虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

給食番長」 せんせいの声

給食番長 作:よしながこうたく
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年07月
ISBN:9784769023104
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,019
みんなの声 総数 124
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大好きです

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    よしながさんの絵本とっても大好きです。
    内容も「食育」というテーマがわかりやすく描かれていて
    大人にも子どもにも受ける作品だと思いました。

    ただ、やはりそれ以上に
    何だかよくわからない生き物を発見する楽しみがある
    それがとっても楽しいです。

    「あっ!こんなところに・・・」と
    子どもと一緒になって見つけ合えます。

    普通な感じでわけのわからないものが
    あちらこちらに描かれている、
    その粋なセンスに毎回感激しちゃいますし
    何度読んでもあきさせない絵本だと思います。

    投稿日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 食事って本当に大切なこと

    小学校の先生をしている友達から勧められて手に取った一冊です。
    絵にとてもインパクトがあると聞いていましたが、本当にびっくりするくらい印象に残る絵です。

    内容は、食べることの大切さが伝わってくるものがあります。普段私は小さい子供たちに「いっぱい食べたら大きくなるよ。」と声をかけています。
    でも、それだけではなく食べるということには、もっともっと深い意味があること、私も子供たちにこういうことが伝えたいんだ!と再認識することができました。

    投稿日:2008/03/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大注目!!

    • 波音さん
    • 20代
    • せんせい
    • 山形県

    園で4・5歳児に読んだら、いつもはあまり話を聞かないような子たちが食い入るように静かに見ていました。

    苦手なものをどうやったら食べてくれるか…園でも家庭でも苦労することですが、学校の子どもたちと給食のおばちゃんたちのやりとりを通して子どもたちはどんな風に感じるのか。
    学校での話ですが、きっと自分のことと少し重ねて見ているところがあったのかなぁと思います。

    ラストのおばちゃんたちがこっそり様子をうかがっているシーンや、優しく戻ってきてくれるシーンに胸があつくなりました。
    作ってくれる人がいてありがたいということを、これからも伝えていきたいと思わせてくれました。

    できたら本場の博多弁で読み聞かせを聞きたいです!

    続編の飼育係長も気になるところ!!

    投稿日:2008/03/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵が…

    苦手です。
    とても、、、題と内容には惹かれたんですが。
    でも作ってくれる人への思いに気づくきっかけにはなると思います。それに、子どもにはきれい過ぎる絵より入りやすいのかも。

    投稿日:2008/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なコト

    給食を作ってくださる人に、感謝の気持ちを・・・
    とっても大切で、誰もが学んできたこと。

    食育が注目されている今にぴったりな
    絵本だと思います。

    絵がとってもリアルでまるで漫画を読んでいるような
    気分になるので、小学生の子どもたちが十分
    楽しんで読めるんではないかな、と思いました。

    方言で書かれている欄まで、載っていて
    大人もかなり楽しめます。
    我が家の旦那様が大うけでした。

    幼稚園の子どもたちには、少し絵が過激すぎるかな?
    とも思いますが、中身はとても大切なコトが
    書かれているので是非読んであげたいです。

    投稿日:2007/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!絵本!!

    授業で学生が読んでくれました。すごい絵本が出版されたものだ!と思いました。小学1年生には考えられない、給食番長とその取り巻き、そして給食のおばちゃん達。だからこそ幼稚園、保育園の年長組の子ども達に読んだら、飛びつくのでは?と思います。最近耳にする【食育】を大袈裟に扱っていますが、その大袈裟なところが、絵本のすごさを大きくしています。ダイナミックで、しかもバイリンガルで読めるという新鮮さもすごい。

    最近『こびとづかん』で長崎出版を知りましたが、こういう絵本も面白くて好きです。

    投稿日:2007/09/13

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ / いいから いいから / おふろにいれて

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

全ページためしよみ
年齢別絵本セット