新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる

14ひきのひっこし自信を持っておすすめしたい みんなの声

14ひきのひっこし 作・絵:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1983年07月
ISBN:9784494006182
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,996
みんなの声 総数 144
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

100件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • シリーズの原点

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    何度も読んだのに投稿していないことがわかって、慌てて投稿しました。
    我家で大人気の14ひきシリーズの第一作。
    と思いきや、「14ひきのあさごはん」も、初版は1983年7月10日と同一だと初めて知って、正確には2冊が第一作ということなのでしょう。
    但し、物語の原点という点では、この作品が原点になります。
    そして、1983年の初版から既に91万部も発刊しているベストセラーでもあります。

    やはり、この作品は、14匹の家の成り立ちが分かるという点で、読まないとならない作品です。
    でも、この作品から読むよりは、他の話を知ってからの方が、感動が倍増するような気がします。
    部屋を作るシーンとか水道を引くシーンは絶品です。
    我家では、この作品はこのシリーズの完読の直前に読んだのですが、逆に新しい発見があって、全体の流れがより認識できたと思っています。

    全体にどこか家を追われてきたような悲壮感が漂っているので、シリーズの最初でなく何作目かに読むことをオススメします。

    投稿日:2008/07/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • クイズみたい

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    題名の通り14匹のねずみ一家が引っ越しをするお話しです。内容が「おばあちゃんがもってきたコップはみんなのかずだけあるかな?」と問いかけになっているので子供は数を数えたりして楽しく読んでいます。

    投稿日:2002/04/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • わくわくする家づくり

    14ひきシリーズは私が子どもの頃に読んでもらった中でも特にお気に入りの作品でした。
    見開きいっぱいに広がる世界は、隅々まで、丁寧に植物や昆虫たちが描かれていて、何度読んでも飽きません。ストーリーはシンプルで、大人が読む文章量は(見開きの下に1行のみで)多くなく、読み聞かせは大人の負担になりませんし、子どもが自分で字を読めるような年齢になれば、易しい文章量です。
    シリーズの中でも「ひっこし」は、物語の最初の話になるので、おすすめの1冊です。読まなくても他の話とつながりがあるわけではありませんが、家の中の部屋作り、水道を引くところなど、面白い場面が沢山あるので、シリーズの中でも好きな1冊です。

    投稿日:2020/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新居がステキ

    子供と一緒に楽しく読みました。
    「おーい!」と手を振っている子はどこ?と探したりするのも、このシリーズならではの楽しみ。

    何より、新居がステキなのです。
    ちゃんと設計図を作って、お父さんが指揮を取ってみんなで力を合わせて完成させる。
    完成した3階建てのお部屋がとても快適そう。
    こんな広々とした空間で、私もぐっすり眠りたい。
    水道を引いて、生活がより快適になるように工夫しているのも、魅力的。
    きっと、水道のメンテナンスもきっちりみんなでこなすのだろうな。

    最後のページで、くつろいでいるシーンも、静けさを感じさせてとてもいいです。

    投稿日:2020/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 記念すべき一作目です

    14ひきシリーズ、こちらが第一作目です。

    何があったのか唐突に場面は引越シーンから始まります。どんな理由で引越をすることになったのか、多くは語られません。

    ただ、14ひきの家族が山を登り、強敵に身を隠し、流れる川をロープで伝って渡り、次の住み家を探していきます。

    そしてようやく見つけたあたらしいおうち。同シリーズの他のお話にも必ず出てくるおうちは、こうやってみんなの手で作られていたんですね。ひとりひとりに役割があって、誰も欠けることない大切な家族の一員なんだということが伝わってきてとても素敵です。

    集めた豊かな食材や家の前まで流れた水。みんなで囲むあったかい食卓。この最初のお話を知って他のシリーズを読むとますます深みを感じます。記念すべき一冊です。

    投稿日:2020/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 14ひきのはじまり

    「14ひきシリーズ」は、これまでにすでに何冊も読ませていただいています。
    今さらながら、同シリーズの1作目を読ませていただきました。

    いつも当たり前のものとして見ていた「14ひきのお家」がつくられていく様子に「そうだったのか」と、しみじみとした気持ちになりました。

    投稿日:2020/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりいいね

    6歳の息子と3歳の娘に読みました。
    大好きな14ひきシリーズで、子どもも自然と手に取りました。
    私も子ども大好きなこのシリーズですが、この引っ越しはなかでも特に大好きです。家を見つけた中盤以降で食べ物を集めて冬支度を始めるのか今の季節にぴったり。
    息子はこの絵本で冬眠を覚えました。

    投稿日:2016/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なおうちですね

    途中の道は危険がいっぱいで、おとなたちの、守らなければならないという強い気持ちが伝わってきます。
    いよいよ新天地に着いて、お家作り。
    とても丁寧に作られてゆく様子に見とれてしまいます。
    水の通路もできて、ベッドも整い、厳しい冬に向かって山の幸がたっぷりと蓄えられます。
    こんなに居心地の良さそうな絵を見ると、満足なあたたかな気分になります。
    見返しのお家の断面図もお気に入りです。


    投稿日:2016/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ここからはじまったんだ〜!

    何冊も読んできた、14ひきのねずみシリーズ。
    あの素敵な素敵な家は、こんなふうにできたんだ〜と感慨深かったです。

    じぶんたちの足で歩き、じぶんたちで材料を集め、じぶんたちでつくりあげていく。

    できあがっていく、できあがっていく、ってワクワクします。
    いいな、いいな、こんなくらし、って羨ましくなります。

    名作14ひきのねずみシリーズのスタートです!!

    投稿日:2015/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なお家!

    有名なこの「14ひきシリーズ」,4歳幼稚園年少さんの娘と第1作目のこちらから続けて読んでみました。
    14匹のネズミの家族のひっこしの様子。
    我が家を見つけるために,よりよい我が家にするために,14匹で頑張っている姿に感心してしまいました。
    水道作り,すごいですね!
    娘も大きな木の根っこに作られたネズミのお家に興味津々で,目を輝かせて見入っていました!

    投稿日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

100件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。


2022年1月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(144人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット