もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

5ひきのすてきなねずみ おんがくかいのよるなかなかよいと思う みんなの声

5ひきのすてきなねずみ おんがくかいのよる 作・絵:たしろ ちさと
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784593504930
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,959
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 暖かくて、可愛らしい

    • かよたさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    『5ひきのすてきなねずみ ひっこしだいさくせん』で日本絵本賞を受賞した、たしろちさとさんの絵本。
    たしろちさとさんが描く絵はどれも暖かくて、可愛らしいです。

    ある満月の晩、どこからか聞こえてくる音楽にさそわれて、5匹のねずみたちが行き着いた場所には『かえるのおんがくかい かえるでないものおことわり』の看板が。
    すっかり音楽に魅了されたねずみたちは、自分たちの音楽会を計画します。

    ほっこりするお話で、読み終わった後に自然と笑顔になるような絵本。
    ねずみとかえるのシルエットってよく似てる…そんなところも、この絵本の面白さかもしれません。ねずみの音楽会場のページ。こっそり覗きに来ているかえるたちを見つけてみるのも楽しいと思います

    投稿日:2011/08/21

    参考になりました
    感謝
    3
  • 音楽

    もうすぐ幼稚園の音楽会なので、こちらを借りてきました。
    音楽の楽しさや、ステージのドキドキ感が伝わってくるようです。
    音楽によって、カエルとネズミが気持ちをつなげます。
    「音楽に国境はない」と言われますが、この言葉が本当によくわかりました。
    最後、カエルとネズミが寄り添って寝ています。
    どの顔からも、満たされた気持ちが伝わりました。

    投稿日:2012/01/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 特徴ある5ひき

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    カエルの合唱に感動して、自分たちは楽器を作って演奏会を開催する5匹のねずみたち・・・・

    楽器を作成している様子はなかなか面白いです
    こんなのを楽器にしてしまうのか・・・・などとすっかりお話に入り込んでしまいました
    真夏の夜にはもしかしたら、かえるとねずみの演奏会がどこかで開かれているかもしれませんね・・・
    主人公の5匹のねずみさんにはちょっとしたチャームポイントがそれぞれあるのも楽しいです

    投稿日:2011/05/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねずみの工夫

    3歳の息子に読んでやりました。

    5匹のねずみが、かえるの音楽会に触発されて自分たちで工夫して音楽会を成功させるという話です。

    話は難しい展開ではないと思いますが、ちょっと細々しすぎていて、やたら文章が多いような気がしました。絵が素敵なだけに、もう少し簡潔な文章で読みやすければもっと良かったような気がしました。

    それにしても、かえるは自分の声で歌っていたのに、ねずみは楽器をこしらえたのですね。声だけに甘んじなかったねずみたち、偉いです。

    投稿日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素晴らしい夜

    カエルの音楽会を締め出されたねずみたちが
    立場が変わったときにそのカエルたちを受け入れたことがとても素敵だと思いました。
    ねずみたちの自作の楽器もなかなか楽しいです。
    ラストの彼らの満ち足りた表情は平和そのもので安らぎます。

    投稿日:2010/04/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分達で音楽会♪

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    小学校ではまもなく音楽会、ということでセレクト。
    当の子ども達は音楽会前で忙しく、休み時間のおはなし会の集まりは
    少なかったけれど、少しは音楽のお話が届けられたのではないでしょうか。
    5匹のねずみたちが、満月の夜、素敵な音楽に出会います。
    それはかえるたちの合唱。
    でも、かえる以外はお断り、と言われた5匹は、自分達で音楽会を企画します。
    もちろん、美しい声を持たない5匹は、ありあわせの道具で楽器を自作!
    このアイデアがなんとも素敵です。
    かえるたちが歌っていた「つきのかなたに」という歌は
    メロディーが美しいことになっていますが、
    読み聞かせではどう歌おうか思案。
    とりあえず、大好きなアンジェラ・アキさんの「手紙」のメロディーをお借りしました。
    ラストはとても素敵な音楽会♪
    演奏し、歌い疲れてぐっすり眠り込んだみんなの幸せそうな寝顔がいいですね。

    投稿日:2008/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 音楽ってみんなを幸せにするよね

    ‘かえるでないもの おことわり’と、かえるの音楽会を追い出されてしまうねずみたち。
    かえるが歌っていた歌が忘れられず、楽器を手作りして一生懸命練習して、ねずみの音楽会を開催します。

    自分たちは追い出されてしまったけど、会場に来ていたかえるたちを快く受け入れてあげるねずみたちの優しさがすてきでした。

    投稿日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • かえるとねずみの音楽会

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子2歳

    ねずみたちが、かえるの音楽界に憧れて、自分たちの演奏会をするお話。
    ねずみたちが楽器の練習をする姿をかわいらしく、本番の演奏会は迫力がありました。最後、かえると仲良くなって、一緒に音楽界を楽しむのも素敵です。ねずみとかえるが一緒に登場する本って、あんまりない気がするので、新鮮でおもしろかったです。

    投稿日:2017/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵

    以前たしろちさとさんの「ぼくはカメレオン」を見て、とても素晴らしかったのでこの絵本を選びました。

    絵はとっても素敵。そして、お話もとてもよかったのですが、「ぼくはカメレオン」のような鮮やかさ、インパクトが感じられなくて私にはちょっと物足りなく思ってしまいました。

    4歳長女はねずみたちが自分達で作った楽器を見て「すごいね」と言っていました。

    投稿日:2012/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • たしろさんの絵が好きです。
    今回は、かえるがとってもユーモラス。
    ねずみの音楽会に、わけあってこっそり入ってくるかえるたち。
    かえるに変装したりして
    とってもかわいいのです。
    テーマはよく言えば普遍的、
    悪く言えばよくある話ですが、
    たしろさんの画力で、魅力的な絵本になっていると思います。
    字が小さいので、読み聞かせ用っていう感じです。

    投稿日:2012/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット