宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぼくの ウサギ自信を持っておすすめしたい みんなの声

ぼくの ウサギ 作・絵:イヴォンヌ・ヤハテンベルフ
訳:野坂 悦子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784062626224
評価スコア 4.17
評価ランキング 20,677
みんなの声 総数 5
「ぼくの ウサギ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とっても哲学的なお話

    『とくべつな いちにち』がとっても印象に残っています。

    こちらも主人公はアルノ。

    今日は、家の中のものは全部絵に描いちゃって残っているのはウサギくんだけ。
    そこで、彼をモデルに絵を描き始めたら、じっとしていたくないウサギくんは窓の外へ。
    追いかけ捜すアルノ。
    サッカーに誘われても、ペットショップで別のウサギを勧められても、とにかくさがすアルノ。

    海辺で出会った男の人の言葉がアルノの心に残っていたのでしょう。
    やっと見つかったのに、ウサギくんを無理やり連れ帰ろうとはしませんでしたが、・・・・・・。

    したいことは、みんな違う。
    どっちかの思うように意のままにっていうのは、上手くいかない。
    でも、お互いに好きっていうことがあれば、関係は続くんでしょうねぇ〜。

    人間社会の中の縮図的な、とっても哲学的なお話でした。

    投稿日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 作者の分身?作者自身?

    1回目・・・「ふ〜ん」
    2回目・・・「あれ?これって・・・」
    3回目・・・「う〜ん、すごい!!」

    絵を描いている男の人の「ウサギはね、じぶんのしたいように して いるだけなんだよ」この言葉って、すごい含蓄あり\(◎o◎)/!です

    自分の思い通り子育てしようと思っていませんか?・・・って、私には聞こえてきたんです。アルノは、ちゃんとわかって、無理やり連れ戻そうとはしません。すごいなぁ〜

    よ〜く見ると、絵が貼ってあります。

    表紙の裏の絵と、裏表紙の絵でもおもしろいことに気付くはず。

    もしかして、アルノはイヴォンヌさんの分身なのかしら?

    大好きな絵本のひとつになりました♪

    投稿日:2008/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • でっかい。

    ペットのウサギの話です。
    お絵描きが大好きなアルノのペットはウサギくん。
    このウサギくん、アルノのより大きい。
    同等、もしくはウサギくんの方が一枚上手、という事なんでしょうね。
    言葉がしゃべれない分、なかなか通じ合えないけれど、理解してあげる事が出来ればうまくやっていけるっていうのがよくわかりました。

    投稿日:2007/10/19

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット