くわがたむしのなつ くわがたむしのなつ
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏の新ていばん!人間達の知らないくわがたむしのドラマ!

リンゴちゃん自信を持っておすすめしたい みんなの声

リンゴちゃん 作:角野 栄子
絵:長崎 訓子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2003年
ISBN:9784591077757
評価スコア 3.5
評価ランキング 40,680
みんなの声 総数 3
「リンゴちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 怖いけどかわいい!

    リンゴちゃんはリンゴのぬいぐるみです。
    まず表紙に、リンゴちゃんの全身が描かれていますが、黒目の部分がないデザインのぬいぐるみで、なんとなく怖さを感じます。背表紙のリンゴちゃんが、腰に手を当てて口をへの字に曲げ、歯を剥いているせいもあるでしょうか…
    その印象のままページをめくり、読み進めていきますが、リンゴちゃんの言動はやっぱり怖くて、物語の中盤までずっと、リンゴちゃんは怖いという印象です。

    リンゴちゃんの持ち主、マイちゃんは、リンゴちゃんを怖がり、されるがままになっていますが、ある時点で、恐怖は怒りに変化し、リンゴちゃんへの反撃を始めます。
    その間、読者もマイちゃんと同じようにリンゴちゃんを怖がり、なんだかもやもやとした気持ちを抱えているような気がします。
    ところが、マイちゃんの反撃を見て、勇気が沸き起こり、マイちゃんといっしょになって心の中でリンゴちゃんを攻撃しているのではないでしょうか。
    結局、マイちゃんのとどめの一言で、すっかり立場が逆転してしまいます。今までの大きくて強気な態度のリンゴちゃんが、真っ青になり、赤ちゃんのように大声で泣き叫ぶ。その時、マイちゃんの気持ちになってリンゴちゃんを攻撃していた読者も、マイちゃんと同じように、リンゴちゃんの心の痛みを感じ取り、大きくて怖い存在だったリンゴちゃんの幼さと寂しさを知るのです。

    ラストシーンで、存在を認められ、愛されはじめたリンゴちゃんは、とてもかわいらしく見えます。
    初めはリンゴちゃんを憎たらしく思っていた子どもたちも、リンゴちゃんをウチに連れてきていっしょに遊びたくなるでしょう。
    子どもたちも何か心に引っ掛かるものを感じるようで、何度も繰り返し読んでいました。
    ちょっぴり怖くて、面白くて、子どもたちの心を耕してくれるような本だと思います。
    上の娘が幼稚園児の頃に買った本ですが、今でも「あの本大好きだった」という本です。

    投稿日:2020/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

とこちゃんはどこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 恐竜の迷路
    恐竜の迷路
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット