新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

ほげちゃんとおともだち」 ママの声

ほげちゃんとおともだち 作:やぎ たみこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2020年10月07日
ISBN:9784032326406
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,541
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こういうやつ、いる〜

    ほげちゃんが、他のおもちゃに喧嘩を売っている場面で「こういうお友達、いる〜」と子供は、自分の園生活を思い出したようです。「こういうやつ、いるよね〜」と親子で対等に感想が言い合えるような作品でした。
    ほげちゃんをかわいいとは思えないけど、他のおもちゃたちが良い味出してるなと思いました。
    要するに、日本版のトイストーリーだよね。

    投稿日:2020/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほげちゃん最高!

    人間のゆうちゃん達が遊びに行くと、ほげちゃんは他のおもちゃ達に話しかけます。
    最初は 反応のないおもちゃ達、ほげちゃん以外は動かないのかなと思ったら
    あることをきっかけに、皆がしゃべりはじめて動き始めました。
    おもちゃ達の大騒ぎに、読んでいる息子もノリノリ。夢中になってみていました。

    子ども達が眠った後や、出掛けている間、我が家のおもちゃ達も 大騒ぎしているのかもしれない、息子とそんな想像をして盛り上がりました。

    投稿日:2020/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほげちゃん…

    ほげちゃんシリーズはこれまで何度も本屋さんで見かけた事がありますが、見た目がいまいち可愛いと思えず、手に取った事はありませんでした。
    今回初めて読んでみて思ったのは、ほげちゃん、見た目だけじゃなくて中身も可愛くない…。
    人間が見ていないところでオモチャ達が動くというのは、トイストーリーのようで夢がありますが、もしこんな事をしているんだとしたらちょっと怖いです。

    投稿日:2020/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • にぎやかなお話

    まるで幼稚園のような賑やかさでとっても楽しそうなおもちゃ達のドタバタな様子が印象に残りました。
    個人的には、キャラクターが可愛い絵本という感想を持ちました。ほげちゃんが好きな方はきっと楽しめると思います。

    投稿日:2020/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり可愛いほげちゃん

    我が家の子供たちが小さい頃よく読んだ『ほげちゃん』。
    あの、急に手が付けられない暴れん坊になる感じが大好きでした。
    そのほげちゃんも人気者になって、続編がで続けているんですね。
    こちらはシリーズの4作目だそうです。
    暴れん坊キャラは健在でしたが、おもちゃたちの逆襲にあっていました。
    やっぱり可愛いほげちゃん。
    まだまだ続きのお話が読みたいです。

    投稿日:2020/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちゃの世界 受賞レビュー

    大人気「ほげちゃん」シリーズ4作目、今回はゆうちゃんと一緒にお友だちの家へ遊びに行くお話です。

    そこにはたくさんのおもちゃがありますが、ほげちゃんみたいに大声出して遊び回る人形たちは一人もいません。
    それがあることをきっかけに、大騒ぎ状態に。

    「だめだよ、おもちゃがしゃべっちゃ・・」
    「え?うごいていいの?」
    本当はぬいぐるみや人形たちもほげちゃんみたいに遊びたかったんだね。

    意外と男まさりなお姫さまや、静かに絵本を読むのが大好きな怪獣くん、音楽の好きなロボットくんなど、自由に遊んでいるおもちゃたちは本当に楽しそう。
    みんなで食べるおいものケーキもきっと美味しかったことでしょう。

    最後にほげちゃんと手を振り合うおもちゃたち。
    きっとこれから人間のいない時には、楽しく自由な時間が過ごせそうですね。
    ほげちゃんも、たくさんのおともだちが出来てよかったね^^

    投稿日:2020/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろかったです

    いつものほげちゃんらしいとてもおもしろいお話でした。

    ほげちゃんの、ぬいぐるみなのに人間臭い感じが私は大好きです。
    今回はほげちゃんらしさが全開でとても楽しく読ませていただきました。

    ほげちゃんの新しい展開に期待しています。

    投稿日:2020/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遣いがとても気になる

    ほげちゃんシリーズを初めて読みました。ほげちゃん、何者かと思えばくまさんだったのですね。

    仲良くしたくて意地悪を言ってしまうって、子育てしていると割と遭遇する場面な気がします。最初は子どもの方も意地悪されるの嫌と言ったり、ええー?大丈夫?と親の方は思ったりしても、小さな事件をきっかけに何故だかみんなで仲良くなったりして。
    幼児あるあるを描いた感じがしました。

    気になったのは言葉遣いです。
    対象年齢の3歳の子と読みましたが、意地悪をするにしても、悪態をつくにしても、もう少し言い方があるかと思います。そこを上手く描くのも、小さな子どもが手に取る絵本だからこそ必要なのではないかと思います。
    特にこの頃の子って、本当によく真似をするので、悪口のところは飛ばして読みました。
    でも使ってほしくない、というのは個人の感覚なので、そう思わない人もいるかもしれないし…難しいところかなと思いました。

    内容は悪くないのですがどうしてもそこが引っかかったので辛口評価になりました。

    投稿日:2020/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワク子供達と盛り上がる絵本!

    本当に子供達が毎日遊んでいるおもちゃたちがこんなことをしていたら・・・・。そう思いながら読むと凄くワクワクして子供達と盛り上がってしまいました。子供達の想像をはるかに超える面白い展開と、もしかしたら、皆の知らない所でおもちゃたちが動き出しているのかも、と想像力を掻き立てられてしまって、とっても楽しめました。子供達はこのほげちゃんの大ファンになってしまったようで、これはシリーズで揃えてあげなくては。。。と思ってしまいました。本当に展開が面白くて、しかも本当に有りそうで、やっぱり気になってしまう、そんな1冊でした。
    子供達がお片づけをしていない時や、おもちゃを投げたりして乱暴にして遊んでいたりする時には、この絵本が十分役立ってくれそうな、そんな気がします。

    おもちゃたちもきっとみんなが眠った後やいない時にきっと話をしているから、乱暴に扱わないように、片付けもちゃんとしてあげようね、等と教えてあげる機会にもなりそうです。

    大人も子供もワクワク楽しめる1冊なのでお勧めです。

    投稿日:2020/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • はらはら、ザワザワ、おもしろい!!笑

    • もけこさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子15歳、男の子11歳、男の子1歳

    ほんとはただただ仲良くしたいだけなんだけど。
    「ゆうちゃん、こっちみてよ。」とひろくんはゆうちゃんにちょっかい。
    ほんとは楽しくしたいだけなんだけど、ほげちゃんはあみちゃん、ひろくんのおもちゃにつっかかる。
    人間がいなくなったら自由に動き回るほげちゃんと、おもちゃはしゃべったり動いたりしない。と我慢していたお姫様たち。
    こどもやおもちゃの気持ちと行動にはらはら、ザワザワ。
    そこからなかよくなるきっかけは?
    おおう、そうくるか?。なるほど、ちょっとざわつく笑。
    でもわかる。
    ぜーんぶことばにするのは難しいけど、子育てに関わる大人の方に読んで欲しい。
    ずきゅんときました。

    投稿日:2020/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット