きつねものがたり」 ママの声

きつねものがたり 作・絵:ヨセフ・ラダ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店
税込価格:\1,650
発行日:1966年
ISBN:9784834000580
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,656
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • にくめないきつねくん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    人間のもとでかわいがられていたきつねが家を出て一匹で生きていくお話です。
    きつねといえばやはりずるがしこいというイメージが一番に浮かんでしまいます。彼もそんなきつねのお話を子供に聞かされていたせいかずるがしこいきつねを目指しますが…。
    人間に育てられたせいか純粋なところもあり、やや世間知らずなきつねくんが失敗したり成功したりで面白かったです。
    人をだますのに成功しても胸にひっかかるところがあったりと心根はいいきつねくんです。

    投稿日:2014/12/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • チェコのお話

    タイトルやその佇まいはとても地味なのに、中身はとびきり楽しい絵本です。
    チェコの絵本らしく、おしゃれでユーモラス。
    きつねが物語の真似をして失敗したり、人間をうまく騙したり。
    きつねがずる賢いだけでなく、ちゃんと役に立つというのも、面白いです。
    お話の途中に、カラーの挿絵が差し込まれているところも、レトロでいいなと思いました。

    投稿日:2021/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • しぜんのおくりもの
    しぜんのおくりもの
     出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    『あおのじかん』の作者のスケッチ集。心ひかれる昆虫や動物や植物、自然からの崇高なおくりもの。


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット