きらい きらい! きらい きらい!
作・絵: 武田 美穂  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
子どもにとって好ききらいは大問題!どうしよう??武田美穂、最新作!

いろいろごはん」 ママの声

いろいろごはん 作:山岡 ひかる
出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2007年07月
ISBN:9784774312347
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,802
みんなの声 総数 80
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

69件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ビバ!食育

    離乳食の時には、何でも食べていた娘。しかし、徐々に好きなものばかり食べるようになったり、食べる時、遊ぼうとしたり・・・。
    もっと食べると言うことに興味を持ってほしいと思い、この本を選びました。
    本を読んで以降、調理を見せて欲しいと言うようになり、チャーハンを見ると、「いろいろご飯だね」と嬉しそうに言い、一生懸命自分で食べています。鍋の後、おじやを作ろうと、ご飯を入れると、「いろいろご飯だ」と喜び、ご飯が入る前は、食べなかった野菜もおじやにすると、一緒に喜んで食べてしまいます。
    白ご飯→○○の繰り返しですが、調理を経て、ご飯ができ、それを食べる。当たり前の事ですが、それが教えられる本です。

    投稿日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    3
  • ご飯ってほんとに変身上手!

    ごはんが大好きな子には、おすすめです。
    幼児絵本だと思うので、6歳の息子には、ちょっと幼すぎる感はありましたが...
    2歳くらいから、楽しめるのではないでしょうか?

    でも、白いごはんが、いろんな食べ物に変身する様子は楽しかったみたいで、途中からは、9歳の娘も参加して聞いていました。
    服着るようにノリをまとって、おにぎりに変身するご飯。
    くるりとのりをまとって、巻き寿司になるご飯。
    そのほか、雑炊に、チャーハンに。
    たしかに、ご飯って、いろんなものに変身するんですよね。

    絵もとってもかわいらしいので、愛着がもてます。
    おいしい話は、話もはずむ。
    「こっちのほうが好き。」
    「いや、こっちのほうがおいしそう。」
    「あぁ〜、なんか、ご飯見てたら納豆食べたくなっちゃった。」
    とけっこう盛り上がりました。

    投稿日:2008/11/07

    参考になりました
    感謝
    3
  • 山岡さん

    山岡さんの作品だったので選びました。炊き立てのご飯から何が出来るかとても楽しい絵本でした。ご飯から立ち上る湯気がとても食欲をそそる絵本でした。山岡さんの作品なのでまた全てが切り絵なのかと想像するとわくわくしました。厚焼き卵の焼き加減、キュウリの種、皮と中身の境の綺麗な緑のグラデーション。全てが洗練された美しさです。そして極上なのはたらこです。お茶ずけの上に乗っているたらこ。これは一粒一粒本当に本物みたいで美味しそうです。微妙な色の変化も素晴らしい表現です。お米は体の元気のもとだと思うのでこの絵本は繰り返し娘に読みたいと思いました。お米の国で生まれてお米のレシピの多さに感動しました。日本のおコメ文化の素晴らしい食文化を感じられる絵本でした。

    投稿日:2007/10/24

    参考になりました
    感謝
    3
  • へ〜んし〜ん!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    なんといっても、しろごはんが一番美味しい!
    でも、子どもは飽きちゃうよね。

    ほかほかごはん ふっくらごはん
    なにになるかな いろいろごはん

    リズミカルで、絵もかわいい。
    これ、貼り絵です。
    貼り絵でここまで美味しさを表現できるなんて、
    すごいな〜と感心です。

    おにぎりにのりまき。
    お茶漬けもあります。
    お茶漬けの具は、たらこ。
    娘の好きなたらこだ!
    私だったら、梅干だな〜。

    他にもいろいろ。
    どれも美味しそう。

    いろいろごはん みんなはどれが好き?

    親子で一緒に楽しめます。

    投稿日:2011/08/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 他にもこんな変身が

    現在5歳の娘に読んだ作品です。

    シリーズ全部読んでいて、どれも大好きです。

    ごはん達のなんて可愛いこと、そして完成品に
    なるまでの過程もあったりして出来上がりを
    ワクワクして待つ楽しさがあります。

    いつも本の内容の他にもどんな風に変身できるかな?
    と親子してアイディアを出し合ったり、どの食材なら
    このシリーズに入れるかな?と考えるのがとても
    楽しいです。

    我が家の案としては、他にも「いろいろ大根」
    「いろいろさつまいも」なら変身可能ではないかと
    思っています。

    投稿日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • ごはんのレシピ本!?

    本屋で見つけ、
    食べることが大好きなうちの娘に
    即購入!!

    いつものご飯が、いろいろな姿に
    変わっていくのをじっと見ていました。

    これがまたおいしそうで、
    「食べる!」と
    何度も言って、食べるまねをしていました。

    絵がほんわかしていて、和みます。
    たまごバージョンよりも、ご飯がおすすめです。

    投稿日:2008/02/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • おいしいごはん

    我が家の息子(1歳)はごはんが大好き。
    うちに限らず、乳幼児はみんなごはんが好きなのでしょう。
    離乳食のスタートはおかゆですもの。

    この絵本にはいろいろなごはんが登場するのですが、
    特にお気に入りはチャーハン。
    じりじり じゅっじゅっ じゃーじゃーじゃー
    本当にフライパンを振っているかのような響きです。


    この絵本を見てからおままごとの幅が広がりました。
    (今まで包丁がメインだったのが、今は鍋やフライパンで調理のまねっこをするようになりました)

    投稿日:2012/08/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 身近なごはん

    毎日食べるごはんが題材なので、すぐにお気に入りの1冊になりました。
    これを読んだ後では、食欲増進につながるようで、食の細いお子様にぜひ、読んであげてみてください。
    イラストも、単純で、わかりやすくて、かわいいです。
    シリーズで、出ているので、そろえたいと思わせてくれる絵本でした。

    投稿日:2012/06/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1歳

    1歳の男の子と読みました。とてもリズム良く読める本です。ご飯は日本人の主食なので、やっぱり好きになってもらいたいなと思って読みました。ご飯がチャーハンになったり、おにぎりになったりして楽しいです。文も擬音語がたっぷり使ってあるし、絵のご飯たちはお顔がついてるし、とても楽しい本でした。シリーズのほかの作品も読んでみたいです。

    投稿日:2012/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • おかゆだけじゃないよ!

    おにぎりやチャーハンなどお米料理がたくさん出てくるお話です。まだ離乳食のおかゆしか知らない子どもですが、大きくなったらこれを一緒に食べようねと言いながら、楽しんでいます。ごはんたちの絵もかわいらしいですよ。

    投稿日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    1

69件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(80人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット