話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

こねこのおひげちゃん」 ママの声

こねこのおひげちゃん 作:サムイル・マルシャーク
絵:レーベデフ
訳:うちだ りさこ
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\924
発行日:1978年
ISBN:9784001151381
評価スコア 4.4
評価ランキング 11,735
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵な味わいのある絵でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    1978年に岩波書店から出版されたシリーズの1冊です。
    邦訳は内田理沙子さんで、絵はレーベデフでした。
    「森は生きている」の戯曲を書かれたロシアの児童作家さんでした。
    この作品は同じようなコトバの繰り返しが多いので、全体の文章から受ける印象は詩の旋律に似ています。

    最後に小学一年生になった主人公の女の子が描かれているのですが、日本人の感覚からしてみたら、中高生くらいに見えました。
    でも、全体的にはレーベデフの絵は楽しくて見応えがあります。
    このクレバス化クレヨンで描いたような優しいタッチなのに版画絵のような風味の出る描き方が素敵です。

    投稿日:2012/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉の響きを楽しむ本

    岩波子どもの本にはよくあることですが、お話が二話入っています。

    詩のような物語ような感じで、言葉の響きを楽しむ本だと思います。

    女の子がおかあさんのようにねこに言葉を教えようと世話を焼くのが微笑ましかったです。

    ぼかし絵のような感じの絵が印象に残りました。優しく淡い感じで文章を邪魔しない感じでよかったです。

    「こねこのおひげちゃん」と「しゅりょう」と二話ありますが、「しゅりょう」の方は「こねこのおひげちゃん」とはまた違ったタイプのお話だったので驚きました。

    うちだりさこさんの訳がいいなあと思いました。

    投稿日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だいじょうぶだいじょうぶ / バーバパパのがっこう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット