オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
きゃべつさん 40代・ママ

ファンになってしまいました
大きなごつごつした石の表紙を見て、きっ…

ミシュカ」 その他の方の声

ミシュカ 作:マリイ・コルモン
絵:ジェラール・フランカン
訳:末松 氷海子
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1993年11月
ISBN:9784915632938
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,967
みんなの声 総数 6
「ミシュカ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しんみりと心に残る絵本

    くまのぬいぐるみのミシュカが
    わがままな持ち主エリザベットを嫌になって
    家を出てしまう事から物語は始まります。

    「もうぜったいにくまのおもちゃにならないぞ!」
    と言ってたミシュカが
    トナカイのてつだいをする中で
    良いことをする楽しさを知り
    最後に行った家の病気の男の子のプレゼントになって
    くまのぬいぐるみにもどります。

    自由にすることは楽しいけれど
    それ以上に誰かのために生きることの素晴らしさを教えてくれます。

    しんみりと心に残るクリスマスの絵本
    まだ、少し難しいかなと思いましたが
    それから、毎年
    小学生になっても手に取って見ていました。

    投稿日:2013/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • じわーっとしみてきます

    今年、一番心にしみた絵本だと思います。

    いばりんぼのエリザベットの家から逃げたした、クマのぬいぐるみのミシュカ。
    「もう 絶対 おもちゃには ならないぞ!だれが なんていったって!」と高らかに宣言します。森の中で気ままに生きるのはとても楽しい。でも、ひょんなことから、クリスマスプレゼントを配るお手伝いをすることに。最後の1件というところでプレゼントが全部無くなってしまい…。

    「大きく息をして、あたりの景色を忘れないように みわたしました。」
    ここから後が、じわーっとしみてきますよ、心の深いところに。

    小さい子に読み聞かせるとき、「死」と「自己犠牲」のものは避けた方がいいと聞きます。この絵本も、もしかしたら「自己犠牲」に片足つっこんでいるかも知れないけど、絵の暖かさ、文章の美しさなど、プラス面が勝っているので、大丈夫かな…なんて思いました。

    投稿日:2004/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / いちご / おおきなかぶ / お月さまってどんなあじ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット