話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

あな」 みんなの声

あな 作:谷川 俊太郎
絵:和田 誠
出版社:福音館書店
税込価格:\990
発行日:1983年03月
ISBN:9784834009217
評価スコア 4.43
評価ランキング 10,916
みんなの声 総数 115
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

115件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 分かる気がする。

    4歳の息子と読みました。

    子供って、周りから見ると「何で?」って思う作業を
    集中してやってたりしますよね。

    この本の主人公、ひろしも、一心不乱にあなを掘っています。

    掘った穴は何をすることもなく、
    「これは、ボクのあなだ」と満足して、
    また埋めます。

    この満足するポイントもオトナからはよくわからないのが、
    子供の不思議。

    ひろしの気持ちが分かるのか、
    4歳の息子はこの絵本大変気に入って、
    何回も何回も一緒に読みました。

    投稿日:2010/10/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • あな 
    図書館で見つけて 思わず 読みふけり 家でまた読んで感動しています
    表拍子の絵と裏表紙の絵にもちゃんと意味があるのが 絵本のすばらしさだと ますます思います。
    ひろしくんは 日曜日に なにもすることがないので 穴を掘り始めました   ひろしくんのような こども なかなか 良い子ですね
    こんな子好きです

    おかあさん しゅうじくん いもうと お父さんの存在も それぞれの特徴がでていて、いいですね〜
    とくに お父さんは 男同士で我が子応援していて・・・・
    自分のこどものころを思い出したのかな
    汗かいてこどもの労働ですね
    いもむしもおもしろい   
    谷川さん 和田さんのコンビだからこそ こんな奥深い絵本ができたのだな〜と感動しています
    「これは ぼくの あなだ」   元通りに埋め戻した意味は ふかいな〜

    こどもも大人も楽しめる絵本ですね

    是非読んであげたい絵本がまた一つ増えました!

    投稿日:2015/06/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • いつもと違う

    まず 絵本の開き方がいつもと違うことに 子供たちは喜んだ。
    「あなをほる」作業は子供たちにとって とても魅力的だ。
    すぐ絵本の世界に引き込まれて行く。

    穴を掘っていると おかあさんや妹、友達がやってきて一言だけ会話をする。
    印象的なのは 「おとうさん」との会話だ。
    お父さんに読んで欲しい絵本 というのが納得!!

    淡々と物語が進んで行くが ストーリーの中に引き込まれていく感覚が大好きだ。
    そして いろんな事に思いが馳せる。

    息子はこの絵本に出てくる「いもむし」が大好きだ。
    どんな所が好きなのかは 読んでみたらわかると思う。
    是非 読んでみてください。

    投稿日:2009/09/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 非日常

    いつも見慣れた風景が、少し角度を変えたり位置を変えたりするとガラッと風景が変わること、ありますよね。例えば小さな頃住んでいた家をすごく大きく感じていたのに、大人になってから行くと小さく感じたりとか。子供目線だと大きく見え迫力があったりとか。きっと穴って、その最たる物なんでしょうね。
    子供って穴掘りとか大好き。ウチの息子も砂場に行っては穴やトンネル掘ったり、道作ったり。いつかは自分の背丈以上に掘る日がくるんでしょうね。いつも踏みしめてるところ、そのすぐ下に非日常が潜んでいるんだよ。そんなことを思い出してくれるかな、と思いながら読みました。

    投稿日:2009/05/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • することないから、穴を掘ろう!

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    「する事がないから穴を掘る」と思いついた男の子が、ひたすらマイペースに穴を掘っていきます。
    掘った穴を なにかに利用するとかそういう明確な目的を持たずに、ただただ穴を掘り続ける。

    何のために?
    きっと、その理由は彼にしかわからないんでしょうね。
    彼にとっては 意味のある「穴掘り」なんでしょう。多分。

    最後にその穴をどうしたか・・。これがまた何とも哲学的な感じのオチです。

    自分で読んだだけで まだ子供たちには読み聞かせていないのですが、幼児はもちろん、小学校高学年・・いえ、中学生までもいけそうな気がします。
    その子の年によって 感じ方も変わりそうですね。

    投稿日:2008/06/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • お父さんの存在に注目!

    子どもって砂場で山を作るの好きですけど、
    あなを掘るのも大好きですよね!
    しかも掘っているところを邪魔されるとちょっと怒ったりして・・(笑)
    子どもたちにとっては、自分たちが普段していることが取り上げられている上に、
    はっきりとした絵のタッチで描かれているので
    興味を引きやすい作品なのではないかと思います。

    「あなを掘る」という行動を「自分を掘り下げる」と捉えて、
    子どもの成長を哲学的に描いていると思うのですが、
    注目すべきは何も言わずに見守ったお父さんの存在だと思います。
    子どもは遊びの中でたくさん成長しています。
    喧嘩だったり、譲り合いだったり・・・
    子どもの世界にもきっと大変なことはいっぱいです(笑)
    それを何も言わずに見守れる存在というのは大切だと思います。
    大人としても、ちょっといろいろと気づかされる作品です。

    子どもたちにはもちろん、お父さん、お母さんにも是非出会ってもらいたい絵本ですね。

    投稿日:2007/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分の目で確かめる

    非常に哲学的な絵本です。
    ひろしくんが、穴をほります。
    理由は特にありません。日曜日に何もすることがなかったからです。
    無心に穴をほるひろしくん。
    最後は、満足して穴から出てきます。
    穴から見た景色に納得したのでしょう。
    自分の目で確かめて納得するって、大切なことだなぁと思います。

    投稿日:2021/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩的で哲学的なお話

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    庭に穴を掘って埋めて・・・だけなのお話ですが、谷川俊太郎さんの見事な日本語表現に引き込まれます。詩のような、哲学のような。子どもが好きな反復があったり、普通のはずの出来事が谷川俊太郎さんの手によって、私にとって忘れられない絵本になりました。

    投稿日:2020/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意味ないようで実は…

    絵柄の雰囲気からして男の子が好みそうな感じだな〜と思いました。和田誠さんの絵は大好きでこちらの絵本も味わいがあるのですが、5歳の娘には少しシンプルに思えてしまったようでした。

    谷川俊太郎さんの言葉の運び方が楽しくて次はどうなるのかな?とわくわくしながらページを読み進めました。最後にはまた穴を埋めておしまいという特に何事も起きない展開が哲学っぽくて私は好きでしたが、娘はちょっとぽかんとしていました。

    だけど子どもってこの意味のないようなことの繰り返しをしながら成長していくものですよね。積み木を高く積み上げては壊したり。無意識でもどの子も同じような経験をしているんじゃないかと思いました。

    投稿日:2020/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと癖になる

    作者が谷川俊太郎さんであることに納得の作品でした。
    物語というよりは詩に近い印象でした。

    ひろしが穴を掘って、そして埋める過程が淡々と、でもどこか味わい深く描かれていました。

    独特な世界観と不思議な魅力がある絵本でした。
    ちょっと癖になります。

    投稿日:2020/06/10

    参考になりました
    感謝
    0

115件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / 小型絵本 バムとケロのそらのたび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

全ページためしよみ
年齢別絵本セット