季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

もりのふゆじたく自信を持っておすすめしたい みんなの声

もりのふゆじたく 作・絵:たるいし まこ
出版社:福音館書店
本体価格:\700+税
発行日:1992年10月31日
ISBN:9784834011593
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,301
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 森のシリーズ

    同作者の”もりのおくりもの”というシリーズを以前に読んだ事がありとても素敵だったのでこの絵本を選びました。またもや!この絵本も素敵だなと思いました。森の仲間がお互いに助け合って信頼関係が強いのには驚かされました。自分だけがいい思いをしようとするのではなくお互いの事を思って行動するのは素晴らしいと思いました。主人公がとても優しいのでどうなってしまうのかと心配になりましたがさすが類は友を呼ぶだなと思いました。主人公の優しさ、温かさが周りの人に伝染するのだなと思いました。温かいタッチの絵も癒されます。何度でも読みたい絵本です!

    投稿日:2008/10/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 心温まる3冊セット

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    冬支度に大忙しの森の動物たち。たぬきさんは自分のことより仲間を想った優しい行動にでます。たぬきさんの優しさはしっかりみんなに伝わっていました。人に優しくするとそれが自分に返ってくるということが子どもにも分かりやすく伝わるお話です。このお話含め3冊セットで読むのがオススメです。

    投稿日:2020/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても優しいタヌキさん

    同シリーズの『きのみのケーキ』が良かったので、こちらも読みました。『きのみのケーキ』も良かったのですが、こちらの方が私は好きです。(2歳の子どもは、どちらも好きみたいです)

    寒くなってきた実りの秋にピッタリの絵本です。
    何といっても、タヌキさんがとっても優しい!!!
    本に出てくるタヌキは大体、人を化かしたり悪いタヌキが多く、なかなか主人公にはなりませんが、この絵本のタヌキさんは本当に優しいです。優しいタヌキに出会いたかったら、是非!!

    タヌキさんは優しくて損をしますが、森のみんなもちゃんと優しくて、感謝の気持ちを持っていて、子どもも思わず「良かったね」と言う内容でした。
    本のサイズが小さいのも、2歳の子どもは持ち運びしやすいようです。

    投稿日:2020/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなのために

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    もりに冬が来るのできのみをとったりふゆじたくをする動物たち。
    そんな中で、他者を助けるたぬきくん。とても立派な行いですね。
    そのために自分のふゆじたくができなくなっても愚痴ることも怒ることもない良いたぬきくんだなーと思いました。
    最後にはしっかりとたぬきくんが報われる展開で良かったです。

    投稿日:2014/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなやさしい

    森の動物たちが、厳しい冬を前にお互い助け合って食料を集めるお話です。
    やさしいたぬきさんは、みんなのお世話をしていたら自分の食べ物が確保できなかったけど、そんなやさしさに答えてみんなが少しずつわけてくれていました。
    易しい話ですが、互いに思いやる心が素直に子供の心に入ってくるように思います。
    色鉛筆調で優しく、3歳頃の子供が好きそうな可愛い絵です。

    投稿日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりたぬきさんが主人公みたいです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「もりのおくりもの」シリーズはどれも可愛いお話です。
    今回は冬支度のための木の実集めの様子が、お話のメインのようでした。
    このシリーズ3冊読んでやっと、主人公はたぬきさんだったんだと、納得できました。今頃納得するほど、どの動物たちも割と均等にお話に登場してるんですよね〜。この話は後半ほとんどたぬきさんオンリーでしたが…。
    可愛い動物たちが色々な木の実を集める姿は、見ていると思わず目尻が下がってしまいました。
    暖かく可愛らしい作品です。ぜひ、シリーズで読んでみてください。動物好きの人には特にお薦めです。

    投稿日:2011/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忘己利他

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    あらら・・・
    たぬきさん、あまりにも人(?)が良すぎるんじゃないの?
    大丈夫かな・・・

    お手伝いばっかりしていて
    自分のことは、後回し・・・って
    全然たぬきさんのがなくなっちゃったよ
    どうするの?

    「忘己利他」という言葉を
    瀬戸内寂聴さんがおっしゃってましたが
    まさしく、たぬきさんの姿!

    でも、ちゃ〜んと森の皆は
    わかってくれてましたね

    お手紙もうれしいね
    優しい気持ちになりました

    晩秋のおはなし会に読みたいです

    投稿日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいたぬきさんと、優しいみんな

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    上の娘の大好きなシリーズです。
    必ず3冊順番に、毎日のように読んでいます。

    動物達が森の中でふゆじたく。
    気のいいたぬきさんは、みんなの困り事ばかりに奔走し、
    気が付くと自分の袋だけが空っぽ。
    日が暮れ、「仕方がない、明日にしよう・・・」と俯きながら帰ると、
    家の前に、みんなからのプレゼントと手紙があるのです。

    驚くたぬきさんの様子を、
    みんなが隠れて見守っているのが微笑ましかったです。
    優しさに溢れた絵本で、幸せな気持ちになります。

    投稿日:2011/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやり

    秋満載の景色に見惚れてしまいます。お人よしのたぬきさんは、親切で人の役にたってばかりいて、気がつくと辺りは暗くなってしまってどうなってしまうだろうと思っていました。心配しなくても、たぬきさんの仲間はほかってはおかなかったのです。森のみんなで自分たちのものを分けてあげたのです。みんなもたぬきさんのように思いやりがあって優しい仲間ばかりだったのです。とっても優しい仲間と暮らすたぬきさんよかったね!

    投稿日:2010/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • お人好したぬきさんにはらはら

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     読み終わると優しい気持ちでいっぱいです。人のお世話ばかりしているうちに自分のことが全く出来ていないまま日が暮れてしまいます。そんなたぬきさんのお人好しぶりに、はらはらドキドキ!
     お話では、たぬきさんや森の動物たちの優しさに、こちらまで嬉しい気持ちでいっぱいになります。
     しかし現実では我が子に
    「自分のやることを先に終わらせなさ〜い!」
    と怒鳴る私です…

    投稿日:2009/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / さつまのおいも / まあちゃんのながいかみ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ストーブのふゆやすみ
    ストーブのふゆやすみの試し読みができます!
    ストーブのふゆやすみ
    作:村上 しいこ 絵:長谷川 義史 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    村上氏のテンポよい関西弁のお話を、長谷川氏のユーモア満載のイラストで描いた笑える一冊。
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『かける』はらぺこめがねさんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット