貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ねずみくんとゆきだるまなかなかよいと思う みんなの声

ねずみくんとゆきだるま 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784591069745
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,888
みんなの声 総数 57
「ねずみくんとゆきだるま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 雪の日のねずみくん

    ねずみくんって、ちいさいけれど、いつもがんばり屋です。
    この雪の日のお話は、ちっちゃいねずみくんが、奮闘するお話ですが
    雪合戦は、おおきなぞうさんやクマさんの作るものはすごいです。
    では、雪だるまは?と言うと、やっぱりみんなおおきな雪だるま。
    そりすべりやスキーなどの後は、なんとねずみくんが、途方もなく大きな
    雪だるまになってしまいました。
    みんなをあっと言わせたラストでしたが、ねずみくん 大丈夫でしたか?

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大笑い

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    図書館の冬のおすすめコーナーから借りてきた本ですが、
    親子で楽しく笑いながら読みました。

    ねずみくんと動物たちの掛け合いも
    見た目もわかりやすいので、
    子どもも面白がりました。

    なんといってもねずみくんが転がる場面では、
    息子は「パパも見てよ」とみんなで笑いを共有させ、
    声をあげて笑っていました。

    いろいろな話がありますが、
    年齢に合った親子で笑いあいながら読めるお話って
    あまり出逢えないので
    大切にしていきたいです。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『ねずみくんのチョッキ』を最初に読んだのは15、6年前なので、すご〜く久しぶりの「ねずみくん」シリーズです。
    間がとても良い絵本だと思います。
    ちっぽけなねずみくんは、何をやっても他の仲間たちの大きさにはかないませんが、最後に特大の雪だるまでみんなを圧倒しました。
    雪景色の中で、ほのぼのとしたお話です。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆきあそび

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ねずみくんがゆきあそびをするお話。
    みんなもいっしょにゆきあそびをしますが…。
    ころんころんとねずみくんが転がり落ちていき、「たすけて」というシーンでは3歳のこどもが自分の手を差し出して「たすけたよ」と言っていてほほえましかったです。
    ラストはとっても大きなびっくりゆきだるまの完成ですね。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうなっちゃうの?

    どんどこどんどこ転がっていくねずみが、

    大きな雪のかたまりになっていくのがおもしろかったです。

    たすけて〜と叫びながら、目をグルグルまわして!

    でもおかげで、だれよりも大きい雪だるまの完成。

    でも自分自身が雪だるまになるなんて、

    ねずみくんも想像してなかったんじゃないかな?

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 題名に納得

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    ねずみくんシリーズ第15作。
    ねずみくんの雪遊びバージョンです。
    ねずみくん、雪がうれしくて、雪合戦、雪だるま作り、そりすべり、と楽しみますが、
    やはり小さいので、みんなとはスケールが違うことにがっかりなのです。
    ところが、うさぎさんに無理やり勧められたスキーで、とんでもないことに。
    なるほど、ねずみくんならではの展開。
    題名に妙に納得してしまいます。
    物語としては面白いのですが、ちょっと危険な遊びになってしまったのは事実。
    スキーで転倒って、とても危険行為ですからね。
    そのあたりは、子どもたちに少しフォローが必要かもしれません。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑っちゃいました

    ねずみくんがソリをしようとすろと、うさぎさんがスキーを貸してくれました。
    そして、うさぎさんがトンと背中を押すと、ゴロンゴロンと雪山を転がって大きな雪だるまになってしまったねずみくん。
    私は、あらあら〜と笑ってしまったのですが、3才の息子は怒っています(笑)うさぎさんが意地悪したように思ったらしく、毎回背中を押すページで、うさぎさんの絵をベシッと叩くのですよ。意外な反応で面白いです。

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安堵の表情

    4〜5歳児に読みました
    ねずみくんシリーズをずっと読み続けてきたので、子供たちも雪だるまの大きさと登場する動物たちの大きさを考えながら見ています
    でもお話はちょっと違う方向へ・・・・
    ころがっていくねずみくんがかわいそうな気もするけど、どうやら大きさでは勝てたみたいで、子どもたちも安堵の表情でした

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人で読む練習に

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    ソフトなタッチで描かれた絵本。
    文章が短く、絵にそっと添えられた感じですので、まるで画集のようでもあります。
    ちなみに娘は「ねみちゃん」に自己投影しているようです。
    簡単に読めますので、ひらがな、カタカナを覚えたお子様に一人で読むように促してあげるのも良いかもしれません。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さくても

    「ねずみくん」シリーズを何冊か読んでいますが、ねずみくんは小さいことにコンプレックスを持っているのかな?と思いました。
    それとも、負けず嫌いとか?

    子供が喜んだのは、やっぱり雪だるまの絵でした。
    ゾウの雪だるまは「すごーい」と大喜びです。

    スキーが出来るくらいに雪が降る地域ではないので、そりやスキーも興味を持って見ているようでした。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット