なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

おひさまがいっぱいなかなかよいと思う みんなの声

おひさまがいっぱい 作:よだ じゅんいち
絵:ほりうち せいいち
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年
ISBN:9784494004041
評価スコア 4
評価ランキング 19,923
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 堀内誠一さん

    堀内誠一さんが絵を担当なさっている作品だったのでこの絵本を選びました。使われている紙が横の線が強調されている紙でそのお陰で絵の微妙な影や光がいい味を出しており素晴らしい紙の選択だなと思いました。堀内誠一さんの絵が素晴しい詩と合わさって輝きを放っている作品でした。特に夜の闇を照らす星の場面にはうっとりしました。詩の余韻が堀内誠一さんの絵の魅力と共に心に残る素敵な作品でした。

    掲載日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「古き良き時代」の世界…かな。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子11歳

    この作品は1975年に第1刷目が発行しています。
    今から40年近く前の絵本なんですね!
    詩の旋律はとても心地よいのですが、正直、今読むと絵本のなかの世界の時代の古さを感じてしまいました。
    アメリカでいうところの1960年代の「古き良き時代」みたいな…。
    なんというか、今の子どもたちの感性と少し違うかな〜って、感じです。
    ただ、素敵な絵本には違いないので、今の子どもたちに紹介して、反応を見るのも楽しいかな〜。

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひさまはどこ?

     表紙は,南欧風の光があふれる風景が描かれています。
     タイトルも「おひさまがいっぱい」。
     だけど,読み始めても,夜の描写ばかりで,おひさまはいっこうに現れません。

     息子も何かとまどいながら聞いていましたが,リズム感のある文章が面白いようで,繰り返して読んで笑っていました。

     やっと最後の見開きのページに昼間の風景が現れますが,それがなお一層おひさまのあふれる風景に感じさせます。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいな文章だと思ったら・・・

    初めて読んだとき、なんて文章の流れがきれいなんだろう、と感心し、
    裏表紙を見たら「詩の絵本」と書かれていて納得。

    他の、お話がしっかりある絵本と比べると、内容は薄いです。
    それでも、こんな風にきれいな流れの文章は、読んでいても
    気持ちいいですし、立て続けに読まされてもあまり苦になりません。

    寝ぼけたねずみが「にゃおーん」と鳴いたり、
    寝ぼけたネコが「ワン」と吠えたり、
    寝ぼけた犬が「ちゅう」と鳴いたりするのは
    息子には楽しいようで笑っていました。

    時々、言葉の悪い絵本もありますから、こういう絵本が一冊
    本棚にあってもいいと思います。

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本というよりは・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    作者のよだじゅんいちさんは詩人です
    これは詩集に挿絵をした本として読んだほうが良いのかな?

    言葉が少ないから小さな子供でもほりうちさんの色彩豊かな絵にひかれるようです
    カーテンやバラの花が笑ったりなんていう表現はさすが詩人と思います

    掲載日:2008/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜の様子が描かれている

    • 霧丸さん
    • 20代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子1歳

    タイトルは「おひさま」ですが、おひさまがいっぱいな昼間にウトウトお昼ねしている犬や猫、ネズミたちの夜の様子が描かれています。
    子供たちは、夜にどんなことがおきているのか、自分たちは眠っているから知らない。そんな、「自分が知らない間におきていること」に興味があるようで、一生懸命見入っていました。
    昼間にウトウトしてしまう動物達に、「こんなにおひさまがいっぱいなのにね」と言う文章で、子供たちが知っている昼間の良さを、動物にも教えてあげるよ、という感じが嬉しいのか、ここを読むと、息子はニッコリ笑っています。

    掲載日:2007/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルです

    ぱっと目に入ってくる鮮やかな色調。
    こんな街に私も住んでみたいなとおもわせるような
    絵本です。子供たちにはいろんな動物が次々に
    出てくるところが楽しんでもらえるんじゃないかなと
    思います。おしゃれな1冊です。

    掲載日:2004/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / となりのせきのますだくん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いっしょにするよ』風木一人さん・たかしまてつをさんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット