もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

狂言えほん くさびら自信を持っておすすめしたい みんなの声

狂言えほん くさびら 作:もとした いづみ
絵:竹内 通雅
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784061323575
評価スコア 4.36
評価ランキング 12,216
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • インパクト大

    小学2年の子供達に読み聞かせしました。教室中爆笑!
    まず不気味な絵で興味が.....
    そしてやまぶしの ぼろんぼろ のまじないに食いついて
    最後まで楽しめました。
    狂言 日本の古典芸能に慣れる 古典芸能のおもしろさに
    触れられる一端になるかと思います。

    ぼろんぼろ...

    今日一日この強烈なフレーズが頭からはなれなくなりそうです。

    投稿日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • くさびらってキノコの事

    くさびらってキノコの事なんですね。
    狂言って面白いなと改めて思いました。
    狂言絵本は落語絵本より、文字数が少なく楽しめるなと思います。

    山伏が唱える呪文も、「ぼろんぼろ ぼろんぼろ」って適当な感じが面白い。
    唱えれば唱えるほどキノコが増えていって、最後はオバケキノコに追いかけられる所が笑ってしまいました。

    投稿日:2019/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 狂言絵本です。昔、、ある男が呪いが上手いという評判の山伏に、くさびら退治を頼みますが、山伏が呪文を唱えれば唱えるほどくさびらは増えていきます。

    「ぼろんぼろ ぼろんぼろ
     ぼろんぼろ ぼろんぼろ」

    くさびらは、最後には巨大なおばけくさびらや沢山のくさびらが、「たべちゃうぞ〜」と、逃げ出した男と山伏をどこまでも追いかけるナンセンスなお話でした。

    投稿日:2018/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナンセンス絵本の原点は狂言?

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    【あらすじ】
    ある男の家に、くさびら(キノコ)が生えて困っているという。山伏にまじないをしてもらってキノコがなくなるように頼んだが、まじないをすればするほどキノコが増えてしまう。とうとう大きなお化けキノコが出現してしまい…
    狂言の演目を楽しい絵本にした作品。
    絵:竹内通雅、解説:野村萬斎

    【感想】
    単純明快。昭和の名作コント、ドリフ大爆笑のナンセンスな展開を思い出す作品(年がばれるね〜)
    お話が極めて単純なのに、全然飽きないで最後まで楽しめる。絵描きの力量がしのばれる。どんどん増えていくキノコが、スリル満天。キノコ好きにもたまらない、キノコ嫌いにもたまらない話の展開。

    しかし、どうしてこの男はキノコがあることで、困っていたのだろうか?
    食べられないキノコだったら邪魔だろうし、毒キノコだと危ないし、食べられるキノコだったら泥棒が入って治安が悪くなるのだろうか。それとも、この男はキノコのアレルギーでキノコを見るだけでもあちこち痒くなったりするのだろうか。単に、不気味だったのだろうか。それとも…
    キノコと言えどもバカにできない。キノコの不思議さや、キャラクターとしての魅力、危険さなど、いろんなことを想像して楽しめた。
    読み終わっても、どうしてそうなったのか気になって仕方ない。
    キノコが生えると、不幸があるのか?家が老朽化したサインなのか(立て替える資金がなくて困っていたのか)…私はキノコ好きなので、ぜひとも食用キノコが生えて欲しいと、思いますが、いかがでしょうか?大量にできたら売るなりあげるなり、煮るなり焼くなり揚げるなり蒸すなり…どんこシイタケでお願いします。

    投稿日:2017/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • キノコ増殖!?

    狂言えほん。
    くさびら、とは、茸と表記し、つまりは、キノコのことです。
    ということで、キノコ騒動のおはなし。
    修行中の山伏が、キノコ駆除の依頼を受けます。
    依頼者の家で増殖するキノコをまじないで駆除してほしい、というものですが、
    山伏がいい加減な呪文を唱えるため、キノコがますます増殖して、とんでもないことになるのですね。
    確かに、キノコって、不思議な存在感があるだけに、増殖する様は面白いです。
    実際の狂言舞台で見ると、簡素な被り物や傘で変身できて、見栄えがしますね。
    演目としての着眼点に拍手!です。
    竹内さんのナンセンスな画風も、表紙から笑わせてくれますね。
    これからキノコを見ると思いだしそうです。(笑)
    幼稚園児くらいから、受けそうです。

    投稿日:2017/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • キノコの事でした

    この絵本の題名になっている「くさびら」はキノコの事でした。ある男の家の庭に変なキノコが生えてしまい、それを駆除するのにやまぶしに頼んだのですが、そのやまぶしがキノコを退治する呪文を唱えれば唱えるほどキノコがたくさんになっていました。その様子がうちの子のツボにはまっていました。

    投稿日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 狂言でお話しをみたら 又違うおもしろさがありそうですね

    くさびら? 茸のことで「菌」とも書くとありました
    野村萬斎さんがやまぶしになって   「ぼろんぼろ ぼろんぼろ・・・」といって言っている姿を想像するとおもしをいです

    もちろん絵本は絵がおもしろくやまぶしが汗をかきながら 悪戦苦闘している様子がおもしろく お化けキノコがかわいいのです  
    舌をべろんとだして 絵本の絵がお話しを盛り上げています
    子どもが喜びそうです

    やまぶしのまじないは全然きかずにドンドン増えて追っかけられるところ  笑えます!

    狂言で見たらどんな風なわらいになるのかな〜  ニンマリです

    投稿日:2014/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • きのこ

    くさびらとは何のことかと思ったら「きのこ」のことだそうです。
    (防具「くさりかたびら」を思い出した私はゲームオタク・・^_^;)

    庭のきのこ駆除のため
    やまぶしにまじないをたのむのですが
    呪文を唱えれば唱えるほど、きのこは増えます。
    「ぼろんぼろ」というまじないのリズムが面白く
    それだけでも笑ってしまいますが
    どんどん増えるきのこの様子が、もうコントそのものです。

    笑える一冊間違いなしです!!

    投稿日:2014/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み手の本気度が問われます!

    インパクトのある題名と絵に惹かれて読んでみました。
    ざっと目を通した時は「面白いかなぁ?」と思いましたが、
    息子に読んでみたら大うけ!!
    反応の良さに、読み手も調子に乗ってどんどん激しく〜。

    最後の終わり方が中途半端な気がしますが、息子は楽しんだようでした。
    その後、あの続きをお話して、と言われました。
    (おかあさんが作って話して、という意味)

    さらっと読んでしまうと、そっけなく終わってしまいます。
    私は狂言師!くらいの本気度で、ぜひ読んでみてください。

    投稿日:2012/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶきみなきのこ。

    最近、親子で狂言えほんが気に入っていて読みました。
    いかにも面白そうな表紙。
    「くさびら」ってなんだろうねとワクワクしながら
    読むと期待通りの大笑い。
    下の子(春から年長)は何回も「読んで読んで」と
    催促して、笑って聞いてました。

    「ぼろんぼろ ぼろんぼろ」のやまぶしのまじないも
    変だけどそのまじないのせいでくさびらが・・・

    狂言って面白い。こんな風に絵本で狂言に親しめるのって
    良いですよね。
    この絵本おすすめです。単純に笑えます。
    他のシリーズも読もうと思います。

    投稿日:2010/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その8

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット