もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おたまじゃくしの101ちゃん自信を持っておすすめしたい みんなの声

おたまじゃくしの101ちゃん 作・絵:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年07月
ISBN:9784032060607
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,253
みんなの声 総数 82
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

58件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 親子の深い絆

    いちべえぬまで生まれた101匹のおたまじゃくしたち。
    かえるのお母さんと一緒に、みんなで仲良く暮らしています。
    ある日、遠足に出かける途中、道草をして迷子になってしまった101ちゃん。
    探しにきたお母さんが、代わりにザリガニとタガメに捕まってしまい・・・。

    お母さんがえるの深い愛情と、子どもたちがみんなで必死になってお母さんを助けようとする姿には心を打たれるものがあります。
    以前おはなし会で読んだ時も、子どもたちは皆夢中になっておはなしに聞き入っていました。
    最後はお母さんが無事目を覚まし、ほっと一安心。
    幼少期の子どもの心をしっかり捉えたこの作品、ぜひお子さんとともに味わってみてください。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子だくさん!

    なんと、あかちゃんが101ぴき!!
    当然あっちからもこっちからも、「おかーさん」の声。
    点呼をとらなければ、全員いるかもわからない。
    ひとりでも大変なのに、考えただけで、汗がにじみます(笑)

    ほら。案の定、1匹足りないんです。
    その1匹を探すために、おかあさんが大奮闘するお話です。

    101匹いても、どの子も同じように大切。
    そして何かあれば、命がけで子どもを守る!
    101匹いても余裕すら感じる落ち着いた対応。
    ほんとに素敵なお母さん蛙でした。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんなで力を合わせて

    101ぴきの赤ちゃんのお世話、たいへんですね。
    おたまじゃくし101ぴき連れて、お母さんが遠足に出かけました。
    数をかぞえるだけでも大変なのに、どこかに行っちゃったりします。
    とうとう101ちゃんが、行方不明になりました。
    おかあさんが、たがめに遭遇しました。
    お次はザリガニです。大変なことになりましたね。
    お母さんの愛と子供たちのお母さんを思う気持ちのお話です。
    101匹の子供たちが、一生懸命お母さんを助けました。
    シロツメクサの花が咲いている風景がきれいです。

    掲載日:2017/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 池の中のお話

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    おたまじゃくしの101ぴき兄弟のお話です。
    おたまじゃくしの101ぴきちゃんが散歩中にはぐれてしまい大ピンチに陥ります。ざりがになども出てきて、池の中の危険がよくわかります。最後はみんな助かってよかったです。

    「おたまじゃくしのしょうがっこう」を先に借りた娘が、この本を見つけて借りました。どちらの本もとても気に入ったようで、何度も読んでいます。かこさんの本は娘にとてもうけがいいです。
    娘は裏表紙のおたまじゃくしを数えて、101ぴきいないねと言ってました。私も数えましたが確かに。子どもって絵を隅々までみているのですね。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんに何かあったら

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子6歳、男の子5歳、女の子1歳

    お母さんにもしものことがあったら。

    カエルのお母さんが気絶してる間のおたまじゃくしたちのやりとり。
    寝る前に読んだのですが、息子たち、とても真剣に聞いていました。
    真剣さはいつも以上。

    お母さんのために、こどもたちが一丸となる姿。
    いっぱいいっぱいで、一人泣き出し、次々伝わりみんな泣き出すおたまじゃくしたち。
    お母さんさんが起きた時に伝わってくる温かい雰囲気。

    親から子へ、子から親へ、大切な人のために、無意識に頑張る姿。
    とてもよく伝わってきました。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなみんなお母さんの事が大好きなんだなぁーと

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    いうのが、全てのページから伝わって来ました。何といい絵本でしょう。1人でも101人でも、みんなみんな私の大事なこどもたち。みんなみんな私の大事なたからもの。そんな感じも伝わって来ました。何度でも読んであげたい作品です。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し感動

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    うちの息子は庭にいるカエルが大好きなので、この絵本も大好き。
    『ケロちゃん』と『ケロちゃんのアカちゃん』と言って、楽しそうに聞いてくれます。
    こちらも読んでいて、親の気持ちがよく分かり、初めて読んだ時は少し感動もしました。

    掲載日:2014/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族愛

    101ぴきもの子どもがいる母さんがえる。
    どのこにもきちんと声をかけ、気をつけてあげ、愛情たっぷり。
    でもやっぱり101ぴきは多すぎ!?101ちゃんが迷い子になってしまいます。
    でもそんな困難を母さんならではの愛と力強さで乗りきります。子どもをまもりきります。他の100ぴきの兄弟たちももちろん協力しあって強いみかた。
    沼でおこった101ぴきとお母さんの大事件。楽しくドキドキ描かれています。
    40年前に書かれたお話ですが、古臭くなくいきいきと、読んでる人を楽しませてくれる絵本です。

    掲載日:2013/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わず数えてしまう・・・

     カエルのお母さんと101匹のおたまじゃくしの子供たちの話です。
    1匹のおたまじゃくしが行方不明になったことで、ストーリーが展開するのですが、息子は今まで味わったことのないスリリングな展開に大興奮!カエルのお母さんにたがめやザリガニなどの宿敵が現われるところでは、息子は何度も読んで、結末はわかっているのに、鼻息荒く、聞きいってます。
     また、色々な昆虫が登場するので、あまり昆虫に興味のなかった息子が興味をもつきっかけになった絵本です。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読む時期が違うと、また違った印象

    自分も小さい頃読んだことがあり、印象に残っている絵本です。長女が小さい頃にも読みました。久しぶりに手に取り、5歳の次女と読みましたが、1冊の本でも、読む時期が違うと、また違った印象をもつものです。
    前は101ちゃんの行方にハラハラドキドキしながら読みましたが、今では「101ぴきも子どもがいるなんて、お母さん大変だろうなぁ」などと思いながら読んでいる自分がいます。3人くらいで弱音を吐いてはダメだなと、なんだか勇気をもらったような。
    次女も、スクラムを組んでお母さんを助けに行く子どもたちの気持ちに共感したようです。「もう一回」と何度もリクエストされます。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

58件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『おもしろいほど日常単語が身につく 英語&日本語(バイリンガル)かるた』インタビュー

みんなの声(82人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット