がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。

くずかごおばけ」 みんなの声

くずかごおばけ 作・絵:せな けいこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年08月
ISBN:9784494004034
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,791
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

50件見つかりました

  • あのこだー!

    うちの子達は、折り紙やシールを無駄使いしてよく私に「もったいない!」と叱られます。
    この絵本の女の子と同じ感じ。
    捨てられたもの達も悲しんでる、ものは大事にしなきゃいけない、ということを教えてくれます。
    まあ、その前に「おばけーこわいー」が先ですけどね。
    娘が持っている、「おばけかるた」にも出てくるおばけが登場するのでうれしそうでした。

    投稿日:2007/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズで一番こわいかも

    • はぐぶ〜さん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子10歳、女の子8歳、女の子3歳

    おばけシリーズを3歳の娘が借りてきました。
    怖いものみたさなんだろう?と思って読んだら結構これが怖く。こわがりな娘はドキドキしていました。

    2度は読まないかな?と思ったら繰り返し読んでいるので、何かひきつけられるものがあったのでしょうね。

    なんでもポイポイすてちゃう子どもにならないように、と、願う気持ちが少しでも子どもに伝わればいいなと思いました。

    投稿日:2007/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • もったいないおばけ

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    物を大事にしないで何でも捨ててしまう女の子。
    くずかごの中からお化けが出てきて・・
    と、いう話だったのですが
    うちの子供たちはすごく怖がっていました。
    物を大切にという気持ちは伝わったのですが
    しばらくゴミ箱に近づけないくらい。
    怖がりの子供さんには様子を見ながら
    読み聞かせてあげるのがいいかも・・
    でもお話としては面白かったですよ。

    投稿日:2007/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が大好きおばけ本

    • はぴねす♪さん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子7歳、男の子4歳

    怖いというくせに、なぜか大好きなおばけ本。
    この手の本を読み聞かせるときは、思いっきり感情的に読むと、子供のくいつきがすごいです!!!

    挿絵もちぎり絵で、おばけ話にとてもマッチしています。

    アメリカ在住ですが、この国はゴミを分別しないでなんでも捨てちゃうことができます。こんな環境に住んでいるからこそ「もったいない」と物を大切にする心を育んでいかなければならないと思っています。

    投稿日:2007/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • もったいない

    遊び半分でティッシュを無駄遣いする娘に
    少しは考えてくれることを期待して
    読んでみました。
    その後、多少は後ろめたく感じるようになった様子。
    おとぎばなしの王道作品のひとつと申せましょう。

    投稿日:2007/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いけど

    • ぽー嬢さん
    • 30代
    • せんせい
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    「物を粗末にしてはいけませんよ」ということをおばけが教えてくれます。
    「すてたのはだれだ〜」とおばけが追いかけてくるのは怖いけど子どもたちには大人気です。
    怖がり者の息子も大好きな一冊です。
    ラスト「あ〜こわかった」と女の子があっけらかんと言って終わるのは反省が見えないように思うのですが反面、怖い話が少し和らぐ気もします。

    投稿日:2006/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物を大切にしないと…

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    子供達の幼い頃に読んでいた絵本の感想を…と思い 
    テーブルに出しておいたこの絵本を
    息子が手に取り 話し出しました。
    「この絵本 すっごく怖かったんだよなぁ…ぼく。」
    …そうなのです。
    上の娘にとっては お気に入りの絵本でしたが
    息子にはあまり読んだことがありませんでした。

    まだまだ使える物や 食べられる物を
    使わなくなったから…とか 嫌いだから…という理由で
    なんでもくずかごへ捨ててしまう女の子。
    ある日 くずかごの中から出てきた大きな黒い手で
    中に引き込まれてしまいます☆
    そして とぉ〜っても怖〜い思いをするのです。

    何でも大切にしないといけませんよ☆
    っていうメッセージを感じますが
    本当に怖いです。

    でも…
    最後の場面の女の子…全然へっちゃら!って感じですよね。
    あっけらかんとしています。
    この場面をどう感じたか…で
    「もう一回〜」と「怖かった〜」の感想に
    分かれるのかもしれませんね☆

    投稿日:2006/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「もったいない」の心

    • MAYUMIさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳

     魚の嫌いな女の子。
    『こんなもの、くずかごへすてちゃうわ。」・・・ポイ!!
    『こんな おだんご、きらい。』ポイ! 
     お人形も、ぞうりもポイ!! 
     すると〜〜〜〜〜〜くずかごの中から大きな黒〜いてが、
    にゅ〜うとでてきて・・・・・・。
    『きゃ〜〜〜〜』

     こわいお話です。
     でも、作者独特のちぎり絵の挿絵は、どこか温かみがあって、【こわいもの】がある事の大事さを教えてくれます。
    登場するおばけたちに、親近感を覚えるのはなぜでしょう?

    投稿日:2006/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは怖い

    せなけいこさんの絵本です。
    純日本風。昔話の作りになっています。

    わがままな女の子がいます。
    嫌いな食べ物、ちょっと壊れてしまったもの、すべてくずかごにポイ。

    見るに見かねてか、ある日 この世ならぬ力が女の子をくずかごの世界へひっぱり込みます。

    そのにはすてられたものたちがおばけになって、捨てた者を探しているのです。。。

     物を大事にしない小さい子供が読んだら、本当に怖いでしょうね。

    私が子供の頃は、この手のお話が「日本昔話」「世界昔話」などで沢山語られていたものです。そんなお話をテレビでみるのがとても怖かったのを思い出します。

    「ものを粗末にしない」ということを教える絵本です。

    ちょっとだけ出てくるねずみの使われ方もいいですね。

    お話はよくあるものですが、せなけいこさんの切り絵がすばらしいので星5つです。

    投稿日:2006/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • もったいないおばけ参上!

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳

    私自身が「もったいない星人」なので、我が娘たちにも
    もったいない精神は 身についてくれているようです。
    主人公の女の子が食べ物を捨てるシーンは私も胸が痛みましたが
    娘たちも「もったいない!」と嫌悪感を覚えたようです。

    「もったいない」と言えば 「もったいないばあさん」が人気ですが、
    絵本で得た教訓は実生活に活かしていきたいものですね♪

    どんなオチになるのかと思いつつ読んでいたら…
    いまいち腑に落ちない終わり方だったので、この評価としました。

    投稿日:2006/09/02

    参考になりました
    感謝
    0

50件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

みんなの声(50人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット