貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

サンタクロースと小人たち」 ママの声

サンタクロースと小人たち 作・絵:マウリ・クンナス
訳:稲垣 美晴
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1982年
ISBN:9784033272207
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,139
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • クリスマスには是非!

    クリスマスって子供にとってはたくさんの夢が詰まっていますよね。
    でも、なんか大人になると現実的になったりして、些細な事で、子供の夢や理想を壊してしまいそうだなぁ。と思っていました。

    サンタさんがどこに居るとか、夏はどうして過ごしているのか、どうして一晩で配る事ができるの?といった疑問に毎回違う答えを言っていては子供も戸惑うだろうなぁ。何か、クリスマスの絵本でいい本はないかなぁと探していました。

    この絵本1冊あれば、サンタさんの夢や理想を膨らませる事ができると思います。疑問にすべて答えてくれています。

    絵もとても可愛く、いろんな発見があるので、見ていて飽きないようです。
    おかゆの中に入ってたアーモンドを見つけた小人はどーこだ!
    と子供たちと競争しながら読む事ができました。

    世界の国の中に「日本」も忘れず書かれているところも子供たちにとってはうれしいようです。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 3番目の飛行機で!

     今年のクリスマスプレゼントの中の1冊。
    これまでにも随分とたくさんのクリスマス絵本を読んできましたが、お話によって、設定も様々。大勢のサンタさんが登場する絵本もあれば、お手伝いの役が、ロバだったり、犬だったり、というお話もあります。

     この絵本では、小人たちが大活躍。工場で木製のおもちゃを作ったり、絵本やゲームを印刷したり、人形の洋服を縫ったりするのも、すべて小人たちの仕事です。
    どのページにも、その様子がとても詳しく描かれているので、クリスマスを迎えるまでの様子を具体的に思い浮かべながら読むことができます。
    娘は、それぞれのページに顔をのぞかせている小さな動物たちを数えたりしながら、絵の隅々まで楽しんでいました。

     そして、1番喜んだのが、絵本の中に「日本」という言葉や国旗を見つけたとき!
    やっぱり自分のところへもサンタさんはちゃんと来てくれるんだ、と思うと、うれしくてたまらなくなるのでしょうね。
    「日本は、3番目の飛行機だって!」と、目を輝かせていました。

     毎年クリスマスの前に読んであげたい絵本です。

    掲載日:2011/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夢を与えるクリスマス絵本!

    サンタクロースと,一緒に住む小人たちの1年が描かれている絵本です。
    イラストもちょっとレトロな感じもあって素敵に思いました。
    クリスマスやサンタクロースって子供たちにとってはとても夢のあるイベント。
    その夢を子供のうちは信じて持っていてほしいと思う親は,こんなクリスマス絵本を子供に読み聞かせてあげるのもいいですね!
    結構細かく長い絵本なので,5歳くらいからがいいかもです。
    我が家もクリスマス絵本,手元に持っておきたいタチなので興味ありました。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小人たちにスポット

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    サンタクロースではなくサンタクロースのもとで働く小人たちにスポットが当たったお話です。
    おもちゃ作りだけかと思いきや小人は思った以上にたくさんのお仕事をしているんですね!
    お勉強もあってたいへんそうです。やりがいもあるのでしょうね。
    サンタクロースもちらちら出てきますよ。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 郵便局に置いてあったクリスマスのチラシで知ったクンナスさんの絵本。サンタさんのいる国、フィンランド。その北のはずれのコルバトントリという山の麓にある村。小人のおじいさんやおばあさんは、世界中のよい子へのプレゼントを用意するのが仕事。サンタや小人の奥さんもパンを焼いたり、掃除をしたり、大忙し。居心地がよいこの村に、森の動物たちも、サンタクロースを慕って、冬を過ごしにやってきます。夏や秋の村の暮らしも描かれています。村のみんなが仲良く、楽しく過ごす様子に心が温かくなります。
    そして、絵もじっくりと見ていると、いろんな発見があり、楽しいです。クリスマスイブの夜、先頭のトナカイは赤鼻のトナカイ。クリスマスの夜、サンタと小人たち全員が集まったお祝い。おかゆの中には、幸せをもたらすというアーモンドをいれてあります。誰に当たったのかを探すのも楽しいです。

    掲載日:2013/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • パラパラめくるだけでも楽しい

    我が家の3人の子どもたちが大好きなクリスマス絵本。クリスマス時期になると必ずみんなでこの本を読むのが我が家の定番です。たくさんの遊びが散りばめられていて、何度読み返しても新しい発見があったりします。
    フィンランドに住むサンタクロースとたくさんの小人たちが、世界中の子どもたちのために、クリスマスの準備をしています。この本を読めば、サンタクロースが住む家や、多くのプレゼントをどのように準備するかなど、サンタの不思議がスッキリと解明できちゃいます。
    何よりも、細かく描かれた挿絵が圧巻です。どのページも、絵が多くを語っていて、文字を読まなくても絵を読んで楽しめるので、パラパラとめくっているだけでも、ウキウキするクリスマス気分を味わえます。小さい子から大人まで、飽きることなく楽しめる絵本ではないでしょうか?

    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスプレゼント

    そろそろ、「サンタクロース」が気になる季節になってきました。
    「サンタさんって、どこにいるの?」「プレゼントって、どうやって準備しているの?」
    そんな疑問に答えてくれる絵本だと思います。

    我が家の長女も、もう1年生。
    サンタクロースの現実に、そろそろ気がつくとは思いますが、もう少し信じてくれていてもいいかな。

    掲載日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 準備の様子が手に取るように・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    読んだことないな・・・
    と、外国の絵本コーナーから見つけて
    借りてきました

    小人さんたちの一生懸命なこと!

    よく子ども達は
    「世界中のこどもたちに
    どうやってプレゼントを準備するの?」という
    疑問を持ちますよね?
    それに応えられる絵本です

    まぁ〜細かい所まで
    絵が書き込まれていて
    とても楽しいです

    クリスマス前に是非
    読んで楽しんでほしいです

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • フィンランドの作家が描くサンタクロース

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    奥付けを見ると原作は1981年出版のようで、やや古風ですが、
    サンタクロースの夢がいっぱい描かれた作品は魅力的ですよね。
    しかも、フィンランドの作家が描いているので、
    とても説得力があります。
    サンタクロースがクリスマスプレゼントを準備する過程が細かく丁寧に描かれます。
    内表紙のオーロラが印象的です。
    フィンランドの人里離れたとある村が舞台。
    サンタクロースと小人たちが住んでいるというのです。
    彼らの生活ぶりもよくわかりますし、プレゼント準備の様子もなるほどです。
    大人の私でも、何だかワクワクしてしまいました。
    たくさんの小人たちが描かれているので、サブストーリーもたくさん。
    隅々まで楽しんでほしいと思います。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタの活動に迫る?

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    この時期になるとクリスマス本はたくさん出ています。
    なかでも、ひときわ絵がかわいいです。

    お話は、夏の間に小人たちがみんなのおもちゃを工場で作っている。
    サンタさんは小人たちに助けられてクリスマスを過ごすことができる。
    という内容です。

    サンタさんはおもちゃをどこで調達してるんだろう
    という疑問を持つ子がいたら、ぴったりの一冊かもしれません。

    でも、私はどちらかというとサンタさんは人間らしくない存在で
    いてほしいと思ってます。どこかでおもちゃを作ってたり
    どこかで良い子をリストアップしたりしないでほしーーなと・・

    絵もお話も好きですけど、私の好みで星一つ減らしてしまいました。

    掲載日:2011/12/21

    参考になりました
    感謝
    0

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット