くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

かばのさかだち あいうえお」 ママの声

かばのさかだち あいうえお 作:吉田 定一
絵:若山 憲
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1978年
ISBN:9784591005170
評価スコア 4.12
評価ランキング 19,333
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と一緒に読みました。ひらがなのおべんきょうはさておき、文章のリズムがとっても良く、また面白く、ユーモアがあってすごくイイ作品だと思いました。ひらがなの本はたくさんあるけれど私のお気に入りの本はこれです。

    掲載日:2011/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムのある絵本

     ひらがなをだいたい覚えた息子に。ひとつひとつのひらがなに対して1ページ分、わらべ歌が書かれているので、十分ひらがなに触れ合えます。ボリュームがあって子供は飽きるかな?とも思いましたが、リズムのあるわらべ歌の力は大きい!ずっと集中して見ています! あまり聞いたことのない日本語の言い回しを楽しんでくれるといいなあと思います。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵だけでも楽しめますね

    • よへほさん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 女の子3歳

    ひらがなのお勉強に役立てば…と期待して購入しましたが、そちらの方は与える時期が早いからか、イマイチでした。
    でも娘の反応はすごく良かった絵本です。
    一番のお気に入りは「す」のページ。
    すべりだいから勢いよすぎるくらい回転している男の子の姿に、大笑いします。
    「お」に出てくるおしくらまんじゅうを、歌いながら実際に娘とやってみたら、すごく喜んでいました。
    なじみの深い動物、ユーモラスな表情や動きの子ども達が沢山描かれていて、絵を見ていくだけでも楽しめる絵本です。
    もうちょっと娘が大きくなったら、ひらがなと言葉のリズムにもこだわって読み聞かせしていこうと思います。

    掲載日:2007/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズム感のある゛あいうえお゛

    こんなかたちであいうえおを覚えたら、楽しいのにと思ってましたが、娘が興味を示したのは、あいうえおを覚えただいぶ後でした。それも、読んであげるよりも、娘が私に読んで聞かせるパターンでした。『ママ、読んであげるね!』って。あからんまで、結構な量がありますが、娘は、私になりきって、得意げに読んでました。

    掲載日:2006/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことば遊びに はまります!

    • ひーちゃんさん
    • 40代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子6歳、男の子2歳

    幼稚園児でも 平仮名が読めるようになったら充分楽しめる本。
    ママやパパと ことばを集めてどんどん続けたら
    なんだか詩が出来たみたいになってきて面白くなる事や
    尻取りしてたら なんだか可笑しくなって笑っちゃう事ありますよね!
    まさに そんな感じの本です。
    お友達同士でも 親子でも 読むと引き込まれて
    もっと言葉遊びがしたくなります。
    上手に読めたら 自信がついて音読上手になれるかも。。。

    掲載日:2006/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことば遊びは楽しいです。

    • ひーちゃんさん
    • 40代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子6歳、男の子2歳

    平仮名がよめるようになったら
    沢山の ことばを思い浮かべて詩のように言い続けてみると。
    自然に ことば遊びをしてる気分になれます。

    まさに そのままが 絵本になってます。

    うまく いえなくなったら それはまた つい 
    ふきだしちゃって たのしい本になりますし

    うまく言えたら 自身がついたりします。
    ぜひ 親子で チャレンジ読破!

    掲載日:2006/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本語であそぼ

    こういうのを言葉遊びっていうんでしょうね。
    50音の愉快な詩とインパクトのある絵の、あいうえお絵本です。
    素敵な風景あり、動物あり、アップの顔ありで面白い絵なのですが、ウチの子供には怖かった絵があったようで…プレゼントで頂いた本ですが、あまり見たがりません。
    詩は笑って聞いてくれていたものもありましたし、もう少し大きくなったらまた読んであげようかなぁ

    掲載日:2006/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムにのってあいうえお♪

    なかなかインパクトのある絵だな〜と思っていたら、
    『しろくまちゃんのほっとけーき』でおなじみの
    わかやまけんさんの絵でした。

    『あ』から『ん』までの文字を使っての文章が
    リズミカルに、楽しくかかれています。
    歌うように、軽快に読めてしまうんです!
    子どももすぐに暗記できそうな感じで、
    絵もおもしろいですよ♪

    印象に残っているのは、たまっこさんも書かれている
    『ぬ』の文章でした。
    もう1つ『り』も、印象に残っています。
    息子の名前の頭文字なので。。。

    『りすりすくりたべ かりこりぽり かりこりぽりくり これっきり』

    物語ではなく、言葉遊びのような絵本ですが、
    なかなか おすすめです♪

    掲載日:2006/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムにのせて・・・

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    「あ」から「ん」の文字をつかって文章が書かれています。リズムにのって読めるので楽しく読めます。「ぬらり くらり ぬらくら なまこ ぬらりと くらりと なまけているの なまこ まないた あたまは どっち」なんか笑えてくる文章ですよね。

    掲載日:2002/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.12)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット