へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

ちいさなくもなかなかよいと思う みんなの声

ちいさなくも 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年12月
ISBN:9784033277004
評価スコア 4.39
評価ランキング 10,483
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • なつかしい

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    ちいさなくもが色々姿を変えて遊んでいるお話です
    面白いのは、地面から子供目線で
    「○○な形」とか空想してるのではなく
    あくまでも雲目線で楽しんでいるのが新鮮でした

    空を見上げては雲になにかを重ねては空想にふけっていた事を
    思い出し懐かしい気持ちになりました

    先日初めて雲を見て
    「ぞうみたい」といいました。

    投稿日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんになるかな

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    ちいさなくもがいろいろな形になったり、雨を降らしたり。
    くもを見て、いったい何の形に見えるかな?って考えてみるのも楽しいですよね。
    こどもとゆっくりくもをみたくなりました。きっと幸せな時間になるだろうなー。

    投稿日:2017/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雲遊び

    天気の良い日に雲を見て、あれこれ似ているものを連想して息子と遊びました。
    この遊びはまだ、健在で色々な知識が増えてきてはより難しく似ているものにたとえていました。

    何気ない何もいらない、楽しい遊び。
    まずは家で読み聞かせして遊んでみるのもいいと思います。
    エリックの独特のあるイラストと動物や乗り物に例えられていて、大型絵本ならではのびっくり楽しいを味わえます。

    最後にはピエロに変身。とっても複雑な雲へ。
    絵本ならではでとても楽しめます。大きな雲になった雲達、雨を降らしておしまい。
    雨のふる原理も一緒に教えてあげれば一石二鳥です。

    投稿日:2017/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとなの雲たちがいないまに

    ちいさな雲は、おおきな雲たちが、みんなどこかに行ってしまっている
    あいだ、ひとりで姿を変えて遊んでいます。
    小さな雲がよく知っていて好きなもの。
    ちいさな子供のようでかわいいです。
    やがて、おおきな雲たちがもどってきて、みんな一つになって
    雨となり、ざあっと地上に降りるようです。
    雨はいつかまた、空にもどり、ヒツジ雲になったりして遊ぶのでしょうね。

    投稿日:2017/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • くもさがし

    ちいさなくもが,いろいろな形に姿を
    かえていく本です。

    ついつい空をみあげて,いろんな形のくもさがしを
    したくなる本です。

    自然に興味をもってもらうためにもとてもよい本だと思います♪

    投稿日:2011/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなかたり

    下の子が保育園で借りてきました。

    ちいさなくもが ひこうきや、ピエロに形を変えていきます。

    子供の頃、空をながめるのが好きでした。
    雲がいろんな形にみえて、とっても楽しかったのを
    思い出しました。

    そういえば、大人になってから、そんなふうに雲を見なくなりました。
    時々、子供たちが空をみて「あ!○○だ!」なんて
    空想を働かせているのを見ると、
    ちょっとうらやましくなります。

    この絵本を読みながら、同じように空をみて、
    子供たちといろんな空想をしてみたいです。

    投稿日:2010/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • つぎは、何をしようかな?

    誰しも、雲を見上げて色々なことを想像した
    経験ってあるんじゃないでしょうか?

    大きなくもの群れから、
    「ちいさな くも」はひとり離れて、
    木のてっぺんにとまったり、羊の形になったり…。
    そして最後は、大きなくもの中へ戻っていきます。

    色々なものに変身しながら、
    自由に、のびのびと空の散歩を楽しむ姿は、
    開放的ですがすがしいです。

    「ちいさな くも」にだけ顔があるのが、
    親しみを感じました☆

    投稿日:2010/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • さわやかなブルーが素敵

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    久しぶりにエリック・カールさんの絵本を読みました。
    空に浮かぶ雲が主人公なので、全体を通してきれいなブルーがメインカラー。白い雲が映えて、とてもさわやかな雰囲気です。
    このところ、娘たちと一緒にゆっくり雲を眺める時間がとれてなかったなぁと反省しました。
    こんなにはっきりとした形にはならなくても、様々に姿をかえる雲を眺めていると楽しいし、ゆったりとした気分になれるんですよね。
    ただのファンタジーでなく、雲が集まって雨を降らせるという自然の仕組みにもさりげなく触れているところが、なかなか心憎いなと思いました。

    投稿日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空を見上げると・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    主人公は小さな雲、その雲が次々といろんな形に変化します
    中にはこんなの見たことないなという雲まで出てきますが・・・
    昔むかーし、私自身も空を見上げて、ソフトクリームだ船だと、自由に想像したころを思い出しました
    そういえば最近はゆっくりと空を見上げることも忘れていたような・・
    エリックカールの絵本は大人にも、心の余裕を持たせる力があるんだと感動しました
    自然の力の創造物は限りなく可能性を持っているんですね

    投稿日:2010/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまには上を向いて

    まだ歩けるようになったばかりで転んでばかりの娘なので散歩はいつも下を向いてばかり。でもこの本を読んでたまには上を向いて、大空を見て雲の変化を娘と一緒に感じられたらお外の世界ももっともっと楽しくなるんだろうな、と思わせられた1冊です。広くて壮大な空に描かれたくもたちがとても素敵でした。エリックの絵は本当に素敵です。

    投稿日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット