もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

アイヌとキツネなかなかよいと思う みんなの声

アイヌとキツネ 作:かやのしげる
絵:いしくらきんじ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2001年
ISBN:9784338081429
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,167
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵がきれい

    人間(アイヌ)とキツネの、お話です。
    大昔は、大自然の中で、人間を含めた生きものが、お互いを大切にして、共存して生きてきた。それなのに、人間だけが、道具を使い、まるで、他の動物より、自分たちが偉いかのように、振舞ってきた。その反省をさせてくれる、とてもいい話でした。

    投稿日:2019/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵は今風な感じのアイヌの神話絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    イラストは石倉欣二さんが担当されています。
    表紙絵が一つの村の地図のような見開きになっていて、なかなか面白かったです。

    アイヌ神話の絵本の1つですが、この話は神々しい話ではなく、農村地帯の民衆の伝承のようです。
    「アイヌの神さま」は言葉としては登場しますが、人間(村の人々)やキツネが“お願いをする”対象であって、姿かたちは出てきませんでした。

    他のアイヌの神話をベースにした絵本の作品と比べ、とても『今風』な絵なので、表紙だけ見るとパッと見、神話や伝説を描いた昔話だとは思えない感じです。
    字も絵もはっきりしていて、読み聞かせなどにも使えそうです。
    ただ、この物語は主人公がはっきり「誰」というものではないので、子どもたちがどのくらい食いついてくれるか…。もし読み聞かせに使うなら小学校高学年以上の、読み聞かせ慣れしたクラスでやってみるといいかもしれません。

    投稿日:2011/10/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / こぐまのくまくん / ほんとのおおきさ動物園

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ?毎日どんなことするのかな? 新一年生とご家族が安心できると好評のガイド絵本。


ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット