虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

三びきのやぎのがらがらどんなかなかよいと思う みんなの声

三びきのやぎのがらがらどん 作:(ノルウェーの昔話)
絵:マーシャ・ブラウン
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1965年07月
ISBN:9784834000436
評価スコア 4.49
評価ランキング 8,207
みんなの声 総数 327
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

79件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 爽快な絵本

    年少の子どもたちが大好きな絵本です。
    がらがらどんがトロルに出会うときには、みんな心配そうな表情で見つめていました。
    絵本を読んでから、しばらくの間は、子どもの遊びの中に出てくる正義のヒーローは、テレビのヒーローではなく「がらがらどん」でした。
    子どもの遊びの中で、自然と「悪いことはやめるんだ!おれはがらがらどんだ!」と言った男の子、とてもかわいかったです。子どもの心に響く絵本だと思います。

    投稿日:2013/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • こわいけど

    • ひわさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    自分も子供の頃に読んだことがありますが、トロルが怖くてしかたないけど、強烈に印象に残ってしまい、何故か何度も読んでしまった記憶があります。

    そして自分の子供にまた読んであげると、やっぱり同じようにトロルを怖がり、そのくせ何度も読んでちょうだいとこの本を持ってきます。
    不思議なものですね。

    投稿日:2011/10/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 知恵と勇気

     イギリスの昔話で「3匹のこぶた」のお話がとても有名ですが、こちらも負けず劣らず、やぎの兄弟が大活躍します。
     トロルというおばけを、いちばん大きなヤギがメッタメタにしちゃいます。迫力がすごい。
     3歳の娘も、あ〜あ、って言ってましたもん。
     時代劇にも通じる勧善懲悪の筋書きが潔い感じがします。

    投稿日:2007/02/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供が小児科の本棚から持ってきて読んでほしいというので読んだところ、気に入ったので購入しました。やぎたちや、トロルは声色を変えて読んでいます。トロルの絵は本当に恐ろしくて大人でも怖いと感じます。
    物語はトロルを倒して、平和に草を食べて終わるのですが、昔話特有の教訓的なものがないように感じます。なのでいつも、え?お終い?と感じてしまいますが、子供たちは楽しいようです。

    投稿日:2019/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本について調べていたら、子供に大人気な絵本として紹介されていたので、読んでみました。
    0歳の子供にははやいと思いましたが、読んでいる間は大人しくしてくれていました。
    絵がちょっと怖い印象を受けるのですが、インパクトがあるのがよいのかもしれません。

    お話も、怖い描写がはいりますが、それがかえって真実味があり、人をひきつけているのかもしれません。
    はしをわたるやりとりと、弱肉強食の戦いっぷりがすごいです。

    投稿日:2018/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ感の楽しめるお話し

    ロングセラー絵本で、各所でオススメされているのでとりあえず買ってみました。海外の絵本っていうのも世界観が広がっていいかなーって思いました。
    買ってすぐは興味がなかったようですが、しばらくしたら毎日リクエストしてくるブームがきました。民話らしいのですが、これみよがしな教訓はありません。ほどよく怖くてドキドキする感じが子供のハートをキャッチしてるのかな

    投稿日:2017/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大中小のがらがらどん

    園のお遊戯がきっかけでこの本を知りました。自分が小さいころには読まないままきてしまったので、大人目線では怖くないのかと思いましたが、4歳息子は大好きな絵本です。「がらがらどん」の音と、小・中・大と繰り返しの登場、トロルをかなり激しくやっつけるところがおもしろいようです。最後の締めの言葉は意味がわからず、調べましたが原語では使われる言葉、のようでした。

    投稿日:2017/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反応いまいち

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳2ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    残念ながら、息子の反応はいまいち。
    大迫力のトロルの絵が怖かったかな・・・

    三匹のヤギの機転、勇敢さがお見事ですね。
    絵はちょっと怖いけど、読みやすい絵本だと思います。もう少し大きくなったら、また読んであげようかな。

    投稿日:2016/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 民話ぽい

    全く同じ内容のものを違う本で何度もみていたので、この本への食いつきがあまりよくなかったです。大きいヤギっていったいどのくらい大きいんだろう。トロルっていったい何者。三びき揃ってたくさん草を食べることができて良かったです。

    投稿日:2015/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰もが知っている一冊♪

    3歳の娘に読みました。迫力のある絵に最初は「こわい〜!」と怖がっていた娘ですが、次第に面白さがわかってきたようでガラガラどんのセリフを真似して一緒に読むようになりました!
    保育園にもこの絵本があり、大人気のようで皆が知っている一冊だと思います(^-^)

    投稿日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

79件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット