どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…

三びきのやぎのがらがらどん」 じいじ・ばあばの声

三びきのやぎのがらがらどん 作:(ノルウェーの昔話)
絵:マーシャ・ブラウン
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1965年07月
ISBN:9784834000436
評価スコア 4.49
評価ランキング 8,204
みんなの声 総数 327
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 悪役をこっぱみじんのおもしろさ

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

     おそろしいトロルが待ち受ける谷川の橋を元気に渡っていくヤギたち。
    いかにも昔話らしい3回の繰り返しで満足できる結末が待っている。

     普通読み聞かせするときはあまり声色を使うと残念な結末になることが多い。
    でもこの絵本は3段階でだんだん大きなヤギが登場するのに合わせて
    セリフや橋のゆれる擬音を意識的に変えた方が楽しめる。
    (せめて声量だけでも変えるとよい)

     ヤギの表情がそれぞれ性格までわかるほど描き分けられており、
    一見地味な色づかいも効果的だ。

     ところで…<がらがらどん>の<がらがら>は何のことか?
    ずーっと気になっているのだが、それはまた、別な話…

    投稿日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • トロルが怖い

    3匹のがらがらどんはトロルが怖いけれど、やっぱり美味しい草を食べ

    る為には、トロルのいる橋を通らなければなりません。御馴染みの名作

    ですが、迫力のある絵が怖いです。

    繰り返しとドキドキ感と緊張が魅力なのかもしれません。


    投稿日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • こっぱみじんにやっつける心地よさ!

    現実の世界では、なかなか悪くて強いやつをやっつけるなんて出来ないかもしれませんが、繰り返しの知恵比べによって、最後には目玉まで田楽刺しにされちゃうなんて・・・・!
    子供の中では、最後にでてくる大きなやぎのがらがらどんは、ヒーローなんだと思います。
    「やったー!」と心の中で叫びたくなるのではないかしら。
    この瞬間、緊張の糸が解き放たれて、子供の心の中にたまった1日のイライラしたものが吹っ飛ぶような気がします。

    子供が2歳前ころから、何度も読んでほしいとせがんだ本です。
    何百回も読んだので、すっかり覚えてしまいました。

    そんなに読めないわ〜・・・・。という方は、要注意(笑)
    実際は暗記してしまうので、半分眠りながらでも読んで上げられますよ!大丈夫!!

    投稿日:2002/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

全ページためしよみ
年齢別絵本セット