となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

バスがきました」 みんなの声

バスがきました 作:三浦 太郎
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784494003952
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,813
みんなの声 総数 87
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

87件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • たのしい時間を

    息子が1歳半くらいの時に読みました。
    子供たちの好きな動物たちがたくさんでてくる絵本です。
    バス停が 次にでてくる動物の形をしているので、「次はなにかな?」とあてっこしながら何時もくりかえし読みました。
    バスには必ずパパとママがのってくるので、
    パパが迎えにきてくれたね。とよろこんで読んでいます。
    三歳になった今では読むこともすくなくなりましたが、二歳までは、いつももちあるくほど お気に入りの絵本でした。
    ファーストブックにおすすめの絵本です

    投稿日:2011/12/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • バスのデザインがかっこいい

    ちょっとかわった動物モチーフのバス停。
    たとえば尻尾がチョロリとしたバス停にはねずみのバス、
    鼻の長〜いバス停にはぞうのバスがやってきます。
    お話自体はとてもシンプルだし、
    よくありそうな設定ではあります。
    でもこの絵本が気に入ったところは、
    バスのデザインがかっこいいこと!
    ライオンのバスなんか、最高にかっこいい。
    息子のヘビーローテーション。

    投稿日:2011/10/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵に癒されます

    かわいい動物たちが登場する絵本です。

    バス停がそれぞれ動物のかたちになっていて、バス停を見て次は何の動物がやってくるか子どもと考えながら読み聞かせしてます。動物のかたちをしたバス停がまたかわいい!

    息子も気に入ってくれましたが、私も気に入りました。
    長い文章の絵本は集中して聞いてくれないので、絵がかわいくて単純な文が並んでいる絵本を探していました。そんな時見つけた絵本で、最近は毎日のように読み聞かせしています。

    投稿日:2011/10/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 可愛くて、大好きです。

    息子が四歳になったばかりの頃に、出合った本です。くっいたの三浦太郎先生の本だったので、読んでみたら、あまりに可愛らしくっておもわずおうちへかえろう。と二冊まとめて買いました。ふふふって、笑顔になる本です。色んな可愛いバス停があって、次は何のバスがくるかなー。と言いながらクイズの様に読んで楽しんでいます。どのバスも可愛くて、私も息子も乗りたいバスが、選べません。実際こんなバス停やバスがあったらいいのにね。とはなしています。息子は、幼稚園バスに乗って毎朝、登園してるのですが、日替わりで、こんな可愛いバスに乗れたらいいな、とも言っています。大人も読んでいて癒される可愛い本です。この本には残念な事に、後書きがないのですが、三浦先生の本は、後書きまでも面白いのです。読むと、そうそう、と頷いたり、今の自分に重ね合わせて自然と涙がこぼれたり、先生も頑張って、また、楽しんで子育てしてらっしゃるんだなぁ。と感動します。そんな、今子育て真っ只中の先生だから、素敵な作品がうまれるのだと思います。我が家も現在八か月の娘がいるのですが、赤ちゃんのいらっしゃるお宅には、三浦先生の絵本、ぜひ読んでほしいです。本文は赤ちゃんに。後書きはご両親に。親子で癒されて、また育児・育自、頑張ろうって思えるから。夜泣きで苦しんでいる方には、「よしよし」の後書きもお薦めです。くっいたのシリーズは勿論、「おはなおどうぞ」の後書きは、素敵な御嬢さんに成長された事に感動し、我が家の娘も、先生の御嬢さんの様に育ってほしい。と願っています。先日、先生にお目にかかったら、モデルさんの様なスタイルの良さ、イクメンで、イケメン。他のファンの方にも、勿論、我が家にも、とっても優しく、親切で、気さくなお人柄に、家族でますます大好きになりました。あのように素敵な先生だからこそ、素敵な作品がうまれるのだと思います。

    投稿日:2011/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • バスが好きになれる絵本

    車…という定義はあっても、その中のバスや、消防自動車や…といった細かい分類に興味の薄かった我が子が、この本に会ってから、道行くバスが大好きになりました。

    まず、表紙のライオンさんが、ライオン好きの我が子のツボをとらえたのは間違いありません。

    そして、ねずみさん、うさぎさん…とバス停の特徴から、次にどんな動物が来るか予測しながらページをめくっていくのが楽しいのだと思います。

    大人の目で見ると、各バスの走り方に特徴があるのが、芸が細かくて飽きさせません。
    「耳の長いのはうさぎで、鼻の長いのはぞう」という、教えようとすると難しいことが、絵本で自然に理解できちゃうのも好ましいところです。

    三浦さんの絵本は、家族愛がどどーんと描かれているものが結構あって、テレ屋な自分はその本を選ぶこと自体が恥ずかしく、読むのもなんだか…な感じなんですが、この絵本の最後にお父さんの運転するバス(お母さんも乗っている)が登場するのは、さりげない雰囲気で、好きです。

    投稿日:2009/09/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • つぎは何かな?

    でんしゃがきました、がとてもお気に入りなので、バスの方も読みました。
    こちらの方がシンプルで分かりやすくなっています。

    バス停が次に来るバスの形になっていて、
    つぎは何かな?とあてっこをしながら読むのが楽しい絵本です。

    三浦太郎さんの絵は本当に素敵ですね。

    投稿日:2020/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物のバスが可愛い

    • 明那さん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子1歳

    息子が1歳になった月に絵本クラブから届いた1冊。
    バスが好きな息子には、1歳8ヶ月になった現在も大活躍です。
    今でも持ってきて読んでくれと渡してきます。
    動物のバスが可愛いし、楽しい!!
    色々な動物と一緒にバスに乗るなんて現実ではありえないけど、楽しくて夢があります。

    投稿日:2019/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物バス

    いろいろな動物が登場します。
    動物の形をしたバス停がかわいいです。
    子供が、バス停の形をみて、動物をあてようとします。
    バスも、動物によって、大きかったり、二階建てだったりして、見ていてあきません。
    最後、いろいろな動物達と人が皆一緒に同じバスにのりますシーンがいいですね。

    投稿日:2018/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がかわいいです

    絵がかわいいです。
    ねずみさんのバス停にネズミさんのバス。
    これをみたら、次からは、どんなバスかしら?というと
    当ててくれます。
    一緒に楽しく読めます。
    最後のわたしのまってるバス停に来たものは、
    想像外でしたが、面白かったです。

    投稿日:2017/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵です

    息子の大好きなバス、母(私)の大好きな三浦太郎さん!ということで、息子が1歳の時に購入しました。予想していたよりはお気に入りにならなかったようで、私としては残念でしたが、それでも何度も読んでいます。
    バスに乗るのが色んな動物達なので、動物好きな子にもオススメかもしれませんね。最後はやっぱりパパとママが出てきます。三浦太郎さんの絵本にはパパとママが出てくることが多いですが、それも私が大好きな理由の一つですし、子どもにも強い印象が残るのかもしれません。子どもはあまりお気に入りにならなかったので、☆4つにしていますが、私の印象では☆5つです。

    投稿日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

87件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(87人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット