どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
ぼんぬさん 40代・ママ

どんどこ どんどこ どこ行くのかな?
どんどこ どんどこ どんどこ どんどこ…

うごいちゃ だめ!なかなかよいと思う みんなの声

うごいちゃ だめ! 作:エリカ・シルヴァマン
絵:S.D. シンドラー
訳:せな あいこ
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年03月
ISBN:9784900656147
評価スコア 4.83
評価ランキング 131
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かちん!

    • 桂はなさん
    • 30代
    • せんせい
    • 千葉県

    ざわついている子どもたちに、鋭い声で「うごいちゃだめ!」と叫ぶと、みんなピタッととまって、こちらをうかがいます。
    そこでこの本を取り出し、「と、いう本を読みます」と言ってはじめてます。

    アヒルとガチョウの意地の張り合いがくすくす笑い、「うごいたらまけ」競争がはじまって、カラスやウサギにたかられるアヒルたちに爆笑。
    きつねにつかまってハラハラ。結末にホッとして終わります。

    低学年では、必ず、読み終わった後も、固まって、つつかれるまで動かない子が何人かいます。

    投稿日:2010/12/23

    参考になりました
    感謝
    8
  • いつまで、かたまってるのー

    どちらが、ほんとのチャンピオンか
    アヒルとガチョウの勝負です。
    勝負というよりは、もはや意地の張り合いでは?と思いながら読んでいました。
    キツネに見つかってからは「いつまで、かたまってるのー」と、ハラハラドキドキでした。
    最後は、友情が勝ってホッと一安心。

    動物の毛並みまでわかる緻密な絵でした。
    キツネが登場してからは、かなりの迫力を感じました。

    投稿日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 盛りだくさん

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    あひるとがちょうはライバル同士。
    何かと張り合いますが、なかなか決着がつきません。
    そこで「動いたら負け」勝負をすることになりました。
    もう意地と意地とのぶつかり合い。
    何があっても動きません。
    ところが事態は思ってもみない方向へ。
    さて、二羽の運命は?そして勝負の行方は?
    ギリギリの攻防戦に、手に汗握りながら読みました。
    良きライバルというものは、互いに負けたくない気持ちがありながら、やっぱり根底に流れるのは互いを大事に思う気持ちなのでしょうね。
    最初は笑い、次第にドキドキ、最後はほっこりとする盛りだくさんの絵本でした。

    投稿日:2010/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖かった・・・

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子13歳、女の子7歳

    表紙の絵はやさしい印象でしたが、お話は怖かったです。

    娘はハッピーエンドがわかっていれば、あまり怖くないそうです。

    私は蜂もカラスも苦手なので、ドキドキしました。

    もちろんお鍋がでてくる場面が、一番ぞーっとしました。

    読み聞かせで、声にだして読むと、さらに怖くなりました。

    投稿日:2010/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三年の朝読書に読みました。
    「負けず嫌いだね」とか言いながら聞いていました。
    だんだん進んでいくうちに、ドキドキの展開。
    みんな シ〜ンとして聞いていました。
    特にキツネが登場した後は、食い入るように見てましたよ。
    最後は、ほっとしていたようです。
    割と字が多いので、中学年以上かな…と思います。

    投稿日:2007/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちという微妙な関係

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    どちらがチャンピオンかを決めるためにうごいちゃだめ競争をはじめたあひるとがちょう。でもキツネががちょうをお湯の沸いたなべに入れられそうになったとき、あひるはきつねにかみつきます。「あたしのともだちをりょうししちゃだめ!」
    ともだちって、意地を張り合ったりしてケンカもするけど、いざというときはやっぱり頼りになるよね。
    大きな絵本なので遠目もきいて、小学校低学年の読み聞かせに良いと思います。

    投稿日:2006/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても楽しい絵本です。あひるとがちょう、どっちが一番かを「動かない競争」で決めるのですが、もうハラハラドキドキ。読んでいる私の方まで力が入ってしまいます。2年生の教室で読みましたが、子ども達もみんなじっと固まって、だるまさんが転んだ状態でした。動物たちの表情が豊かで、思わずどっちも応援してしまいます。絵が大きくて遠目が利くので、おはなし会などでも、みんなで楽しめますね。

    投稿日:2002/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どろぼうがっこう / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのにちようび / ぴょーん / しゅくだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット