話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

7日だけのローリー」 ママの声

7日だけのローリー 作・絵:片山健
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2007年08月
ISBN:9784052029240
評価スコア 4.42
評価ランキング 11,162
みんなの声 総数 18
「7日だけのローリー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 片山さん

    片山さんの作品だったのでこの絵本を選びました。秋の感じが漂ってくる表紙の描き方が気に入りました。お母さんがぱっと閃くネーミングセンスのよさに驚きました。主人公の幸福な時間を過ごすことができたのが良いと思いました。人の所有物と自覚して潔い行動に出る主人公がかっこよかったです。

    投稿日:2010/04/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • タイトルの意味

    ある日家の前に見たことのない犬が・・・

    誰の犬なんだろう、迷子かな?

    いや、捨て犬かな?

    一週間だけ預かることにしました。

    でも、もし飼い主が見つからなかった場合は

    保健所に連れて行くことに・・・。

    インターネットで知らせたり、

    電柱掲示板に紙を貼ったり・・。

    ただ一週間も一緒にいると情が湧いてきます。

    散歩に連れて行ったら、

    「名前は?」なんて聞かれるし。

    ここでタイトルの意味が効いてきます。

    ハッピーエンドかそうじゃないか

    最後の最後まで分かりませんでした。

    人の情って案外簡単に湧いてしまうのですね。

    投稿日:2020/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保護犬との交流

    飼い主がいない犬を保護した一家の物語です。
    えさをやり、看板を作り、近所の人たちもチラシを作ったりして手を尽くすのですが、
    飼い主が現れないのですね。
    一家で内緒の名前を付けますが、それが、ローリー。
    お母さんが好きな歌手、って、あの・・・?
    結局、うちで飼おうか、ということになった期限の日に持ち主が見つかるのですが、
    やはり、切ないですね。
    別れの場面での、ローリーの行動も、印象的です。
    犬を飼うということについて、いろいろと問題提起してくれそうです。
    小学生くらいからでしょうか。

    投稿日:2018/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • めでたしだけれど、ちょっと切ない

    迷子犬を保護するお話です。

    飼い主を捜しながらも、日々、情がわいてくるのです。
    仮だけど、名前もつけて、世話をして…。
    なかなか飼い主が見つからなければ、いっそうちのこになる?なんて気もわいてきて…。

    無事、飼い主を見つけることができた!
    犬と飼い主、お互いに喜ぶ姿を見ていたら、心の底から良かったと思うのだけど、やっぱりちょっとさみしい。

    わが家もみんな犬が大好きなので、この家族の気持ちがとてもよく伝わってきて、ちょっぴり切ない気持ちになりました。

    投稿日:2017/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ち

    捨て犬を七日間だけ預かってみる。
    そうして持ち主がみつからなかったら、、
    よくあるお話なんですが
    最後、自分たちで飼おうよってもりあがているときに
    本当の持ち主が現れる!
    とてもさみしいです。
    でも現実をきちんと描いてあって良かったです。

    犬も優しくされたことを覚えていますし
    男の子の心にも刻まれたことでしょう。

    投稿日:2011/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいおはなしでした

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    我が家にも迷い犬が暮らしていますが
    元の飼い主は現れません・・・

    みんないい人でよかったぁ〜
    と、思いました

    ローリーのネーミングには
    笑っちゃいましたが(^^ゞ
    ローリーだって、ちゃんと心が通じて
    どんなにか安心したことか

    いい家族に出会えて
    ローリーは幸せだったね
    きちんと挨拶して
    そして1度も振り向かない・・・
    素晴らしいけじめのある犬と
    きちんと自分を制御出来る「ぼく」に
    感心しました

    投稿日:2011/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとしんみりします

    迷子の犬を7日間飼うお話。
    1週間たっても飼い主が見つからなかったら保健所に連れて行くとお父さんと約束をして迷子の犬の世話をすることになりました。
    インターネットで知らせたり、ポスターを貼ったりしてもなかなかみつかりません。
    ぼくと犬の交流がとても素敵です。
    私は動物を飼うのが苦手だけど、こんな体験を子供がすることができたらいいなぁって思いました。

    投稿日:2011/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ローリー」に笑いました!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    動物好きの上の子に読みました。
    我が家も昔はよく猫や犬を拾ってきては、飼い主が見つかるまでの2〜3日あずかっていましたね〜。

    迷い犬を預かって、家族のように世話をしてあげた主人公一家に拍手!
    まるで本当にどこかで会った事件を絵本にしたような感じがしました。もしかしたら、作者のお宅でこういうことがあったのかもしれませんね。(なんて、勝手な推測ですが…)

    この絵本の中で一番笑ってしまったのは、
    仮の名前をどうする?って、時に、迷わず好きな歌手の名前をあてたこと!
    「ローリー」って(笑)片山さんの絵の感じを見ると、実在するあのローリーにしか見えないので、余計に可笑しかったです。
    犬好きの人、動物好きの人、ぜひ読んでみてください。
    人と動物の固い友情が切ない!

    投稿日:2010/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても大人な主人公のぼく

    • ハンガラムさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子18歳、女の子10歳

    3年生の教室で読みました。ペットを飼っている子供も、飼いたいと思っている子供にも身近な話題で、興味を持って聞いてくれたのではないかと思います。
    主人公のボクはけっこう大人で、お母さんが好きな歌手の名前を勝手に犬につけても、反対するでもなく、最後の場面でも両親より落ち着いている様子に見受けられます。淡々としていて、面白いです。
    朝の連続テレビ小説を見ていて、そういえばあの方は、この本のことをご存知かしら?なんて思ってしまいました。

    投稿日:2009/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬とのふれあい・別れ

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    レビューで見て、気になっていた本です。男の子が7日間だけ迷子の犬を預かります。
    散歩をしたり、芸を仕込んだり、犬との7日間の間に犬を通して色んな体験をする男の子。
    その気持ちが純粋で温かくていいなあと思いました。

    犬の名づけの由来の場面では、親の私は思わずにんまり。。。
    ついつい「知らないかもしれないけど、こういうロック歌手がいるのよ」と説明してしまいました(笑)
    「ローリー」と読むたびに、おかしさがこみ上げてきました。
    シリアスなお話なのに、なぜかシャレが効いてますね。

    別れの場面はちょっと切なくなりますね。子供もあーあって感じで
    その場面を見ていました。
    物語になかなか興味を持たない息子ですが、このお話は面白かったようです。
    子供の気持ちに沿った身近なお話だったので、感情移入がしやすかったようです。

    投稿日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット