ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

あしたが きらいな うさぎ」 ママの声

あしたが きらいな うさぎ 作:高橋久美子
絵:高山 裕子
出版社:マイクロマガジン社 マイクロマガジン社の特集ページがあります!
本体価格:\1,350+税
発行日:2020年05月26日
ISBN:9784867160169
評価スコア 4.38
評価ランキング 12,009
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 1歳の子と3歳の子が寝静まった夜に、2人に挟まれて読みました。

    主人公ウールはモジャモジャの毛がコンプレックスなウサギの男の子。お友達からからかわれることで、明日が来ないといいのにと思うようになります。明日が来ないために、いろんなことを試してみるウール。だけどどうしても寝てしまい、明日はやってきてしまいます。
    そんなある日、ほしまつりで起こった奇跡で変化が…!

    子どもの立場で読むと、そうそうあるある、なんですが、親となった今の立場で読むと、気づいたらこういう時どうすればいいのかなっていう視点で読んでいました。
    主人公のパパもママも、最初にもじゃもじゃの毛の素敵なところを伝えているんですよね。でも、それだけじゃあダメなんです。パパやママがもじゃもじゃの毛が素敵だと思うのが本当でも、ウールにとってそれでは「自分も素敵だと思う!」という実感が伴わない。
    ほしまつりの奇跡で友人たちに毛を褒められることでウールの気持ちが変化したのは、ウールの中に「自分も素敵だと思う!」という実感が生まれたからなのかなと感じました。

    今は幼い子どもたちが「あしたが きらいな こども」になるときは、悲しいけれど生きている限り多分いつかは来ると思います。
    その時に、親の言葉だけでは「ウールにとっての星祭り」になれないこともある、だからこそたくさんのきっかけの種を持っておきたいなと感じました。そしてこどもたちにも、誰か大切な人たちが「あしたが きらいな だれか」になった時に、きっかけの種を与えられる人になってほしいな。
    そのきっかけの種の一つが、この本かなと思います。そっと本棚に並べておきたい一冊です。

    投稿日:2020/06/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 明日が来なければいいって思うこと、私もあるある

    • ピーホーさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    大人でも子どもでも、誰でも明日がくるのが嫌なことってありますよね。。。
    私自身も子どもの頃から今でも、嫌なことよくあります。
    主人公のウールは自分のもじゃもじゃの毛がコンプレックスで、幼稚園でもからかわれてしまい、明日が来なければいいのにと思います。
    もじゃもじゃの毛をお父さんとお母さんは、褒めてくれていましたが。。からかわれてしまうのはつらいですね。せっかく褒めてくれていた言葉も、素直に受け取ることができなくなってしまいますよね。

    そんなウールが、ある出来事をきっかけに、コンプレックスが自信に変わっていきます。
    コンプレックスだったことが自信に変わると、世界が一気に変わります。
    ウールの経験は、これからも嫌なことにあった時、生きてくるのではないでしょうか。
    つらい経験もしたけど、乗り越え成長したウール。
    きっと、毎日笑顔で幼稚園に通えてるんじゃないかな。

    登場キャラクターの名前がおもしろくて、和みました。

    投稿日:2020/06/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • モジャラビットという苗字からして、家系的にはくせっ毛なのかしらと思いきや、パパもママもつやつやストレート。「あら、ママはパーマあててたのよ」みたいなオチもなく、そりゃ悩むよね、と思いました。とにかくネーミングが突っ込みどころ満載でほんと面白かったです。ウールちゃん、お悩みのところクスクス笑ってしまってホントごめんなさい。

    「あしたが来なければいいのに」って思うこと、確かにありますけど、こんな幼稚園に通うような小さな子が言うなんて、切なすぎん??って最初ショックでした。でも、小さな子供の世界はまだ小さくて、ちっちゃな悩みがすべてを覆い尽くしてしまったりするんだったなぁそうだそうだ、私も悲劇のヒロインになりたがったわ、と昔々を思い起こしたりしました。

    もし、うちの息子たちのハートがちっちゃな悩みに覆い尽くされて、私がそれに気づけなかったらどうしよう。やっぱりウールのママのように「あなたがそばにいるといいわ」って、愛を伝え続けて行くことが大事なのかなと思いました。悩みに悩む時間も大切に過ごさせてあげたいなぁ。

    そのうち勝手に「なんだ、おれ、かっこよかったんやん」って立ち直ってくれたりすることに期待です(笑)

    投稿日:2020/06/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 光り輝くウール!素敵!

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    夢があって楽しいお話でした。登場する動物たちの名前も面白いですよね。ウサギなのにウール!と思ってしまいました。他の子たちの名前も、一度聞いたら忘れられないネーミングセンスでした。
    コンプレックスをかかえているうさぎのウール、おともだちに会ってからかわれるのが嫌で、「明日なんて来ないで!」という気持ち分かります。私は子どもの頃、髪を切った翌日にからかってくる同級生がいたので、その時は毎回学校に行くのが憂鬱でした。
    そんなウールがコンプレックスを克服できた出来事がまた予想外の素敵さで、心がわくわくしました。その後、お友達たちまでもがもじゃもじゃをまねしてる様子を見たら、笑ってしまいました。今では明日が来るのが楽しみでたまらないかな?

    投稿日:2020/06/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 登場する動物達の名前が特徴的でした!(^^)
    言葉の使い回しも読みやすくて良かったです。
    まだ子供が小さいので
    読み聞かせてあげるには
    ちょっと早いかもしれないですが
    幼稚園に通うようになったら
    読んであげたいです(^-^)
    話の内容が素敵で、お友達に会いたくないが明日が来なければっていう思考になるところに
    子供らしさを感じました。
    コンプレックスが自慢になるのは、なかなか難しいとは思いますが
    子供自身が自分を好きになるきっかけになる絵本かなと思います。

    投稿日:2020/06/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • コンプレックスが自信に変わる魔法の本!

    確かに子供でも大人でも明日が来て欲しく無い事ってありますよね。この絵本を読むと凄くそう思いました。誰にとっても事情は違うにしても明日にならなきゃいいのに。という日は絶対誰もが経験していると思います。特に子供達は毎日一生懸命小さい体で頑張っています。コンプレックスがある場合にはもっともっと学校等に行きずらくなってしまうのも確かだと思います。

    うちの小学生の子も自分に色々とコンプレックスがあるようで、友達は○○が出来るのに自分は何も出来ない、等と自分と人とを比べてしまっているようで週末は嬉しそうなのに月曜日の朝顔を見るとやっぱり元気が無い事も多く、やっぱり友達と比較してしまっているのかな、といつも心配してしまいます。

    なので私はいつも子供に出来る子は練習をしているから出来るだけ。誰も初めから出来る事なんて無いんだから、出来るようになりたい事が有れば練習すればいいんだよ。という風に言っています。でも子供は意外と深く傷ついているようでやはりなかなか笑顔が戻って来ないので本当に親としても心配です。

    この絵本に登場するウールくんも自分の毛並みに対して悩みを持っているのですが、確かに人は人の見た目とか何が出来る、できないとか失敗をするとやけに批判をする事が多いと思います。大人でもそう言った事は有ると思うし、まして子供にとってはそう言った事が起こるともう2度と明日になって欲しく無い。と思うのは当然だと思います。

    ウールくんは自分の悩みに対して色々と考えてみたり、お母さん達に相談してみたりして色々と解決策を見つけ出そうとしているのですが、でもやっぱり明日が来て欲しく無いという事がメインになっていて、それだけ悩みが本人には深い事が分かります。

    でも最後には自分のコンプレックスだったはずの毛並みが自分の自信になって、学校に行きたくない、明日が来て欲しく無い、という気持ちはもうすっかり無くなってしまいました。本当にハッピーエンドでこの絵本を読み終えると気持ちがすっきりする、というかコンプレックス何て自分が思っているよりもなんてことないんだ。と思えてしまいそうになってしまいました。

    うちの子も自分が今出来なくて悩んでいる事を一つずつゆっくりとでも練習して、いつか自分も皆と同じように出来るんだ、という自信を持ってもらいたいと思いました。この絵本がうちの子も含め、自分に自身が無かったり、不安に思っていて明日が来て欲しく無い、と悩んでいる子供達がいれば、是非読んであげて欲しい1冊だと思いました。悩んでいる子供達に笑顔が戻って少しでも前向きに物事を考えてくれるようになる、そんな魔法のような絵本だと思います。お勧めです。

    投稿日:2020/06/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • きっとよくなるよ

    あしたがこなければいい、、。小さな子どもだけでなく、大人だって思うこと、ありますよね。あしたにならないように、いろいろ考えるウール、おかあさんにも相談しているのが、ほほえましいです。ウールの悩みはおもいがけず解決しましたが、悩んだことはムダじゃなかったはず。表紙のこまったような表情のウールが、最後のページでは、いい顔になっているのがよかったです

    投稿日:2020/06/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 明日が好きに

    • かやかーかさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    モジャモジャな毛を友達にからかわれたウール。友達に会いたくないからと明日が来ないでほしいと祈ります。

    お母さんもお父さんもウールの毛は暖かくてかっこよくて大好きなのにというシーンがとても心に残りました。親はどの子のどんな所も愛しているのに、現実も一緒で子どもの世界では友達の存在が大きくすべてなのだなと思い、切なくなりました。

    最後にはモジャモジャの毛だからこその素敵な事が起こります。
    これを読み終えたとき息子は「ぼく明日が好きだよ」と言っていました。
    ウールも明日が好きになったに違いありません 。

    とても心に響く絵本でした。

    投稿日:2020/06/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 周りの人にも自分にも優しくなれるお話 受賞レビュー

    • ミフさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    明日が来なければいいと、胸がキュッと痛くなる夜は子供にも大人にもある。そんな気持ちに優しく寄り添ってくれる絵本です。穏やかに流れていくお話は、コンプレックスで硬くなったゴワゴワの毛をふわふわにほぐしていくように、ゆっくりと丁寧にウールと私たちの気持ちを柔らかくしてくれます。少し文字が多いので、2歳の娘は飽きて最後まで読めないかしら?と思いながら読み聞かせましたが、最後のページまでじっと聞いてくれました。ウールが、明日をこなくするためにアレコレするページが特にお気に入りのようで何度もココよんで!と言っています。

    投稿日:2020/06/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんともちからのぬけるかわいいキャラクターたち

    • もけこさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子14歳、男の子11歳、男の子1歳

    おとなはきっとだれもが覚えのある、そして小さなこどもたちはいつか経験することなんじゃないかなあ。
    上の子たちのことを思い出して、私がハラハラしながら読みました(笑)。
    それにしてもコンプレックスをチャームポイントにするアイデアはこどもたちの方が豊富なんでしょうね。
    おとなはそこを手を出しすぎずに見まもり、手伝えると素敵ですね。
    また、登場する動物たちのクスッと笑える名前や温かみのある絵がほっとしてあったかかったです。

    投稿日:2020/06/13

    参考になりました
    感謝
    1

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / もったいないばあさん / おじいちゃんがおばけになったわけ / ペンギンホテル / パパぺんぎんとたまご

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット