宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

長くつ下のピッピ自信を持っておすすめしたい みんなの声

長くつ下のピッピ 作:アストリッド・リンドグレーン
絵:桜井 誠
訳:大塚 勇三
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1964年
ISBN:9784001150612
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,459
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な女の子ピッピ

    この絵本に出てくる主人公ピッピは不思議な女の子でちょっとうちの娘に共通点が多かったせいか、娘は何度も繰り返し読んでました。両親がいなく、たった一人で生活する8歳の女の子。とっても不思議なパワーを発揮して、あらゆる困難を逃れ、強くたくましく生きていく女の子です。久しぶりに父親と再会したときはやはり普通の8歳の女の子。パパから離れません。べったりです。パパは船乗りで半年に一度しか会えません。それでもパパが航海に出ていくと又強い女の子に変身したかの様に困難に立ち向かって生きていき、低学年の女の子に勇気と夢を与えてくれ、又ユーモア有りの楽しい絵本でした。

    投稿日:2002/04/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 揃えやすいシリーズ。

    「長くつ下のピッピ」,人気で有名なお話だけに,本もたくさん出ていますね。
    こちらの児童書は,単行本で読みやすく「元祖ピッピ本」といった印象です。イラストも古風で味わい深いですね。
    面白いピッピのお話,こちらなら続きも出ているので揃えやすく思いました。

    投稿日:2018/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • スーパーガール!!

    世界一強い人や馬も持ち上げてしまう
    世界一力持ちの女の子、ピッピ。

    自由奔放で、活発で、明るくて、
    悲しい時は凄い悲しそうな顔をする。
    学校に行ってはみても先生の事を「あんた」と呼ぶ。
    サーカスに行ってもいろんないたずらをした...etc
    そんなピッピのスーパーガールぶりには誰しも憧れて
    しまうのかなと思います。

    どんなお話なの?と我が子に尋ねると話の内容をそれはそれは
    嬉しそうに、楽しそうに、身振り手振りしながら
    説明してくれました。

    ピッピのお話は他の出版社でも沢山出ているようなので
    他のお話も読みたい!!!と話していました。
    早速図書館にリクエストしたいと思います。

    投稿日:2012/07/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばああそび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その10 最終回

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット