虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…

雨がふったら、どこへいく?ふつうだと思う みんなの声

雨がふったら、どこへいく? 作・絵:ゲルダ・ミューラー
訳:いとうなおこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784566008717
評価スコア 4
評価ランキング 22,508
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 雨の日の生態

    ステフが双子を連れてお出かけします。途中、雨が降りますが最後はみんなで家に戻ってほっとする、というストーリーです。

    いろんな沼の生物の雨の日の生態が絵本で出ていて興味深いです。子供には良さそうです。娘もしっかり読み聞かせたら聞いていました。大人には少し物足りないです。

    投稿日:2011/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理科が好きな方には面白いのでは?

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    決して、悪くない絵本だとは思います。
    絵も丁寧でとてもきれいだだったし、天候の移り変わりや、自然とともに生きている動植物達もとてもよく観察されて描かれたんだなぁということがわかります。
    双子の子供や友達の「ステフ」、ステフのおばあちゃんを含め、登場人物たちは魅力的で、不満なんてなかったのに、なんだか読み疲れてしまったのです。

    これはたぶん、根本的な好みの問題だと思います。理科(自然や生き物)が好きな方には面白いんではないでしょうか?

    投稿日:2007/09/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(13人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット