たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ぼく おかあさんのこと…ふつうだと思う みんなの声

ぼく おかあさんのこと… 作:酒井 駒子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784894232617
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,218
みんなの声 総数 165
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • えっ!!!

    表紙の絵はうさぎの男の子が何やら腕組みして考えている様子。
    そして、タイトルは 「ぼく おかあさんのこと・・・」

    ぼくのおかあさんはどんなお母さんかな?って考えているのかな〜 楽しみだな〜 と開いてみると・・・

     「 キライ 」

    えーーーーーーーーーーーーーー!!!


    読み終わった直後は・・・
     「 正直、うちのこはどう思っているのかな? 」 でした。
    親子関係をちょっと見直すきっかけになる絵本のような気がしました。


    落ち込んだままの気持ちでは終わらないので安心して読んでください。

    掲載日:2009/04/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 母と子の共感絵本

    大人向けの読み聞かせ会にて、読んでもらいました。

    そうそう、私って、きっと子供達からみたらこんな感じなんだろうな、と思わせられ、反省の念にとらわれました。でも、こんなダメ母でも、子供達のことは心から愛している(つもり)。

    子供も、おかあさんのことキライ!と言いつつ、ひたすら純粋な目で、全身全霊
    で愛してくれている。そんなことを再認識させてくれる絵本です。

    酒井駒子さんの、ちょっとくすんだような、切なさがちょっぴり含まれた挿絵も良かったです。

    今日は子供たちが帰ったら、抱っこしてたくさん話しを聞いてあげようと思います。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家の感想は。。

    現在4歳の娘が3歳の時に親子で読んでみました。
    お母さんのこと本当は大好きだけど,きらいと言ってしまううさぎの男の子。
    この絵本を読んだ頃は言っていませんでしたが,最近「ママきらい〜」と私に叱られたり意に添わないことがあると言ってくる娘。
    寂しいです〜きらいって言葉結構心にきますね(涙)。

    娘はこの絵本は何度も読んでとせがんではきませんでした。
    出て行ってしまううさぎの男の子が衝撃的だったようで寂しく感じてしまったみたいです。
    そして親の私は,うさぎのお母さんがさぼり気味と感じてしまいイマイチ共感できずで。
    そんなことで我が家は☆3です(ごめんなさい)。

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母としては悲しいかも

    3歳の子に読みましたが、カンタンなので2歳でもいいと思います。でも、冒頭からお母さんなんて嫌い、と出てくると、ちょっと子供が真似して言ったら辛いな〜と思ってしまいました。うちは女の子なのでちょっと結婚の話とかは該当しませんが、男の子はこんななのかな〜と思いました。でも、嫌いなところを言われるとちょっと耳が痛いです(笑)でも最後は結婚したいこととか書いてあって、こういわれたら男の子のママとしては嬉しいでしょうね。最後に帰ってきてくれて安心しました

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 多分、賛否両論になるだろう、この本。
    主人公のうさぎさんは 絵から入ればとても可愛いんですが、しょっぱなから衝撃発言。
    私も 一度読んだあと、あんまり もう読みたくないな・・・と思ったものですが、
    息子は なんども もって来ました。
    しかたがないので 何度か読んでいるうちに 少し好きになりました。
    もう少し息子が大きくなると、この主人公のうさぎさんが 言いたかったことがわかるようになるのかもしれません。

    掲載日:2007/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が読むと良いと思う

    • くまどんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子3歳、男の子0歳

    ぼく お母さんの事・・キライ。から始まるお話。それが愛情の裏返し発言で、本当はとってもお母さんが好きだからという内容でした。我が家も男の子なので、こんな事いうようになるのかな・・?なんて考えながら読みました。息子にはまだ内容が少し早いようで、反応が少なかったです。5〜6歳の子が読むとちょうどいいんじゃないでしょうか・・。大人が読んでもいいと思います。

    掲載日:2006/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット