宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

三びきのやぎのがらがらどんふつうだと思う みんなの声

三びきのやぎのがらがらどん 作:(ノルウェーの昔話)
絵:マーシャ・ブラウン
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1965年07月
ISBN:9784834000436
評価スコア 4.49
評価ランキング 8,197
みんなの声 総数 327
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ちょっとぶきみで・・・

    トロルが、たのがわへつきおとされる場面の文章が不気味で、夜寝る前に読んであげてて、大丈夫かしら??と思ってしまいました。最期、チョキン、パチン、ストンがあってほっとしましたが・・・

    投稿日:2012/03/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 同じ三匹でも

    太りに行くために、トロルが潜む橋を渡り始めたやぎ達。
    不気味な形相のトロルに話しかけられているのに、
    案外呑気だなーと思ってしまいました。

    三匹一編に橋を渡っている訳ではないので、
    自分が食べられてしまう可能性も充分にあるのに、不思議です。
    一番大きなやぎが強いからという安心感は、一緒にいる時にしか得られないと思うのですが・・・

    でも大きなやぎは確かに勇猛で、トロルを倒してしまうのですが、
    そこまでやっていいの?と心配になる暴れっぷりが、
    お話のオチとしては少々怖い気がします。

    投稿日:2018/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずっと気になっていた本

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    おすすめの絵本でよく見かける絵本だったので
    一度読み聞かせたいと思いつつ、
    表紙や挿し絵から子供が見たがらなかったので
    機会がありませんでしたが、
    別の本で、ストーリーを知ったところ興味をもった
    ようで、今回、図書館で借りてみました。
    やはり人気の本です、ぐいぐいっとこどもの気持ちが
    惹き付けられているのを感じました。
    ですが、トロールのやっつけられ方の生々しい
    文や絵の表現には固まってました。
    その後も数回は読んでと持ってきましたが、なんとなく
    出番が減っていきました。
    怖いもの見たさで、気になるけど、やっぱり怖い
    というところなのでしょうか。また、もう少し大きく
    なったら楽しく読めるようになるのかな?

    投稿日:2017/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • コワスギテ、ヨメナイ

    表紙を見ただけで、息子は怖いと言って読ませてくれませんでした。
    内容もトロルが出てきたり、少し残酷な内容があったりしますが、最後はほっとできるのですが…。
    もう少し大きくなったら、もう一度読んでみようと思います。☆は暫定的に3つにしました。

    投稿日:2017/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • わからない

    名作と言われているお話ですが、正直なところ、私はこの本の良さがいまひとつわかりません。
    ずっと前に本やさんで立ち読みして、ん?と思い、息子が3歳になったので、そろそろいけるかな?と思い読み聞かせてみましたが、やはり、ん?
    息子は息子で、トロルが怖すぎるみたいで、最初は嫌がって読めませんでした。
    私にかわって、夫が優しい声で読み、なんとか最後まで読めたのですが、やはり一番大きながらがらどんの残酷さが怖かったみたい・・・
    夫も内容(というか表現)にびっくりしていました。

    息子から読んでと持ってくることは一度もありませんでしたが、私が一人で開いていると、横にやってきて、「このやぎがものすごくつよいんだよ!つのとかつめとかでぐさ〜っ!とやって、ばらばらにして、このこをかわにおっことすの!」みたいな感じで、興奮気味に教えてくれました(笑)

    対象年齢4歳〜ってなっているところを見ると、もう少し待ってから読み聞かせた方がよかったのかな?
    来年もう一度トライしてみようかなと思います。

    名作だからって誰もが好きになるわけではないし、なんとしてでも読まなければいけないということはないのですが、好き嫌いは別として、名作として読み続けられている事実に納得できたらな〜と思います。

    投稿日:2017/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不気味さに惹かれる

    小さい頃、不気味なトロルの絵が怖くて、でも何だか気になる存在だったこちらの絵本。大人になって、子供に読み聞かせてみたところ、大きいやぎのがらがらどんがトロルを退治する時の描写もかなりグロテスクな事に気づき驚きました。
    親の立場からすると、あまり子供には読み聞かせたくない内容。でも絵本が隠し持つ不気味な一面に惹かれてしまうのが子供心。自分はすっかり大人になってしまったんだなぁと気づかされた一冊でした。

    投稿日:2015/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • まだ難しかったかな

    2歳の子供に読みましたが、絵が怖いのかあまり食いついてくれませんでした。
    一度読んで以来、他の本は読んで欲しいと言われるのに、これだけは避けている感じです。
    最後はハッピーエンドですが、少し怖くてあまり私としても好きなタイプではなかったですが、いつもほんわか系が多かったのでこういった絵本もたまにはいいかなと思います。

    子供がもう少し大きくなったらがらがらどんはどうなるんだろう?とこのドキドキするのを楽しめるのかもしれないので、とりあえずは大切にしまっておいて、子供の成長に合わせてまた読んであげたいなと思います。
    その時どんな感想を言うか楽しみです。

    投稿日:2015/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人気の高い本であるという事で読んでみましたが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    いまいち面白さがわかりませんでした。するめのように何度か読めば面白さがわかってくるのでしょうか、2歳の我が子に読んであげましたが「えがかわいくない」と、全く見向きもされませんでした。もうちょっと大きくなったら違う反応が得られるかな…?

    投稿日:2014/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 有名な絵本ですが。

    有名な絵本なので,3歳の娘に読んでみました!
    絵が娘好みでなかったのか,お話の内容が娘好みでなかったのか,我が家の娘には反応がイマイチでした。
    怪物と戦うという内容が女の子向きではなかったのでしょうか,1度読んだきりで再度リクエストしてくることはなかったです。
    その日の気分などもあるかも知れないので,機会があったらまた読み聞かせてみたいと思います。
    親の私としては,有名な絵本なので興味があったので読めてよかったです。
    確かに男の子が好きな内容かしら。
    30代後半の主人は子供の頃読んだ記憶があり知っていました!

    投稿日:2014/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がこわい・・

    • パッソさん
    • 30代
    • ママ
    • 沖縄県
    • 男の子5歳、女の子1歳

    4歳の息子に読みましたが
    あまり繰り返し読ませてくれません
    好きな本はこちらがイヤになるくらい
    何回も何回もよむのに
    絵に迫力があるせいかな?
    もう少し時間が経てば読むようになるかもしれません

    有名な本なのでいいかな〜と思ったのになぁ・・

    投稿日:2010/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

全ページためしよみ
年齢別絵本セット