新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

くらやみきんしの国なかなかよいと思う みんなの声

くらやみきんしの国 作:エミリー・ハワース=ブース
絵:おおつかのりこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,760
発行日:2020年11月20日
ISBN:9784251099389
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,677
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 暗闇が怖い 男の子は王様になり 暗闇禁止令を出し

    人工の太陽を作らせたんですって・・・・・ おかしな話です

    太陽は 朝のぼり 夕方に済み 夜を迎え 眠りにつくのです

    そして朝になり また元気に なれるんです
    この節理を 狂わせた 王様 みんなは  人工太陽で ずっと明るくて活動して 疲れました

    やはり 眠ることが必要なのですね

    あるとき 花火を見るには 夜のくらやみが必要なことを知るのです
    当たり前のことですが 節理を崩すと 狂ってしまうと言うことですね
    おうさま 

    投稿日:2022/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろそうなタイトルに惹かれて手に取りました。暗闇が怖い王子様が王様になり、国民に「くらやみは悪」だと思い込ませ、「くらやみきんしの国」を誕生させました。
    次第におかしなことになったと気づいた国民たちが力を合わせてまた元通りの生活を取り戻すために知恵を絞ります。暗闇の中で見る花火の描かれ方がとても素敵でした。
    かわいらしいイラストで「王冠をかぶったお話の中の王様」だと認識できるのでファンタジーに読めますが、これがリアルなイラストだったら怖いお話だっただろうなと思いました。

    投稿日:2021/12/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ボロボロ絵本コンテスト開催中!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット