新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

ママン 世界中の母のきもち自信を持っておすすめしたい みんなの声

ママン 世界中の母のきもち 作:エレーヌ・デルフォルジュ
絵:カンタン・グレバン
訳:内田 也哉子
出版社:パイ インターナショナル パイ インターナショナルの特集ページがあります!
税込価格:\2,640
発行日:2021年04月13日
ISBN:9784756254443
評価スコア 4.33
評価ランキング 16,081
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さまざまな母子の姿を通して

    世界中のあらゆる国の母親の姿を描いたこの絵本には、ある特長があります。
     それは絵を担当しているカンタン・グレバンさんの名前が先にあって、文を書いたエレーヌ・デルフォルジュさんの名前があとにあること。
     文と絵が別々の作者でできている絵本はたくさんありますが、普通は文を書いた人の方が先に印字されています。
     二人の経歴を見ても、エレーヌさんはこの本が初の著作で、カンタンさんはボローニャ国際児童書展に何度も入選している絵本画家です。
     となると、カンタンさんの絵が先にあって、エレーヌさんがあとから文章を書いたのかもしれません。
     でも、一組の母と子の絵は2つずつ。
     そこにつけられた文章は、長いものもあります。
     そうなれば、お二人で話しながら作っていったのかもしれません。
     その創作過程が気になりますが、読者が絵を見ながら自由に物語を紡いでも面白いと感じました。

     訳者の内田也哉子さんは、樹木希林さんがお母さんで、自身三人の子どもさんを育ててきました。
     その内田さんはこの絵本について、「世界中の女性の生き方。まなざし、何に憧れて生きているのか、何を恐れ、何と日々向き合っているのかといった本質的な部分が、ママン=母親という1つの切り口からあぶりだされている」と感じたといいます。
     この絵本に出てくる母親がすべて幸せな人ではありません。子育てに苦労している母も、子供から離された母もいます。
     そんなさまざまな母と子の姿から、幸せとは何だろうと考えている自分に気づくはずです。

    投稿日:2021/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • すべての母親賛歌

    31人の母親が、それぞれに子どもに向けての思い、母親としての葛藤、日常の中での親子の対話を語ります。
    濃厚で詩情あふれる作品です。
    イラストのような絵にも目を奪われました。
    様々な国、民族を超えて、母親はやっぱり母親だと再認識しました。
    母としての気持ちは共通してますね。

    投稿日:2021/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット