話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

かける」 ママの声

かける 作:はらぺこめがね
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2021年01月18日
ISBN:9784333028429
評価スコア 4.83
評価ランキング 177
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美味しそう!

    私たち夫婦は調味料やスパイスをかけて食べることが大好きなので、料理に何かをかけることは娘にとって親しみやすかったようです。
    文章のリズムが良く、それぞれのダジャレ?も面白い!ページいっぱいに広がる美味しそうな絵は、食欲をそそります。
    幼稚園〜小学校低学年のおはなし会にもぴったり!(給食前だとお腹が空いちゃうかも...)

    投稿日:2021/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • かけますかけます

    「へんなおでん」や「みんなのおすし」など、はらぺこめがねさんの作品は、いつも本当に美味しそうで、ワクワクします。
    こちらはいろんな「かける」食べ物たち。
    ケチャップ、おしょうゆ、粉チーズなどを、かけますかけます。
    何にかけるのか、予想しながら読むのが楽しいです。
    かけるとますます美味しくなるというのがいいですね。
    読むとお腹が空いてしまう絵本です。

    投稿日:2021/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろなかける

    かけるにもふりかけ、お醤油、ケチャップ、はちみつ…読んでいると「こんなにかかるってあるんだ」と当たり前にハッとさせられました。たけるものによって音が様々なのもおもしろいです。イラストも大きくわかりやすいので食育絵本としても楽しめそうです。

    投稿日:2021/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「かける」はドラマチック

    独特なリアルさ満載の食べ物の絵が印象的な、はらぺこめがねさん。
    なるほど、「かける」動作に注目ですね。
    確かに、オノマトペと一緒に、ドラマチック。
    ちょっとした言葉遊びを駆使した実況中継もたまりません。
    かき氷シロップのオノマトペ、これは発見です。
    そして、ラストのあの調味料は、おお!
    え?ここで終わるの?とたじろぎましたが、
    裏表紙にその行き先がちゃんとあり、安堵。
    幼稚園児くらいから、かける動作がワクワクに早変わりです。

    投稿日:2021/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しい絵本

    • ミュさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳

    表紙からお分かりかと思いますが、絵がリアルで嬉しい楽しい美味しい!!
    かけるものもお料理も全部美味しそうでたまりません。あまりに美味しそうだからか、全部つくって、と息子に言われたのでしばらく献立には困りません。美味しそうなので夫も快く読み聞かせしてくれます。
    かけるという言葉を毎ページ感じ取りながら覚えられます。
    一つ一つの説明の語呂合わせも最高で、本に恋してしまう、感じです。

    投稿日:2021/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • かけたい!

    カレーの匂いが漂ってきそうな美味しそうな表紙につられ、ページを開きました。
    オーソドックスなカレーなのが、またいいんです。
    オムライスはトロトロではなく、包まれているものだし、
    かき氷も昔ながらのかき氷。
    そう、これこれ!と言いたくなる、どこかレトロさが漂うような食べ物が次々と登場し、思わずヨダレが笑。
    はらぺこめがねさんの描く食べ物はやっぱり美味しそうで最高です!

    投稿日:2021/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • お腹がぐうぐう鳴ってます

    タイトルの「かける」は、食べ物に何かをかけることでした。

    表紙の、おたまからこぼれ落ちそうな、どろっとしたものは、何も説明されなくてもカレーだと分かりました。
    そして表紙をめくると、やっぱり!
    美味しそうなカレーの絵。

    次のページは、ちゅるるるるー。
    ケチャップをかけると言えば……、オムライス!
    そしてそして、次はお醤油だから……。


    絵本に登場してくる食べ物が、誰もが知っている食べ物ばかり。
    だから、自分の予想が当たる確率が高くて、ページをめくるのが楽しくてしょうがありません。

    そして……、ぐううう。
    読み進めるうちに、私のお腹が鳴りました。

    読み終えた頃に何かを食べたくなっているのは、私だけのせいではないはず。
    そう。
    にくらしいくらいに美味しく描かれている絵本、「かける」のせいに違いない!!


    誰もが知っている料理が次々登場する絵本ですので、年代や性別に関わらず、誰でも楽しく読めると思います。
    ぜひ読んでみてください。

    投稿日:2021/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット