき時代が、本当に良く伝わってきました。
     
     息子は、「『ごんきつね』のたぬき版みたいだ。」と自分で音読し直してました。彼も、関西弁好きなんです。

    投稿日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / でんせつの きょだいあんまんを はこべ / しろくまのパンツ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット