あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくものの試し読みができます!
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

狂言えほん くさびらふつうだと思う みんなの声

狂言えほん くさびら 作:もとした いづみ
絵:竹内 通雅
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784061323575
評価スコア 4.36
評価ランキング 12,239
みんなの声 総数 21
「狂言えほん くさびら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こわいです・・・

    この山伏は修行中だったのですね。
    噂を信じて大切なことを頼むのは危険ということでしょうか。
    男と山伏の表情がだんだん逆転していくところが面白いです。
    最後に出てくるきのこは怖いくらいで夢に出てきそうでした。
    小さい子には刺激的かも・・・

    投稿日:2009/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話はテンポあっておもしろい

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    狂言絵本第2弾というので楽しみに読みました。

    個人的に竹内通雅さんの今回の色使いは苦手で読んでいると目がちかちかしてきました。

    くさびらというのはきのこの事できのこを抜こうとするやmやまぶしとの対決のお話で、テンポもよくて、子どももつい・・笑ってしまう、おかしさがあります。

    やまぶしの表情がとても豊かで「はりきってるな!」
    「困ってるな」ってよくわかり聞いている子も表情が変わってきます。

    だから・・内容的には星4つだと思うんですが・・・
    絵がたっぱり苦手で、私が好んで読む本ではないので、星3つという辛口にしてしまいました。

    みなさんはどうですか?

    投稿日:2007/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット