日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
ジョージ大好きさん 40代・ママ

一度じっくりどうぞ
奥深いお話です。 平和って一言で…

パンどろぼう」 ママの声

パンどろぼう 作:柴田 ケイコ
出版社:KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2020年04月16日
ISBN:9784041090602
評価スコア 4.47
評価ランキング 9,131
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 意外な正体!

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    表紙の絵の何だか不思議な食パン。
    「何これ?」と思っていたら、お話の途中で、思わぬ正体が明かされました!
    びっくりすると同時に笑ってしまいました。

    かわいらしい「パン泥棒」が大活躍、そして、ハッピーエンドの素敵なお話でした。

    投稿日:2020/07/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 世界一おいしいパン屋さんがまさか?!

    世界一おいしいパン屋さんがまさかまずいという展開には思ってもいなかったので笑ってしまいました。その事実を知るまではパンはとっても可愛くて美味しそうと思っていたのに…笑。パンどろぼうのねずみさん、美味しいパンの味を知っているからこそ、すごく美味しいパンを作れるのでしょうね。

    投稿日:2020/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憎めないパンどろぼう

    パンがパンを泥棒するという、なんともユニークなお話。
    ふっくらやきたてをねらう。いただくパンはひとつだけ。いただくときはかんしゃをこめて。という、パンどろぼうの掟に、くすっ。
    お店で泥棒するときの、はやあしのじゅつ。あっちをむいたらサササッ。こっちをむいたらピタッ。これも妙に語呂がよく、子供たちは大喜び。
    絵もかわいいし、最後はどろぼうをやめて、なんとパン職人に。
    とっても楽しいお話でした。

    投稿日:2020/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • シュールな表紙に惹かれる

    パン泥棒が人気なパン屋さんになるお話。

    え、食パン??目と鼻がリアル…

    そんな表紙に惹かれて読むとこのパン泥棒、実はねずみ。

    読み進めるまで気付きませんでした。笑

    美味しくないパンを食べたことにより、自ら盗んできた美味しいパンを思い出しながら美味しくないパン屋さんを大人気のパン屋さんにしてしまう驚きの結末。

    読んでいてとても面白かったです。

    投稿日:2020/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憎めないやつ

    • ピーホーさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おいしいパンを探し求めるパンどろぼう。
    パンが大好きなんですね。部屋に書かれたパンどろぼうのおきて
    ふっくらやきたてをねらう
    いただくパンはひとつだけ
    いただくときはかんしゃをこめて
    には、パンに対する愛情が溢れています。なんだか憎めないどろぼうさんですね。
    よく、食いしん坊は美味しい料理を作ると言いますが、まさにその通りのストーリー。
    パンどろぼうの作ったパン食べてみたいなぁ。きっと美味しいんでしょうね!

    投稿日:2020/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憎めないかわいい泥棒さん

    • うえちゃまさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、男の子3歳

    パンの形をしたパン泥棒。
    パンに紛れ込んでサササッ、ピタッと動く様子に息子は大笑いでした。
    パンだと思っていた泥棒の正体はなんと…!

    悪いことをしていたパン泥棒だけど、まずいパンを作るおじさんに出会って、人生が変わります。
    今まで沢山の美味しいパンを食べてきた経験と知識を生かし、自分で美味しいパンを作り上げていくのです。

    失敗をしてもやる気を出して努力すればやり直せる、自分の人生は自分次第でどうにでもできるということを幼心にもわからせてくれる絵本だと思います。

    投稿日:2020/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • シュールで絶妙

    どんな展開になるかわからない面白さと、展開後のシュールな「そうだったの?!」に意表を突かれる作品です。柴田さんはほかの作品でも笑いをベースにしてらっしゃるので、タイトルを見ただけで何となく期待して読みました。子供も面白がっていたし、期待を裏切らない良い作品でした。パン屋のおじさんもやさしくて、好きです。

    投稿日:2020/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • どろぼう哲学

    「しろくま」シリーズの柴田ケイコさん!?
    だとすれば、一筋縄ではいきませんね。
    そう、表紙から放たれる、不審な泥棒の造形がすごい存在感ですね。
    食パンの風貌のパン泥棒を描きます。
    ちゃんと掟があり、どろぼう哲学すら感じます。
    そのこだわりが、後半、物語を動かします。
    そして、見事なフィナーレへの着地はお見事です。
    もちろん、おいしそうなパンの数々は見逃せません。
    泥棒というタブーに挑みながら、改心に昇華するとは!
    スリルと、おいしさと。
    幼稚園児くらいから、楽しめそうです。

    投稿日:2020/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもおもしろい!!

    この絵本の主人公は、タイトルのとおり、パンどろぼうです。
    パンどろぼうはパンが大好きだから、いろんなパン屋さんでパンを盗んでは、
    「おいしいおいしい」
    と、食べています。
    そんなパンどろぼうが、あるパン屋さんを見つけました。
    その名は、「せかいいちおいしいもりのパンや」です。
    せかいいちおいしい?
    食べてみたい!!
    さっそく盗んで食べてみたわけですが……。

    お話が、短い言葉でテンポよく進んでいきます。
    読んであげたら、お子さんたちが喜びそうです。

    投稿日:2020/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさかの展開

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子8歳、男の子4歳

    パンがパン泥棒?!なんてびっくりしました。どうなるのかと読み進めたら、、まさかの展開。パンはかぶりものだったんですね。やさしいおじいさんとの出会いで、ハッピーエンドになってよかったです。
    息子も私も、パン泥棒がまずいパンを食べてしまったときの顔を見て、笑っていました。いろんなパンも出てくるし、パンが食べたくなります。

    投稿日:2020/04/16

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット