あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

わたしのふつうだと思う みんなの声

わたしの 作:三浦 太郎
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784772101899
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,034
みんなの声 総数 55
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もう少し前に読めばよかった

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    以前、「くっついた」がよかったのでこちらも借りてみました。
    2歳半の息子にはちょっと簡単すぎたかな。
    すぐに答えてさーっと読み終えてしまいました。
    もう少し前に読んであげたらゆっくりじっくり楽しめたのかもしれません。
    やさしい絵とリズミカルな口調がいいですね。

    投稿日:2013/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • じぶんのもの

    1歳四ヶ月の息子には、まだ自分の、
    という概念はないようです。
    どれが、@@くんの?ときいても違うのを指差したりします。
    でもハブラシもお茶碗も三つ並んでいるのが好きみたい。
    パパ、まま、じぶん。
    三つ一緒がいいな、と思いました。

    2歳ごろからはいいかもしれません。

    うちのこは、シンプルな絵はどうも苦手のようで
    あまり反応がありません。
    くっついた、の方が動物が出てくるし好きなようです。

    「わたし」が自分のこと、とわかってから読んでやりたいです。

    投稿日:2010/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の存在

    • ススワタリさん
    • 20代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    私の物があるってどうして嬉しいんでしょうね?
    私自身がそこにいなくても、私の物があることで私の存在感があるのでしょうか・・・
    大きさの違ういろいろな物。私の物は?大きいのはパパかな?とたくさん話しながら読みました。
    ただ、ひとつまずかったのはウチには2人子供がいること。大きいのはパパの、中くらいのはママの、小さいのは・・・
    僕の!私の!この絵本を読むといつも喧嘩になってしまいます・・・

    投稿日:2007/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(55人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット