Sassyのあかちゃんえほん もぐもぐ Sassyのあかちゃんえほん もぐもぐ Sassyのあかちゃんえほん もぐもぐの試し読みができます!
監修: Sassy/DADWAY 絵・文・デザイン: LaZOO  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
食べることが大好きになるしかけがいっぱい! 心や脳を育むSassyの絵本
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

カラフル
全ページ試し読みで読みました。 …

三びきのやぎのがらがらどん」 ママの声

三びきのやぎのがらがらどん 作:(ノルウェーの昔話)
絵:マーシャ・ブラウン
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1965年07月
ISBN:9784834000436
評価スコア 4.49
評価ランキング 8,423
みんなの声 総数 329
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

273件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 評判どおりおみごとでした

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    読む私も聞く子供もわくわくというかゾクゾクするお話です。

    ヤギがいっぴき通過、またいっぴき通過、最後のいっぴきが
    獣のトロルと戦います。このヤギのいっぴき毎に
    聞いてる子供にも段々と恐怖が忍び寄ります。

    そして、なんといってもこのトロルが本当に恐ろしい。
    トロルがしゃべるたびに子供たちは恐怖におびえます。
    戦いの場面も気色悪い表現なのに
    ヤギがトロルをやっつけるとなぜかスカッとします。

    なんと完璧な絵本なんだろうと感心しました。

    投稿日:2010/12/26

    参考になりました
    感謝
    4
  • 絵本大好きのきっかけの本。

    • まゆしおんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    次々に橋を渡り終える様子に目を潤ませて見ていました。
    無事、渡り終えると、ほっとした顔で「よかったね・・・」とつぶやいて。
    「これ読んだ!また読みたい!」「大きくなったから自分で読めるよ!」そう言ってくれるようになりました。
    絵本好きになったきっかけの一冊です。

    投稿日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    3
  • 力強く大胆な挿絵

    おはなし会でも人気の絵本のようで、よく読まれているところに出くわします。
    マーシャ・ブラウンの力強く大胆な挿絵は、とても迫力があります。息子がまだ1歳か2歳の頃に読んでもらった時、トロルを怖がって泣いてしまったのを思い出しました。でも今ではすっかり大好きなおはなしです。
    おはなし会では、表紙をめくったあと、お話がはじまるまでの挿絵だけの何ページかも1ページ1ページゆっくりとめくられていました。中表紙などは、ついさっとめくってしまいがちですが、読み手も聞き手も、ゆっくりと絵を見ながらお話に入っていくと、よりこの不思議な世界を楽しめると思います。

    投稿日:2013/02/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 迫力のある絵

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    3歳になったばかりの息子に読んであげました。
    『ひかきぼう』等の聞きなれない単語を理解しているのかは分りませんが、寝る前に『3冊だけ絵本を読んであげる』と言うとこれを選んで持ってきます。絵が好きなのか物語が好きなのか…とにかく『好き』みたいです。


    自分で読めるようになるまでは毎日でも読んであげたい作品です。

    投稿日:2011/04/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子供が好きです

    「がらがらどん」という三匹のやぎ。山へ草を食べに行こうと、トロルのいるつり橋を渡ります。トロルは、ヤギを食べようとしますが・・・


    北欧民話とのこと。
    昔話や民話は、少し怖い話がありますが、こちらもトロルが出てきたり、絵も迫力があり、子供には怖いのでは?と思いましたが、うちの子供はお気に入りの本です。

    よく自分で読んでいるのですが、小さいヤギの台詞は小さい声、大きいヤギのときは大きな声を出しているので、すごいなぁと思っています。

    投稿日:2011/03/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • トロルはお母さん!?

    もうレビュー書くことがないくらい、沢山のレビューがありますが、このお話が名作と言われる所以に「子どもの自立心を刺激する絵本」という興味深い話を聞きました。
    実はトロルはお母さん、三匹のやぎは子ども自身の成長の過程、という見方があるそうです。

    なるほど、この絵本に興味を持つ年頃は、自立心が芽生え始めているころ。
    そんな子どもたちに勇気や未来を与えてくれているのではないかと思います。

    投稿日:2006/08/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • ちょっとぶきみで・・・

    トロルが、たのがわへつきおとされる場面の文章が不気味で、夜寝る前に読んであげてて、大丈夫かしら??と思ってしまいました。最期、チョキン、パチン、ストンがあってほっとしましたが・・・

    投稿日:2012/03/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 民話なのでよくあるちょっと怖いお話ですが・・・
    なんでこの絵本が人気なのかよくわかりませんでした。子どもも読んでと持ってきたことはありません。幼稚園でも好きな子は好きみたいですね。私はちょっとグロテスクすぎるかなと思います。
    あえて買ってよむなら他にもっと良い本があるかな〜と思ってしまったので☆2つです。

    投稿日:2012/01/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • こわいけど

    • ひわさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    自分も子供の頃に読んだことがありますが、トロルが怖くてしかたないけど、強烈に印象に残ってしまい、何故か何度も読んでしまった記憶があります。

    そして自分の子供にまた読んであげると、やっぱり同じようにトロルを怖がり、そのくせ何度も読んでちょうだいとこの本を持ってきます。
    不思議なものですね。

    投稿日:2011/10/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 知恵と勇気

     イギリスの昔話で「3匹のこぶた」のお話がとても有名ですが、こちらも負けず劣らず、やぎの兄弟が大活躍します。
     トロルというおばけを、いちばん大きなヤギがメッタメタにしちゃいます。迫力がすごい。
     3歳の娘も、あ〜あ、って言ってましたもん。
     時代劇にも通じる勧善懲悪の筋書きが潔い感じがします。

    投稿日:2007/02/08

    参考になりました
    感謝
    1

273件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット