宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おにたのぼうしなかなかよいと思う みんなの声

おにたのぼうし 作:あまん きみこ
絵:岩崎 ちひろ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1969年7月
ISBN:9784591005293
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,108
みんなの声 総数 52
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 帽子はおにたの寂しさの象徴

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    「全然おにたの『ぼうし』は関係ないんじゃあ?」
    小2の息子は、読み終わって言いました。
    確かにねぇ、『ぼうし』が活躍するようなお話ではないのだけれど、まだ読み取る事ができなかったんだなぁ、と、残念ですが仕方ないかな・・。

    しかし、このおにたのかぶっている季節はずれの麦わら帽子が、このお話の重要な部分を担っています。

    一見、このタイトルからは「おにたのお気に入りの帽子の話かな?」と、想像してしまいそうですが、おにたは好きで帽子をかぶっているわけではありません。

    「角を隠すため」に、帽子をかぶっているのです。

    冒頭で豆まきを楽しんでいたまことくんや、次に出てきた女の子とも、「帽子をかぶらない」で遊びたかったでしょう。

    ありのままの自分を隠してでないと、人間と接する事の出来ないおにたの、心情や立場の象徴が「おにたのぼうし」なのですね。

    最後に少女が、おにたの事を
    「さっきの子はきっとかみさまだわ」と言います。

    姿かたち、生まれ、地位・・。私たちはいろんな基準で他人を判断しています。差別はいけない・・、分かっていても「レッテルで区別すること」にどことなく頼っていたりもします。

    少女は、おにたの正体を知っても、神様だと言ってくれたのでしょうか?

    もう少し高学年になってから、もう一度読んであげようと思っています。

    投稿日:2008/07/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • せつない

    鬼というだけで、良いおこないをしても
    人にはわかってもらえないおにた。
    鬼であることを隠して、貧しい女の子に最大の優しさを与えても
    まめまきをしたいと言われ、
    ショックのあまり消えてしまったおにた。
    まめにかわってしまったのか、
    帽子だけを残して、、、。
    おにたの報われない思いに悲哀を感じます。

    投稿日:2017/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鬼にも色々あるのに

    節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっている息子に、怖い鬼ばかりじゃないんだよと言って読んであげた絵本。節分の夜、優しいおにたが豆まきをしていないおうちをようやく見つけたと思ったら、そのおうちに住む女の子も哀しい思いを抱いていました。二人が心を通い合わせたと思ったら、女の子の一言がおにたの心に致命的な傷を残して…。いわさきちひろさんの美しい絵と、いつまでも余韻を残すあまんきみこさんの語りが見事にマッチした、哀しい節分のお話です。

    投稿日:2016/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • よい鬼もいる

    節分の豆まきのお話です。
    優しくて気の弱い鬼・おにたが主人公です。
    おにたの行動を見ていると、こんなにも優しい人は人間にもめったにいないと思いました。
    切ないお話で、途中、胸が苦しくなる場面もありました。
    2月に、もう一度読みたいと思います。

    投稿日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • せつない…

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳

    6年生の息子と主人と三人で読みました。
    息子は2年生か3年生の時に、国語の教科書で勉強したそうで、
    「これはいいお話だよねぇ。」と。

    大好きないわさきちひろさんの、優しくてかわいらしくて
    あたたかいイラストが、この絵本ではとってもせつなくて。

    「にんげんっておかしいな。おにはわるいって、きめているんだから。
    おににも、いろいろあるのにな。にんげんも、いろいろいるみたいに。」
    ほんと、見た目で、固定概念できめつけちゃだめですよね。

    でもおんなのこのお母さんを思う気持ちも、とってもいじらしくて。
    おんなのこの節分をする気持ちも、すっごくわかる!
    でも、こうして自分ではそんなつもりないのに、傷つけちゃうことも
    あるんだよな…。

    おにたもおんなのこも、とっても愛おしくって、
    ハッピーエンドで読み終わりたかったなぁと思います。
    でも、このせつなさが心に残って、余韻が残ります。

    こんなかわいいおにた、我が家に大歓迎するのになぁ。

    投稿日:2012/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おにた」に新しい家を見つけてほしかった

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    この話は、たぶん子どもの頃に読んでます。
    小学校が昭和44年だから、小学校の頃に読んだのかもしれません。
    あまんきみこさんのお話にいわさきちひろさんの絵です。
    「おにた」って、外見は鬼の子だけど、どちらかというと《座敷童》みたいな存在でした。

    おはなしの中盤くらいまでは、「おにた」が新しい家を見つけて幸せになるのかと思いましたが、ラストはちょっと悲しかったです。
    できたら、新しい家を見つけてあげてほしかったです。ハッピーエンドであってほしかったな〜。

    少々時代設定が昭和の初めのような世界ですが、物語に入り込んでしまえば、それほど気にならないと思います。
    節分の時期などに、小学校の低学年くらいのお子さんに読んであげてはいかがでしょうか?

    投稿日:2011/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • せつない…

    • やや子さん
    • 30代
    • ママ
    • 沖縄県
    • 男の子6歳、男の子4歳、男の子1歳

    そろそろ節分だし…と思い何となく図書館で借りた絵本。
    読んでみたらなんてせつないお話なんでしょう。
    息子が言う事を聞かない時に「そんな事してたら鬼が来るよ!」と決まり文句のように言ってた自分に少し反省してしまいました。
    こんな優しい鬼もいるんだねと息子にも話しました。
    それに、いわさきちひろさんの絵がかなりマッチしていて更に感動しました。

    投稿日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ないお話でした

    節分特集でこの絵本を知り、図書館で借りてきました。
    とても優しい鬼の子「おにた」。
    なのに、鬼と言うだけで、節分の日には住むところがなくなってしまいます。

    「にんげんっておかしいな。おにはわるいってきめてるんだから。おににも、いろいろあるのにな。にんげんも、いろいろいるみたいに。」

    おにたの言葉にちょっとドキリッとしました。
    いつも言うことを聞かない息子(3歳)に、「早く寝ないと鬼が来るよ〜」と怖いイメージを植え付けてしまっていたから…。
    ごめんなさい。きっと良い鬼もいるでしょうね。おにたみたいに…。

    この絵本を読んで、私が「ちょっと悲しい話だったな…」とつぶやくと、娘(7歳)は「どうして?」と尋ねました。
    娘には、まだこの絵本の内容が理解できなかったようです。
    来年またこの絵本を読んであげてみたいなと思います。

    投稿日:2009/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • うまくいかない

    おにたのけなげさ、おんなのこの思いこみ、どちらも悪くないのにうまくいかない、せつないお話だなと思いました。
    でも、私もおんなのこの立場だったら、おんなのこと同じく豆まきをしてしまうでしょう。やさしいおにがいるなんて、思いつかないです。

    雪の中を、はだかで麦わら帽子をかぶっているおにたを見て「寒くないのかな」と子供は言っていました。せつないお話とぼかしのやわらかい絵がぴったりあっていると思いました。

    節分が終わり春が過ぎ、麦わら帽子の季節になったころ、おにたとおんなのこが仲良くなればいいなと思いました

    投稿日:2008/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにのなかにも、こんなにやさしいおにだっているんだ。病気のお母さんを看病する女の子とおにたの、ちょっとさびしい節分のお話。「節分」をテーマに本を選ぶ時は、まずこれが浮かびます。岩崎ちひろさんの絵が優しさに溢れています。

    投稿日:2002/07/17

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / てぶくろ / がたん ごとん がたん ごとん / ふたりはともだち / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ことばの世界を広げるうたをバラエティ豊かに200曲掲載♪

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット