宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

うるわしのセモリナ・セモリナス」 じいじ・ばあばの声

うるわしのセモリナ・セモリナス 作:アンソニー・L・マンナ クリストドウラ・ミタキドウ
絵:ジゼル・ポター
訳:木村由利子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年
ISBN:9784892387807
評価スコア 4.17
評価ランキング 19,348
みんなの声 総数 5
「うるわしのセモリナ・セモリナス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小麦粉生まれの王子さま

    ギリシャ民話です。アレティ姫にプロポーズした男の人は。星の数ほどいましたが、どの人も、どうしても好きになれず、アーモンドを1キロ、砂糖を1キロ、セモリナ粉1キロで、小麦粉生まれの王子さまをつくってしまったから、びっくりです。小麦粉生まれの王子さまに、セモリナ・セモリナスと名づけました。はるか遠くの国の女王が、セモリナ・セモリナスをさらっていきましたが、必死で取り戻す行動力が凄く逞しく愛の力だと思いました。とても素敵なロマンス物語に余韻がいつまでもよかったです♪

    投稿日:2018/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / かぼちゃスープ / こねこのチョコレート

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット