新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

宇宙をみたよ! 宇宙へ行くと、ほんとうがみえてくるなかなかよいと思う みんなの声

宇宙をみたよ! 宇宙へ行くと、ほんとうがみえてくる 監修:毛利 衛
文:松田 素子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:1994年07月
ISBN:9784035340300
評価スコア 4.25
評価ランキング 19,342
みんなの声 総数 3
「宇宙をみたよ! 宇宙へ行くと、ほんとうがみえてくる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 星の話と一緒に紹介しては?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    秋のお話会では、空が住んで、星が見やすくなるので、星にまつわるお話をすることが多いです。

    その時の導入に使った詩に関係あったので、「毛利衛」さんのことを少し調べました。

    この絵本は写真絵本で、宇宙船(シャトル)エンデバーでの毛利さんの日記みたいな形で、まとめられています。
    普通の人は見ることができない、宇宙から見た地球の写真はすごいな。と、思いました。
    月からみた映像と違って、地球の軌道上に浮いているエンデバーからの写真なので、かなりどアップでしたが、雲の動きとかが迫力ありました。
    中でもサハラ砂漠の写真は印象的でした。
    興味のあるお子さんなら、小学生の中学年くらいなら、この絵本で楽しめると思います。
    宇宙に興味のある子、ぜひ見てみてください。

    また、学校などのお話会で、星にまつわるお話をした後、この写真絵本を紹介するのも素敵かな〜と、思いました。

    投稿日:2009/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • しぜんのおくりもの
    しぜんのおくりもの
     出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    『あおのじかん』の作者のスケッチ集。心ひかれる昆虫や動物や植物、自然からの崇高なおくりもの。


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット