まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

バスがきました」 パパの声

バスがきました 作:三浦 太郎
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784494003952
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,813
みんなの声 総数 87
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • バスのデザインがかっこいい

    ちょっとかわった動物モチーフのバス停。
    たとえば尻尾がチョロリとしたバス停にはねずみのバス、
    鼻の長〜いバス停にはぞうのバスがやってきます。
    お話自体はとてもシンプルだし、
    よくありそうな設定ではあります。
    でもこの絵本が気に入ったところは、
    バスのデザインがかっこいいこと!
    ライオンのバスなんか、最高にかっこいい。
    息子のヘビーローテーション。

    投稿日:2011/10/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 可愛くて、大好きです。

    息子が四歳になったばかりの頃に、出合った本です。くっいたの三浦太郎先生の本だったので、読んでみたら、あまりに可愛らしくっておもわずおうちへかえろう。と二冊まとめて買いました。ふふふって、笑顔になる本です。色んな可愛いバス停があって、次は何のバスがくるかなー。と言いながらクイズの様に読んで楽しんでいます。どのバスも可愛くて、私も息子も乗りたいバスが、選べません。実際こんなバス停やバスがあったらいいのにね。とはなしています。息子は、幼稚園バスに乗って毎朝、登園してるのですが、日替わりで、こんな可愛いバスに乗れたらいいな、とも言っています。大人も読んでいて癒される可愛い本です。この本には残念な事に、後書きがないのですが、三浦先生の本は、後書きまでも面白いのです。読むと、そうそう、と頷いたり、今の自分に重ね合わせて自然と涙がこぼれたり、先生も頑張って、また、楽しんで子育てしてらっしゃるんだなぁ。と感動します。そんな、今子育て真っ只中の先生だから、素敵な作品がうまれるのだと思います。我が家も現在八か月の娘がいるのですが、赤ちゃんのいらっしゃるお宅には、三浦先生の絵本、ぜひ読んでほしいです。本文は赤ちゃんに。後書きはご両親に。親子で癒されて、また育児・育自、頑張ろうって思えるから。夜泣きで苦しんでいる方には、「よしよし」の後書きもお薦めです。くっいたのシリーズは勿論、「おはなおどうぞ」の後書きは、素敵な御嬢さんに成長された事に感動し、我が家の娘も、先生の御嬢さんの様に育ってほしい。と願っています。先日、先生にお目にかかったら、モデルさんの様なスタイルの良さ、イクメンで、イケメン。他のファンの方にも、勿論、我が家にも、とっても優しく、親切で、気さくなお人柄に、家族でますます大好きになりました。あのように素敵な先生だからこそ、素敵な作品がうまれるのだと思います。

    投稿日:2011/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 同じ三浦太郎さん作の「おうちへかえろ」とセットで購入。

    しっぽのあるバス亭には何がくるかな?
    ピンク色の耳のあるバス亭は?と、それぞれの動物に合わせたバスが現れるので、
    子どももつぎはうさぎさん!などと想像力を働かせて読むことができます。

    ライオンのバスは大きな二階建てバスだったりと、
    それぞれのバスが楽しい、夢のあるものになっています。

    やさしくかわいい絵柄で、おやすみまえのお気に入りの一冊でした。

    投稿日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いバス

    普段見慣れているバスとは違った可愛いバスが沢山登場します。動物さんのバスだなんて、面白いアイデアですね。思わずトトロの猫バスを思い出してしまいましたが、こんなバスがあったら良いな、と思います。娘もいろんな珍しいバスをみて「バスバスー」と大喜び。動物さんが沢山登場するし鳴き声もお勉強できて楽しいです。

    投稿日:2010/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな動物バス!

    我が家の三冊目の三浦太郎さんの絵本ですが、一番のお気に入りです。やや大きめのサイズの絵本一杯に様々な動物のバスが登場します。わかりやすくキレイで楽しい絵が展開します。生後4.5ヶ月のベイビーズは呼んであげるたびに興奮してきゃっきゃ言っています。それからずっと、いくつかのページが破けるほど読み込んでいますが、2歳近くになった今でも、ぴょんぴょん・ガオーン・パオーんって言いながらバスの登場に喜んでいる毎日です。

    投稿日:2009/06/04

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

みんなの声(87人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット