アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

チーターよりはやくはしるのは だあれ?自信を持っておすすめしたい みんなの声

チーターよりはやくはしるのは だあれ? 作・絵:ロバート・E・ウェルズ
訳:せな あいこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年04月
ISBN:9784566006546
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,332
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 題名はいただけません

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「ふしぎだな?知らないこといっぱい」シリーズの1冊。
    シリーズでは、「シロナガスクジラより大きいものっているの」が印象に残っています。

    チーターが、動物の中で一番速いことは良く知られています。
    それより速いのだから、車、電車かと思いきや、さにあらず。
    何と、ハヤブサ。
    これって、走るものではない筈。
    原題を見ても
    What’s Faster Than A Speeding Cheetah? 
    ですから、「チーターよりはやくはしるのだあれ?」
    という邦題には、違和感を感じずにはいられません。

    それはさておき、どんどん速いものはエスカレート。
    チーター→ハヤブサ→プロペラ機→ジェット機→ロケット→隕石と続きます。
    ロケットより速いもので、隕石というのは目から鱗。
    時速24万`っていうのですから、驚きです。

    でも、最後はやはり皆さんご存知のアレです。
    その速さたるや、秒速30万`というのですから、桁違い。
    こうして、数値の比較があると分かり易いですね。

    横開きの絵本ですが、縦に見せるページがあったり、登場する動物が次のページの乗物に搭乗したりと、見所も多い内容です。
    最終ページには、月まで行くのにどれ位かかるかな?という比較表もあって、実に良く出来た絵本だと思います。
    小学生低学年のお子さんにオススメします。

    投稿日:2011/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • くらべる絵本!

    「ふしぎだな?知らないこといっぱい」シリーズ、大好きです☆

    この本は「速さ」に焦点をあてたもの。
    子どもの走る速さから、チーター、ハヤブサ、ジェット機、ロケット、いんせき、ひかり!
    更なる速い物へと、どんどん話が展開していきます。

    最後のページには
    「月まで行くのに、どれくらいかかるか」というのが、分かりやすくグラフ化されていて、見応え有り!
    大人の私も、大変勉強になりました(*^_^*)

    「時速」とか「秒速」を理解するのは、まだ難しいですが、息子も興味津々で聞いていました。

    人気の「くらべる図鑑」ならぬ、まさに「くらべる絵本」!
    分かりやすく、とてもいいです。

    投稿日:2010/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も勉強になりました

    誰が早いかってお話。
    チーターよりはやくはしるのっていうから動物だろうって思っていたら、飛行機やロケット、隕石、最後には光まで出てきました。
    いろんな速さを手軽に知れてとても良かったです。
    こどもは最後に懐中電灯が出てきて大喜び。
    小学生になったらまた読んであげたいです。

    投稿日:2010/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になりました

    「シロナガスくじらより大きい…」は読んだことがあり、そのシリーズだなあと思いました。

    ページをめくるたびに、息子はその速さに驚いていました。

    こうしてわかりやすく数値化されていると、とてもわかりやすいなあと思いました。

    月までの距離の表もわかりやすくていいなあと思いました。

    大人の私も勉強になりました。

    投稿日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく科学のお勉強♪

    「ふしぎだな?知らないこといっぱい」シリーズの絵本です。
    この本の前に「シロナガスクジラより大きいものっているの」「チビトガリネズミより小さいものなぁんだ」の2冊を読んで、とても面白かったのでシリーズで読み進めています。

    我が家が読んだ前2冊が物の大きさがテーマだったのに対し、この本は「速さ」がテーマです。
    基準になるのは、子どもの足の速さ。
    それより速い動物は・・生き物は・・・乗り物は・・・とどんどん速いものが紹介されていきます。

    速さに関しては子どもも実感しやすいのか、息子はとても面白く読んだようです。最後の月まで到達するのにかかる時間の一覧表もとてもわかりやすかったです。

    子どもに科学を教える・・と勢い込まなくても、楽しく読んだらいつのまにか知識が身についている、というお得な絵本ですね☆

    投稿日:2009/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしい不思議解明絵本!

    何よりもはしるのが速い物、それは光ってことは当然ながら知ってましたが
    その事を子どもたちに分かりやすく説明するのは大変!!

    こちらの絵本は、男の子・女の子・ダチョウ・チーターと、同じスタートラインに並べ
    一斉にかけっこ!その時点で1番速いのはもちろんチーター。
    さあ、そこからが不思議解明のおもしろいお話しの始まり〜

    チーターより更に速いのは?次から次へと対照になる物や動物を同じページに登場させ
    速さを競うのです。
    説明文に絵がぴったりしていて、想像力豊かな子どもたちへの
    速さについての謎解きは完璧ですね☆〜(ゝ。∂)

    成長と共に理解していく段階で、子どもたちの強い好奇心に
    しっかり答える絵本。心強いです!

    投稿日:2007/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • チーターがはやいのは知ってるけどね

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    「シロナガスクジラよりおおきいものはいるの?」の本を読んで、大変面白く我が家で好評だったので、同じシリーズの本を読んでみることにしました。

    「シロナガス・・・」が大きさくらべなら、この本は速さ比べです。
    こういう具体的でわかりやすいくらべっこ内容は子供が大変好きで楽しそうに見ていました。

    チーターよりはやいのはハヤブサからばじまって・・・どんどんいろんなものが出てきます。
    「そうなんだ。そうなんだ。」
    の連続と言った感じです。

    最後はちょっと難しい話にはなりますが、「月に行くのに、どれくらいかかるのかな?」
    という表があるので、子供にもビジュアルで分かります。
    小学生が算数や理科を学習したら、この本はもっと面白いものになると思いました。

    投稿日:2007/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット