おてて だあれ? おてて だあれ? おてて だあれ?の試し読みができます!
作: ふくなが じゅんぺい 絵: たかしま てつを  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
おててが どうぶつに大変身! 親子で楽しむ、手あそび絵本。

七人のふしぎなじいさま」 その他の方の声

七人のふしぎなじいさま 作:水谷章三
絵:遠山 繁年
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年04月
ISBN:9784333022533
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,330
みんなの声 総数 8
「七人のふしぎなじいさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 7世紀のはじめの高句麗が 随に攻められた時のお話です
    この時代の 戦争(侵略戦争?)
    戦争は 恐ろしいですね 「じゃまものは きりころし いえは やきはらえ」
    その命令に従う家来たち 子供たちや たくさんの人々が殺される 戦争!

    このときに現れた 七人のじいいさまが 高句麗を救うというお話なんですが、 本当にあった話かは分かりませんが とにかく 高句麗を救ったんだ!
    神様だったのでしょうかね?

    私たちは 過去の歴史の上に今行かされているんだと思いました

    遠山さんの絵が柔らかで戦争の恐ろしさは和らいでいるように感じましたが
    戦争は 人を 殺し 悲しいですよね!

    この 七人のじいさまのように 戦争から守ってくれるとは限りませんからね・・・・・

    今でも七仏事があるのなら 一度訪れたいですね

    子供たちには 難しいかな? この絵本は

    投稿日:2010/09/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット