クリスマスのおばけ クリスマスのおばけ クリスマスのおばけの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
クリスマスの日、おばけのこどもはどうしているのかな? おばけのこどもを思いやる女の子の、かわいくてたのしいお話。

おだんごぱん」 じいじ・ばあばの声

おだんごぱん 作:(ロシア民話)
絵:脇田 和
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\1,200+税
発行日:1966年5月1日
ISBN:9784834000573
評価スコア 4.34
評価ランキング 12,355
みんなの声 総数 117
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まずしいおうちで、やっと作った。らしきおだんごパンですが
    おじいさんが食べる前に逃げ出してしまいました。
    いったいどこまで行くつもりだったのでしょうね。
    歌を聴いていると自画自賛って感じですが
    色々などうぶつの間を上手くすり抜けてゆきました。
    最後はキツネさんの口車にのってしまいますが
    あまり調子に乗りすぎてはダメってことでしょうか。

    投稿日:2017/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結末が寂しい

    おだんごぱんが、焼きあがってじいっとじいっとしているうちに寂しくなってついつい転がってしまいました。ころころ転がって、うさぎさん、おおかみさん、くまさんから食べられずに上手く逃げれたのに、優しく声をかけてずる賢いきつねには、騙されて食べられてしまいます。おだんごぱんのうたが歌うと楽しくなります。相手のことをよく観察して上手く煽てるきつねには、騙されないようにしたいと思いました。
    だんだんと歳を老いて行って寂しい気持ちにすきま風が吹いている時には、警戒したいと思いました。なけなしの粉箱をひっかいて集めたおばあさんと愉しみにおだんごぱんを待っていたおじいさんが気の毒になりました。上手い話には気をつけたいと思いました。

    投稿日:2011/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで狐って!

    表紙の絵はパンみたいだけどおだんご?

    そしてこのおだんごぱん♪には顔がある!!

    余り・・・可愛くない顔^^;

    お婆さんがなけなしの粉で作ったパン!

    おばあさん家から逃げ出してしまいます!

    色々な動物達に食べられるかと思いきや「おまえなんかにつかまるかい?!」と歌いながら逃げ切ります!

    最後はあっけなかったですね(-_-;)

    なんで「狐」っていつも「悪者」なんでしょう?

    ちょっと「狐」が気の毒になりました。

    投稿日:2007/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / かようびのよる

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット