新刊
かぞえるえほん おやすみわんちゃん

かぞえるえほん おやすみわんちゃん(偕成社)

みんなでいっしょに数えてかわいい、おやすみ前のわんちゃんの絵本。

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる

オバケちゃんアカオニにあう」 ママの声

オバケちゃんアカオニにあう 作:松谷 みよ子
絵:いとう ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,210
発行日:1992年11月
ISBN:9784061952867
評価スコア 4
評価ランキング 27,220
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気づきの育児

    アカオニとは果たして……?
    作者が育児の中でそう思われたことがあるのでしょうか。
    確かに、アカオニかもしれませんね。
    そのまま赤鬼のことだと読み進めて、意外な正体にビックリ。
    何冊か読んできて、そういえばオバケちゃんが関るのはいつもそうでしたよね。
    ここにテーマが見えそうな気がします。

    そしてあからさまなもうひとつのテーマ。
    育児書より子どもの顔を見て子供の声を聞いて、という。
    私は育児書は読みませんが、鈍い人間らしく見ていてもなかなか気付けないことが多いと思うので、耳が痛かったかな。
    で〜も〜こんなことはしませんよ。ちょっとオドロキ。
    読んでみてください。

    投稿日:2007/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 育児書より役に立つ

    テレビ絵本で知ったオバケちゃん。この本はオバケちゃんシリーズの第6作目です。オバケちゃんは礼儀正しくてかわいいオバケです。オバケちゃんの友だちのこうもりのチータが、アカオニがいるという情報を持ってきました。

    チータのアカオニのイメージというのおもしろかったです。「うめぼしあめ」というのが、アカオニを鍋で煮てできたものというです。

    好奇心の強いオバケちゃんですから、アカオニの子に会いに行きます。

    オバケちゃんシリーズ、大人は考えさせられる内容が多いです。オバケちゃんの歌った歌の内容が、大人にはぐっとくるのではないでしょうか?「本ばっかり 見ないでよ 子どもの かおを 見て おくれ 子どもの こえを きいとくれ」というものです。

    確かに大人は、子どもの表情より権威のある育児書に頼って育児をしようとする傾向がありますよね。

    育児書より、オバケちゃんシリーズを読んだ方が子どものためになるなあと思いました。皆さん、オバケちゃんシリーズを読みましょう。

    文は松谷みよ子で絵はいとうひろしです。読むときっとあなたもかわいいオバケちゃんのファンになりますよ。

    投稿日:2007/09/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット