新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

アイスクリーム かんながかんなをつくったはなし」 みんなの声

アイスクリーム かんながかんなをつくったはなし 作:サムイル・マルシャーク
絵:レーベデフ
訳:うちだ りさこ
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1978年
ISBN:9784001151343
評価スコア 4
評価ランキング 23,937
みんなの声 総数 6
「アイスクリーム かんながかんなをつくったはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんとも異色なお話

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    アイスクリームのお話は、
    ふとっちょおじさんがアイスを次々と食べるんですが、
    それが面白いというよりも
    気持ち悪くて、不快な感じで、
    なんとも異色なお話でした。

    かんなは子どもたちが見たことも聞いたこともないので
    イメージがわきにくいようでしたが、
    アイスクリームよりは読みやすかったです。

    投稿日:2020/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩的でリズミカルな文章が印象に残ります

    詩的でリズミカルな文章が印象に残ります。

    ふとっちょが、驚くほどアイスクリームを食べて、その結果がユニークだと思いました。

    「食べすぎ。こんなことあるのかな?」と息子は言っていました。

    一冊の本に、もう一つ話があり、こちらは、かんなのお話。世代の継承を感じるお話だと思いました。

    それぞれ楽しめました。

    アイスクリームの方が、意表をついている感じがありました。

    絵もおもしろかったです。

    投稿日:2009/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一さつで二つの話

    ふとっちょは、よくアイスクリームをあんなに、たべれるなあとおもいました。

    たべすぎだとおもいます。

    アイスクリームは、いろいろあるんだなあとおもいました。

    これ一さつで、アイスクリームのことがわかるとおもいました。

    一さつの本で、このかんなの話もあるからいいなあとおもいました。

    かんなは、大工さんのだいじなものだとおもいました。

    ぼくも、かんな見たくなりました。

    投稿日:2009/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙

    表紙のアイスクリームの店のデザインが素敵だったのでこの絵本を選びました。私が気に入ったのは誕生日にアイスクリームを好きなだけ食べられる習慣がある事です。とても美味しそうなアイスクリームにどれも味見したくなりました。一つの店が一つの味にこだわっていて他の味を売らない頑固さも素敵だなと思いました。アイスクリームを作る事に職人魂を注ぎ込むお店屋さんの意気込みが伝わってくる絵本でした。

    投稿日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカル

    小さくて薄い絵本・・・こういうコンパクトな絵本が娘はお気に入りで内容は気にせずよく幼稚園文庫から借りてきます。
    でも読み始めた途端すぐに興味を失ったみたいで・・・
    ちょっと内容的には難しかったのかな。
    ふとっちょなおじさんがアイスクリームを食べ過ぎて、あらら〜っていう展開のオチは楽しいと思うのだけれど。
    かんなを始めとして工具たちが一人称で話しているっていうところが面白い視点であると同時に
    古くなった“かんな”が新しいかんなを作ろうとするっていうのも面白いです。
    知らない工具がたくさん出てきて いろんな工具の仲間の力を借りて新しく出来上がっていく工程は親の私が読んでいて楽しかったです。

    投稿日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 80年の前のおはなしです

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    作者は詩人だそうで、歌をうたうような文章がリズム良く楽しいです。
    アイスクリームの最後は、二通りあるそうです。ほかの終わり方も知りたいです。
     
    二つのお話は、同じ作者が絵を描いていますが、まったく違うタッチです。
    子どもの頃に、大工さんが来てかんなをかけているところを、飽きずにずっと見ていました。
    他の道具も見覚えのあるものがあって、とても懐かしかったです。

    古いおはなしでも、今の子どもたちには新鮮だと思います。

    投稿日:2007/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット