宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おだんごぱん」 せんせいの声

おだんごぱん 作:(ロシア民話)
絵:脇田 和
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1966年5月1日
ISBN:9784834000573
評価スコア 4.34
評価ランキング 12,255
みんなの声 総数 117
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 知能戦?

    おばあさんが作ったおだんごぱんのお話です。

    粉箱を引っ掻き集めて作ったおだんごぱんは、本当においしそうでした。
    でも、おじいさんやおばあさんに食べられたくないおだんごぱんは必死で逃げて行きます
    途中で出会う動物たちに歌う唄が、おだんごぱんらしくて可愛らしいなぁと思いました。
    言い訳をして逃げる姿に、知能戦のような物語の印象を受けました。

    最後に出てくるキツネの方が、おだんごぱんよりも上手だったのが、ツボでした(笑)
    ロシア民話なので、一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    投稿日:2009/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンがコロコロひとりでに転がって・・・

    • ねこちんさん
    • 30代
    • せんせい
    • 岐阜県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    まず、おだんごが一人で勝手にころころと転がるところですでに子どもたちの楽しいつぼにはまったようです。繰り返し繰り返し動物たちから食べられないように逃げますが、最後はずるがしこいきつねにうまくおだてられ、いつもの冷静さをうしないついついわなにはまって食べられます。面白いことに、こどもは、「あーあ食べられちゃった」とおだんごぱんの側について残念がる子どもと、「きつねは頭がいいんだよ」と言う子もいました。とにかく子どもの好きな本の一つです。

    投稿日:2006/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムが耳からはなれません

    何度もでてくる、♪僕はてんかのおだんごぱん〜の、フレーズ。
    私が幼い頃、何度も読んでもらったせいか、このフレーズは、父の声で、メロディー付でよみがえります。
    きつねさんったら、ずるいなぁ。
    おだんごぱん、かわいそう。
    いろんな気持ちを思い出します。
    読み聞かせって、子どもの心に残るんだな、と実感した一冊です。

    投稿日:2006/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / せんせい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット